'Eternals' character may be cut from Mahershala Ali's 'Blade' ■ マハーシャラ・アリのヴァンパイア・ハンターがデビューするマーベルのアンチ・ヒーロー映画「ブレイド」には「エターナルズ」のキャラクターはもう登場しない ! ! という未確認情報が伝えられた ! !


2021年の秋に公開されたクロエ・ジャオ監督の「エターナルズ」のエンド・クレジットのおまけのシーン(↓)で、キット・ハリントン演じるフツーの人のデーン・ウィットマンが、隕石から造られたとされる剣のエボニィ・ブレイドを手にとろうとしたところ…、


どこからともなく、「それを使う覚悟が本当にできているのか…?!」といった警告の謎めいた声が聞こえたことから、その声の主のマハーシャラ・アリが主演する「ブレイド」に、キット・ハリントンが出演し、デーンがフツーの人からヒーローのブラック・ナイトに進化するんだ…!!と…


マーベル・ファンの多くが期待を抱いたわけですが、しかし、映画ジャーナリストのジェフ・スナイダーによれば…、

「ブレイド」は良くなってきたと、ある人が情報を知らせてくれたんだ。脚本は無駄な脂肪を削り取って、シャープに研ぎ澄まされてきたらしい…。

…とのことで、当初に起用されたバッサム・タリク監督(「モーグル・モーグリ」2020年)が降板して、「'71」(2014年)のヤン・ドマンジュ監督が後を引き継いだ「ブレイド」は言わば難産の企画になっていましたから、それが良くなってきた…というのは朗報ですが、新たに書き直された脚本から削り取られた脂肪というのは…、

ブラック・ナイトはもう「ブレイド」には絡んでおらず、無関係になったんだ。

…と「エターナルズ」の結末でほのめかされたキット・ハリントンのデーンの出番がカットされたらしいそうです。ブラック・ナイトの参戦に期待していたマーベル・ファンの方にはガッカリですが、しかし、ブラック・ナイトの絡みを削り取ったことで、「ブレイド」の内容が題名通り主人公のヴァンパイア・ハンターのエリックにだけピタリと焦点をあわせた成果として、良くなってきた…と知らされたのであれば、“ 始まりの物語 ” としては当然の判断かもしれませんね…!!

マハーシャラ・アリ主演の「ブレイド」は来年2024年の9月6日全米公開の予定。マーベルの続報をお楽しみに…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

from timeline

Billy's footnotes 💬 Day 160

Billy's footnotes 💬 Day 163

Weekend Box Office 💰 June 7 - 9, 2024 : 6月7日~9日の全米映画ボックスオフィスTOP5

Billy's footnotes 💬 Day 165

Billy's footnotes 💬 Day 159