Posts

Showing posts with the label Avatar

Weekend Box Office 💰 February 24 - 26, 2023 : 2月24日~26日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。


$32,200,000−(4,345館/$7,411)−$167,314,584

RT の評論家の支持率 48 % / Metacritic スコア 48 / 出口調査の CinemaScore B

第1位の「アントマン 3」と第2位の「コケイン・ベア」の成績については…

上 ↑ のクマさん、または下 ↓ の 🔗 文字のリンクをタップしてください…!!


第2位 (初) 「コケイン・ベア」(3,500万ドル)

$23,090,000−(3,534館/$6,534)−$23,090,000

RT の評論家の支持率 71 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore B-


第3位 (初) 「ジーザス・レボリューション」(1,500万ドル)

$15,525,000−(2,475館/$6,273)−$15,525,000

RT の評論家の支持率 54 % / Metacritic スコア 46 / 出口調査の CinemaScore A+

エルたんがヒロインをつとめた「スーパー8」(2011年)で、スピルバーグ監督にトリビュートしたキャラの映画少年の主人公に大抜擢されて、デビューを果たし、最近ではジョーイ・キングちゃんがヒロインのエルの役を演じた Netflix の大ヒット作「ザ・キッシング・ブース」シリーズで人気のジョエル・コートニーが実在の牧師の青年時代に扮した実話の映画化ですが、キリスト教の信者の方向けの宗教映画ですから、この CIA はもちろん、ふつうの映画サイトでは採りあげられない作品です。観客(信者)から高評価を与えられ、ヒットするのは神さまのおかげですから、本当に傑作やヒット作だなどと、けして、カン違いをしませんように…!!


第4位 (2) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定 4億6,000万ドル)

$4,700,000−(2,495館/$1,884)−$665,383,862

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A



$4,120,000−(2,840館/$1,451)−$173,431,065

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

James Cameron may direct 'Last Train from Hiroshima' ahead of 'Avatar 4' 🤯


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ の写真をタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 February 17 - 19, 2023 : 2月17日~19日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。


$104,000,000−(4,345館/$23,936)−$104,000,000

RT の評論家の支持率 48 % / Metacritic スコア 48 / 出口調査の CinemaScore B

下 ↓ の🚩文字のリンク、または上 ↑ のポスターをタップしてください…!!



第2位 (2) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$6,118,000−(2,675館/$2,287)−$657,075,991

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A


第3位 (1) 「マジック・マイク'ズ・ラスト・ダンス」(4,900万ドル)

$5,525,000−(3,034館/$1,821)−$18,115,454

RT の評論家の支持率 46 % / Metacritic スコア 51 / 出口調査の CinemaScore ?



$5,260,000−(3,012館/$1,746)−$166,076,100

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A


第5位 (6) 「ノック・アット・ザ・キャビン」(2,000万ドル)

$3,900,000−(2,601館/$1,499)−$30,372,270

RT の評論家の支持率 68 % / Metacritic スコア 63 / 出口調査の CinemaScore C

🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 February 10 - 12, 2023 : 2月10日~12日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

スポーツの大イベントの NFL 頂上決戦のスーパーボウルが開催される週末は、映画館にとっては、テレビに観客を奪われて、空席が目立つことになる閑古鳥の鳴く閑散の週末ですが、しかし…

第1位 (初) 「マジック・マイク'ズ・ラスト・ダンス」(4,900万ドル)

$8,200,000−(1,500館/$5,467)−$8,200,000


RT の評論家の支持率 46 % / Metacritic スコア 51 / 出口調査の CinemaScore ?

そこであえて、主演女優のヒロインのサルマ・ハエック 56歳と同世代のスーパーボウルへの関心が薄い女性の観客を狙い、そもそもは HBO Max の配信映画として製作したチャニング・テイタムとスティーヴン・ソダーバーグ監督がコラボした「マジック・マイク」シリーズの蛇足の第3作めと言われる「ラスト・ダンス」を…


小規模の控えめな全米公開の1,500館で封切ったディスカバリーが公表したオープニング成績は、1,000万ドルにも満たない約820万ドルの不発ですが、それでも前述のように閑散の週末ですから、初登場第1位になったので、このあとの配信リリースでは、全米興行ランキングの初登場第1位!!と書くことができるトリックになりますが、そんなに安くない製作費の約4,900万ドルを回収するのは難しそうですね…。なお、男性ストリップの映画として、センセーショナルにもてはやされ、優れた青春ドラマだった第1作め(2012年)の封切り成績は約3,913万ドル(2,930館)、第2作めの「XXL」(2015年)の同成績は約1,286万ドル(3,355館)でした。


第2位 (3) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$6,884,000−(3,065館/$2,246)−$646,919,731

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A


ひとつ上の第2位の同じくジェームズ・キャメロン監督の「アバター」第2弾「ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」の世界総額の興行成績が約22億1,352万ドルにまで上昇していますから…、

第3位 (初) 「タイタニック 25周年記念版」(製作費の約2億ドルは現在のお金では約3億7,427万ドルに相当します)

$6,400,000−(2,464館/$2,597)−$665,763,000


RT の評論家の支持率 88 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore ?

