Weekend Box Office 💰 March 3 - 5, 2023 : 3月3日~5日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (初) 「クリード 3」(7,500万ドル)

$58,658,000−(4,007館/$14,639)−$58,658,000

RT の評論家の支持率 87 % / Metacritic スコア 74 / 出口調査の CinemaScore A-

第2位の「アントマン 3」の「クォンタメニア」の悪役カン・ザ・コンカラァのジョナサン・メジャース(↓)の存在感と演技がまた大絶賛されてる…

「クリード 3」の封切り成績については、上 ↑ の対戦相手の旧友ダミアンの写真、または下 ↓ の 🔗 文字のリンクをタップしてください…!!




$12,471,000−(3,825館/$3,260)−$186,798,829

RT の評論家の支持率 48 % / Metacritic スコア 48 / 出口調査の CinemaScore B


第3位 (2) 「コケイン・ベア」(3,500万ドル)

$11,020,000−(3,571館/$3,086)−$41,288,320

RT の評論家の支持率 71 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore B-


第4位 (初) 「デーモン・スレイヤー: トゥ・ザ・スウォードスミス・ヴィレッジ(「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ)」(???ドル)

$10,117,806−(1,774館/$5,703)−$10,117,806

RT の評論家の支持率 -- % / Metacritic スコア -- / 出口調査の CinemaScore B+

ソニピ傘下のクランチロールが封切った東宝アニメの「鬼滅の刃」が、控えめな全米公開の少ないスクリーン数ですが、1館あたり約5,703ドルを稼いで、平均売り上げでは「クリード 3」に次ぐ、この週末の2番めのヒット作となっています…!!


第5位 (3) 「ジーザス・レボリューション」(1,500万ドル)

$8,650,000−(2,575館/$3,359)−$30,541,391

RT の評論家の支持率 54 % / Metacritic スコア 46 / 出口調査の CinemaScore A+

ふつうの映画サイトでは紹介しないキリスト教の信者の方向けの宗教作品です。ヒットしてるのは教会が動員するなどの神さまのおかげですから、カン違いしませんように…!!


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

from timeline

💙 Jayden Bartels🍦

Weekend Box Office 💰 May 24 - 26, 2024 : 5月24日~26日の全米映画ボックスオフィスTOP5

Billy's footnotes 💬 Day 142

Watch ▶ the Trailer for Jordan Scott's Psychological Thriller 'A Sacrifice' starring Eric Bana, Sadie Sink and Sylvia Hoeks

Billy's footnotes 💬 Day 138

🧡 Pretty Girls 🍒 milanapaulinka

Billy's footnotes 💬 Day 143