Tom Holland talked about His Future as Spider-Man ■ スパイダーマンとしての将来について語ったトム・ホランドが、「ホーム」シリーズ完結編「ノー・ウェイ・ホーム」の新しい写真をリリース ! !


スパイダーマン役の出演契約が任期満了の終わりを迎えたことから、ひとまず最後のヒーロー役となる「ノー・ウェイ・ホーム」の今年2021年末12月17日全米公開に向けて、エンタテインメント・ウィークリーの取材に応じたトム・ホランドが、共演者の親友ネッド役のジェイコブ・バタロンと、恋のお相手のヒロイン、MJ 役のゼンデイヤと築いてきた絆について…

ぼくたちが一緒に映画を作り始めてから、もういま、5年めを迎えました。ぼくたち3人のトリオは、とても素晴らしい関係を築いてきたんです。ぼくたちは常にお互い一緒に、ステップを歩んできました。ぼくたちはそれぞれ1本ごとの映画を一緒に作って、宣伝活動のプレス・ツアーでも一緒に行動してきました。

この映画での最後の共演シーンが、ぼくたちが一緒にそろって仕事をする最後になるのか、どうかはわかりませんが、胸が張り裂けるような想いでした。けれど、ぼくたちがこれから、それぞれのキャリアの次の章へと前進していくんだ…という本当にワクワクする気持ちも同時にありました。

彼らと一緒の時を過ごせたことは、ぼくのこれまでの映画撮影の現場で、たぶん最高の日々だったのだと思います。あんなに泣いてしまったことは、かつて、ありませんでした…。


…とのことで、「ホーム」シリーズのおなじみのトリオがそろった最後の日には号泣したらしいトムは、「ノー・ウェイ・ホーム」をもって、本当にスパイダーマン役の終わりをも迎えるのか…?!と言うと…、

ぼくたちは「ノー・ウェイ・ホーム」を、ひとつのシリーズの終わりとして取り扱ってきました。でも、仮りに幸運にして、もし再び同じキャラクターたちに舞い戻ることができたとしたならば、観客はまるで違うバージョンのキャラクターを目にすることになるのではないでしょうか。それはもう「ホームカミング」から始まったシリーズのものではないでしょう。

ぼくたちはいくらかの冷却期間の時間を置いて、これまでとはトーンの異なる映画シリーズを創りあげることを試みるのかもしれません。本当にそうなるのかどうか?!、ぼくにはわかりませんが、でも、「ノー・ウェイ・ホーム」は幕引きだと感じていたし、ぼくたちはまったく、そのように映画に取り組んできました…。


…だそうですから、とりあえず、確実に言えそうなことは「ノー・ウェイ・ホーム」はトリロジーの最終章の完結編であること、そして、現在25歳のトムが将来、もしも再び、スパイダーマン役を演じるとしても、当然と言えば当然ですが、これまでのような “ 未熟な少年ヒーロー ” のイメージはもう続けられない…ということのようですね。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

from timeline

New Digital Spot for Marvel series 'Hawkeye' ■ マーベル配信シリーズ「ホークアイ」に参戦したスペシャル・ゲストのフローレンス・ピューのブラック・ウィドウのエレーナが、ついに登場したらしい新しいデジタル・スポット ! !

Mina Sundwall 💉ミナ・サンドウォールちゃん🧡