映画史上第3番めの特大ヒット作に位置づけられている「タイタニック」のいまの時点での同成績の約22億1,439万ドルは追い抜かれて、第4位に降格するのは時間の問題ですが、しかし…、


レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの悲劇の恋人たちが、1997年の初公開で稼いだ約18億4,320万ドルは、お金の価値の変化のインフレ率を踏まえると、いまの約34億4,929万ドルに値するトンデモない超ウルトラ特大ヒットでしたから、封切り当時の「タイタニック」ブームの大爆発!!を知っているベテランの映画ファンの方々が、「アバター 2」が「タイタニック」よりも大ヒットって本当?!と疑問して、実感できないのも無理はありませんし、近年の映画は物価高騰の鑑賞料金の違いのおかげで、大ヒットしているかのように見えているだけにしか過ぎない数字のトリックの目の錯覚か…現実に動員した観客のひとの数は別の話…というオチになりそうですね!!


第4位 (2) 「80(エイティ)・フォー・ブレイディ」(2,800万ドル)

$6,000,000−(3,939館/$1,523)−$24,970,000


RT の評論家の支持率 64 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore A-

女性はスーパーボウルはじめスポーツへの関心が薄いなどと決めつけるなんて、まったく男性目線からの女性を低く見た時代錯誤…とばかりに、単に女性どころか高齢のおばあさんだって、スーパーボウルに熱狂してしまうコメディの配信映画のチケットを値引きして…、


スーパーボウルのタイミングにあわせて、映画館で封切ったパラマウント映画のディスカウントの戦略が功を奏し、先週の初登場首位を飾ったシャマラン監督の「ノック・アット・ザ・キャビン」が第6位に転落し、ランキングから消えたのに対して、おばあさんたちは公開2週めも大健闘!!



$5,500,000−(3,227館/$1,704)−$158,495,205

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 February 3 - 5, 2023 : 2月3日~5日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

M・ナイト・シャマラン監督が、ついに「アバター 2」を撃墜した!!などと大げさに書き立てると、配給のユニバーサル映画にはよろこばれるでしょうが…、

演技者として、本職の俳優に負けず劣らずの才能を発揮し、高名な監督たちから役者として認められた!!という意味合いにおいて、プロレスラーから俳優に転向して、成功した唯一のスター!!に位置づけられるバティスタの名演技が絶賛されている「ノック・アット・ザ・キャビン」の…

第1位 (初) 「ノック・アット・ザ・キャビン」(2,000万ドル)

$14,200,000−(3,643館/$3,898)−$14,200,000


RT の評論家の支持率 68 % / Metacritic スコア 63 / 出口調査の CinemaScore C

封切り成績の約1,420万ドルは残念ながら、同じくユニバーサル映画が配給したシャマラン監督の前作「オールド」(2021年)の同成績=約1,685万ドル(3,355館)におよばなかった結果ですし、異色のヒーロー映画として大きな注目を集めた「グラス」(2019年)と、その前作にあたる「スプリット」(2017年)のオープニング成績が、それぞれ4,000万ドルを超えた大ヒット!!だったのとは、もはや比べるまでもない見劣りとなっています…。内容の評価については…、


シャマラン監督の新たな傑作!!として高評価される一方、愚作とこき下ろされるなど、いつものように賛否が分かれる同監督お決まりですが、肝心のフツーの観客のリアクションは、えッ?!、なんだ、これで終わりなの?!と、置いてけぼりを食らったように感じた人が少なくなかったらしく、出口調査のスコアはガッカリの “ C ” が与えられ、約7割に近い観客が鑑賞をお薦めはできないと回答しています…。なので、7週連続の第1位を続けた「アバター 2」も、さすがに息切れ…のタイミングに封切られたから初登場第1位!!になっただけの「ノック・アット・ザ・キャビン」ですから…、

シャマラン監督のファンの方は別として、その他の方は時間の無駄使いかも…と、あらかじめ了承したうえで観たほうがよいかもしれませんが、バティスタの演技は賛否分かれず、観るに値するものと言われています…!!


