Weekend Box Office 💰 April 8 - 10, 2022 : 4月8日~10日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (初) 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ 2」(9,000万ドル)

$71,000,000−(4,234館/$16,769)−$71,000,000

RT の評論家の支持率 67 % / Metacritic スコア 47 / 出口調査の CinemaScore A



第2位 (1) 「モービウス」(8,300万ドル)

$10,200,000−(4,268館/$2,390)−$57,077,221

RT の評論家の支持率 17 % / Metacritic スコア 35 / 出口調査の CinemaScore C+



第3位 (2) 「ザ・ロスト・シティ」(7,400万ドル)

$9,164,841−(3,797館/$2,414)−$68,854,000

RT の評論家の支持率 75 % / Metacritic スコア 60 / 出口調査の CinemaScore B+

第4位 (初) 「アンビュランス」(4,000万ドル)

$8,700,000−(3,412館/$2,550)−$8,700,000

RT の評論家の支持率 69 % / Metacritic スコア 56 / 出口調査の CinemaScore A-

第5位 (3) 「ザ・バットマン」(2億ドル超)

$6,500,000−(3,254館/$1,998)−$359,002,148

RT の評論家の支持率 85 % / Metacritic スコア 72 / 出口調査の CinemaScore A-


映画の鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、現在は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

from timeline

Weekend Box Office 💰 June 24 - 26, 2022 : 6月24日~26日の全米映画ボックスオフィスTOP5

'Godzilla 5' Gets Release date ■「Vs. コング」の続編にあたるハリウッド版「ゴジラ」第5作めの全米公開日が決定 ! !

Young Furiosa Anya Taylor-Joy arrived in Sydney, Australia ■「マッドマックス」の最新作「フリオーサ」のロケ地のオーストラリア・シドニーに、ついにヤング・フリオーサのアニヤ・テイラー=ジョイとキツネがやって来た ! !

💚 Xochitl Gomez at 'Thor: Love & Thunder' World Premiere in Hollywood 🇲🇽🇺🇸 並行世界を超えていくアメリカ・チャベスだから当然「ソー : ラブ&サンダー」のワールド・プレミアにも現われて、雷神ヘムジーと出会ったソチ・ゴメス⚒💘😇

Ms. Marvel ⚡ Message from Ep 4 and 5 Director Sharmeen Obaid-Chinoy ⚡ イマンちゃん主演の「ミズ・マーベル」は、シネマティック・ユニバース史上最高傑作の評価を維持できるのか ? !、第4話と第5話を手がけたオスカー2回受賞の名監督のシャルミーン・オベイド=チノイさんからのメッセージ ! !