Denis Villeneuve to Direct Arthur C. Clarke’s 'Rendezvous With Rama' ■「デューン」のデニ・ヴィルヌーヴ監督の次のSF大作が「宇宙のランデヴー」の映画化に決定 ! !


SF 映画の金字塔「2001年宇宙の旅」(1968年)の原作者として、映画ファンに知られる故アーサー・C・クラークが、1973年に発表した「ランデヴー・ウィズ・ラーマ」を「宇宙のランデヴー」と題して、邦訳出版する早川書房の紹介によれば…

2130年、太陽系に突如、侵入した謎の物体は直径20キロ、自転周期4分という巨大な金属筒であることが判明した。人類が長いあいだ期待し、同時に怖れてもいた宇宙からの最初の訪問者が、ついに現われたのだ!!、“ ラーマ ”と命名された人工物体の調査のために派遣されたエンデヴァー号は苦心の末にラーマとのランデヴーに成功し、その内部へと入ったが…!!、ヒューゴー賞他あまたの賞を受賞した名作、待望の改訳決定版!!


…といった次第で、プリンセス・エイミー・アダムスとホークアイが共演した「アライヴァル」(2016年)でも、ファースト・コンタクトを描いたヴィルヌーヴ監督が、あらためて、宇宙からの最初の訪問者を描く企画が決まりましたが…(via THR

「ブレードランナー 2049」(2017年)のアルコン・エンタテインメントが製作するSF大作の前に、まずは「デューン 2」(2023年10月20日全米公開)の撮影に取り組んで、完成させる仕事が先ですから、実際に「ランデヴー・ウィズ・ラーマ」のプロジェクトに着手できるのは、早くても再来年の2023年よりあとになりそうですね。ひとまず、お楽しみに…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

from timeline

Godzilla TV Series in the Works at Apple TV+ ■ ハリウッド版「ゴジラ」の世界観を異なる方向に拡大するスピンオフの Apple TV+ 配信シリーズの製作が決定 ! !

Paramount pushed 'Mission: Impossible 7 & 8', 'Transformers 7', 'A Quiet Place 3' due to the ongoing pandemic ■「ミッション・インポッシブル」「トランスフォーマー」「クワイエット・プレイス」など人気シリーズ新作の全米公開オミ株延期をパラマウント映画が発表のガッカリ ! !