Weekend Box Office 💰 January 27 - 29, 2023 : 1月27日~29日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

昨2022年から今年2023年にかけての年末年始の話題のブロックバスター映画は、これ1本だけしかない…というハナから独走の態勢を踏まえると、首位をキープの連覇は当然では…?!と受けとめる映画ファンの方もいらっしゃるかもしれませんが…、

第1位 (1) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$15,700,000−(3,600館/$4,361)−$620,580,771

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A

2009年公開の歴史的大ヒットの前作以来となる7週連続第1位!!を達成して、自分の大記録と並んだジェームズ・キャメロン監督の新たな歴史的大ヒット作の「アバター 2」は、国内の売り上げが約6億2,058万ドルにまで達したことから、「スター・ウォーズ」の覚醒トリロジーの第2作め「ザ・ラスト・ジェダイ」(2017å¹´)の記録の約6億2,018万ドルを超えて、全米公開映画史上第11番めの位置ですが、ひとつ上の第10位のマーベルのヒーロー大集合映画の第1作め「アベンジャーズ」(2012å¹´)の記録=約6億2,336万ドルを追い抜くのは確実だけに、トップ10入りは間違いなし!!


…の一方、世界総額の興行成績は約21億1,658万ドルを稼いで、「スター・ウォーズ」の同じく覚醒トリロジーの第1作め「ザ・フォース・アウェイクンズ」(2015å¹´)の記録の約20億6,462万ドルを追い抜いて、映画史上第4番めの超特大ヒット作!!、そして、さらに上のトップ3が前述の「アバター」前作と「アベンジャーズ:エンドゲーム」(2019å¹´)、「タイタニック」(1997å¹´)ですから、歴史的大成功を果たした映画史上の4大ヒット作のうちの3本が、キャメロン監督の作品!!というトンデモないミラクルな状況となっています…!!



$10,620,000−(3,452館/$3,076)−$140,834,910

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A



$6,750,000−(3,957館/$1,706)−$46,052,864

RT の評論家の支持率 68 % / Metacritic スコア 52 / 出口調査の CinemaScore ?


第4位 (3) 「メーガン」(1,200万ドル)

$6,370,000−(3,416館/$1,865)−$82,273,725

RT の評論家の支持率 94 % / Metacritic スコア 72 / 出口調査の CinemaScore B


第5位 (初) 「パターン」(2,785万ドル)

$5,947,369−(695館/$8,557)−$8,548,444


RT の評論家の支持率 93 % / Metacritic スコア ?? / 出口調査の CinemaScore ?

ボリウッドや南アジア系の枠を超えて、国際的に知られる人気のインド映画界のスターのシャー・ルク・カーンが、アメリカに例えれば CIA、イギリスでは MI6、イスラエルならばモサドにあたるインドの諜報機関 RAW(Research and Analysis Wing)のスーパー・スパイのパターンに扮して…


ディーピカー・パードゥコーン(「トリプル X:ザ・リターン・オブ・ザンダー・ケイジ」2017å¹´)と共演したアクション映画のボリウッド版「ミッション・インポッシブル」みたいな「パターン」が第5位に初登場!!、全米公開とは言えない小規模の695館での封切りですが、1館あたりの平均売り上げでは「アバター 2」の約4,361ドルを超えた約8,557ドルを稼いで、この週末に最も映画館の座席を埋めた事実上の第1位!!と言えそうなヒットです…!!


カナダ映画界の鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督の息子ブランドン・クローネンバーグ監督(「ポゼッサー」2020å¹´)が、アレクサンダー・スカルスガルドとミア・ゴスをメイン・キャストに起用した SF ホラー・スリラーのマニアックな「インフィニティ・プール」は…


$2,725,000−(1,835館/$1,485)−$2,725,000


RT の評論家の支持率 88 % / Metacritic スコア 72 / 出口調査の CinemaScore C-

映画ジャーナリストからは高評価されたものの、観客の出口調査の評価は残念ながら、7割以上が不満の金返せレベルの “ C- ” のスコアを与えられてしまい、控えめなスクリーンの数の 1,835館での封切りで稼ぐことができたオープニング成績は、たったの約273万ドルの沈没でしたが…、


前述のお父さんの方のクローネンバーグ監督が、ヴィゴ・モーテンセンとレア・セドゥ、そして、クリステン・スチュワートをメイン・キャストにした同じく SF ホラー系の「クライムズ・オブ・ザ・フューチャー」(2022å¹´)の北米の最終的な興行成績は、たったの約245万ドルでしたから、パッとしない結果とは言え、息子はいきなり、父を超えたことになっています…!!

🔗 Related : Trailer for Brandon Cronenberg's Island Resort Horror 'Infinity Pool' starring Alexander SkarsgÃ¥rd, Mia Goth : 鬼才の息子ブランドン・クローネンバーグ監督が、アレクサンダー・スカルスガルドとミア・ゴスを起用し、自分が死ぬのを目の当たりにする倒錯した恐怖を生々しく描いて、いったんは成人指定を食らった SF ホラー・スリラー映画の衝撃作「インフィニティ・プール」の予告編を初公開 ! ! - CIA Movie News


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

from timeline

Weekend Box Office 💰 March 24 - 26, 2023 : 3月24日~26日の全米映画ボックスオフィスTOP5

New Trailer for Amazon Prime's Spy series 'Citadel' starring Richard Madden and Priyanka Chopra ■「アベンジャーズ」のルッソ兄弟監督と組んだ Amazon が、製作費に巨額の約331億819万7,590円を費やして、シタデル・ユニバースのブームを目論んでいるスパイ・アクションの配信シリーズ「シタデル」の新しい予告編 ! !

Antoine Fuqua's 'The Equalizer 3' starring Denzel Washington has revealed the Official synopsis ■ デンゼル・ワシントンの秒殺の仕事人が帰ってくる「イコライザー」シリーズ第3弾の最新作が、最も最初の “ 物語の紹介 ” をリリース ! !

Rina Sawayama’s Akira may have her own John Wick spin-off ■「チャプター 4」が大ヒットの「ジョン・ウィック」シリーズの仕掛け人が近日発表したいスピンオフ映画の新作の候補のひとつとして、浪速の殺し屋ホテルのリナ・サワヤマさん主演の「アキラ」をあげた ! !

Doctor Strange from the Multiverse of Madness Cosplay by Capt Cash and his Son ■ ゾンビ化したドクター・ストレンジのパパと並行世界の別のドクター・ストレンジの息子ちゃんのマーベル父子のコスプレ ! !