Netflix’s 'Three-Body Problem' found a Director 🎬 Netflix が、劉慈欣(リュウ・ジキン)作の同名SF小説を配信シリーズ化する「三体」の監督が決定‼


祐真キキさんが演じた幽霊のユウコが、全米のホラー・ファンを震えあがらせたほか、脇役ながらも存在感を発揮した石川美紀さんが、マーベルに着目されて、「ファルコン・アンド・ウィンター・ソルジャー」に起用されるキッカケになったハリウッド発の J ホラー・ドラマの傑作「ザ・テラー」のクリエイターのアレクサンダー・ウーが…、

「ゲーム・オブ・スローンズ」のクリエイターのデイヴィッド・ベニオフ & ダニエル・B・ワイスのコンビと組んで、配信シリーズ化に取り組んでいる劉慈欣さん作「三体」の初回の第1話めのメガホンをとって、ドラマのイメージとスタイルを決定づける創り手として、「ベター・デイズ(少年の君)」(2019å¹´)が国際的に高評価された香港映画界のデレク・ツァン監督が起用されたとのこと


現時点では「ゴジラ vs.コング」(2021å¹´)のエイザ・ゴンザレスさんが出演者のひとりとして、名前があげられている「三体」の原作小説を邦訳出版する早川書房によれば…、

物理学者の父を文化大革命で惨殺され、人類に絶望した中国人エリート科学者・葉文潔(イエ・ウェンジエ)。失意の日々を過ごす彼女は、ある日、巨大パラボラアンテナを備える謎めいた軍事基地にスカウトされる。そこでは人類の運命を左右するかもしれないプロジェクトが、極秘裏に進行していた。数十年後。ナノテク素材の研究者の汪森(ワン・ミャオ)は、ある会議に招集され、世界的な科学者が次々に自殺している事実を告げられる。その陰に見え隠れする学術団体 “ 科学フロンティア ” への潜入を引き受けた彼を科学的にありえない怪現象 “ ゴースト・カウントダウン ” が襲う。そして、汪森が入り込む、三つの太陽を持つ異星を舞台にした VR ゲーム『三体』の驚くべき真実とは?、本書に始まる “ 三体 ” 三部作は、本国版が合計2100万部、英訳版が100万部以上の売上を記録。翻訳書として、またアジア圏の作品として初のヒューゴー賞長篇部門に輝いた現代中国最大のヒット作。

…とのことで、「三体」の製作スケジュールや配信日の予定などの詳細は伝えられていません。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

from timeline

Disney announced Marvel's 'Shang-Chi' Disney+ Debut Date ■ マーベルのアジア系ヒーロー映画の大ヒット作「シャンチー」の Disney+ 配信日を、ディズニーの CEO が発表 ! !

Disney+ 'Obi-Wan Kenobi' series Logo revealed ■ ユアン・マクレガーが「スター・ウォーズ」復帰の配信シリーズ「オビ=ワン・ケノービ」のタイトル・ロゴが明らかになった撮影終了の記念品 ! !