需要と供給のバランスや時と場合に応じて、モノやサービスの値段を臨機応変に変える価格変動制のダイナミック・プライシングの考え方を映画のチケットにも応用して…、

いわゆるマチネの映画館が閑散とする昼間の時間帯の安いチケット価格を通常料金とする、つまり値引きの実験を大手の映画館チェーンと一緒に取り組んだ配給のパラマウント映画の試みがドンピシャの功を奏し、平均では約9.79ドル=約1,284円のチケットが売れに売れて、実際のところ第1位のシャマラン監督作よりも多くの観客を動員することに大成功した事実上の…

第2位 (初) 「80(エイティ)・フォー・ブレイディ」(2,800万ドル)

$12,500,000−(3,912館/$3,195)−$12,500,000


RT の評論家の支持率 64 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore A-

この週末の No.1 ヒット作と言えるコメディ映画「80(エイティ)・フォー・ブレイディ」が製作費の約2,800万ドルに対して、約1,250万ドルの封切り成績を稼いだことで、収支が黒字を見込めそうな結果となっています…!!


今から約43年も昔の1980年公開のコメディ映画の人気作「9時から5時まで」の顔合わせの懐かしい再現となるジェーン・フォンダ85歳とリリー・トムリン83歳、アンドリュー・ガーフィールドのスパイダーマンの素敵なおばさんとして知られるサリー・フィールド76歳、そして、1961年公開の名作と2021年公開のスピルバーグ監督版の新旧の「ウエスト・サイド物語」のリタ・モレノの題名通り、80(エイティ)の80代前後の高齢の大ベテランの女優たちが演じる主人公の4人組が年甲斐もなく、言わばアイドルの追っかけまがいとして、先ごろ引退を発表された NFL のスーパースターのトム・ブレイディ選手のプレーを生で観たい!!と熱望し、チケット入手困難のスーパーボウルを観戦しようとする悪戦苦闘を描いたコメディ映画は、配信リリースの予定でしたが…、

それを取り消して、ダイナミック・プライシングを導入することで、パンデミック禍以来、感染を恐れ、映画館から足が遠のいていた50代以上の観客を呼び込むことに成功したパラマウント映画の実績を踏まえると、いずれは映画のチケットも値段がこまめに変わる価格変動制が当たり前になるかもしれませんね…!!、ただし、この映画のように安くなるのなら歓迎ですが、逆に人気の満員だから…と、チケット代を高くするのはカンベンしてほしいです…!!


第3位 (1) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$10,800,000−(3,310館/$3,263)−$636,420,442

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A



$7,950,000−(3,452館/$2,303)−$151,292,670

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A


第5位 (初) 「BTS: Yet to Come in Cinemas」(???ドル)

$6,280,000−(1,114館/$5,637)−$9,124,384

RT の評論家の支持率 ?? % / Metacritic スコア ?? / 出口調査の CinemaScore ?


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 January 27 - 29, 2023 : 1月27日~29日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

昨2022年から今年2023年にかけての年末年始の話題のブロックバスター映画は、これ1本だけしかない…というハナから独走の態勢を踏まえると、首位をキープの連覇は当然では…?!と受けとめる映画ファンの方もいらっしゃるかもしれませんが…、

第1位 (1) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$15,700,000−(3,600館/$4,361)−$620,580,771

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A

2009年公開の歴史的大ヒットの前作以来となる7週連続第1位!!を達成して、自分の大記録と並んだジェームズ・キャメロン監督の新たな歴史的大ヒット作の「アバター 2」は、国内の売り上げが約6億2,058万ドルにまで達したことから、「スター・ウォーズ」の覚醒トリロジーの第2作め「ザ・ラスト・ジェダイ」(2017年)の記録の約6億2,018万ドルを超えて、全米公開映画史上第11番めの位置ですが、ひとつ上の第10位のマーベルのヒーロー大集合映画の第1作め「アベンジャーズ」(2012年)の記録=約6億2,336万ドルを追い抜くのは確実だけに、トップ10入りは間違いなし!!


…の一方、世界総額の興行成績は約21億1,658万ドルを稼いで、「スター・ウォーズ」の同じく覚醒トリロジーの第1作め「ザ・フォース・アウェイクンズ」(2015年)の記録の約20億6,462万ドルを追い抜いて、映画史上第4番めの超特大ヒット作!!、そして、さらに上のトップ3が前述の「アバター」前作と「アベンジャーズ:エンドゲーム」(2019年)、「タイタニック」(1997年)ですから、歴史的大成功を果たした映画史上の4大ヒット作のうちの3本が、キャメロン監督の作品!!というトンデモないミラクルな状況となっています…!!



$10,620,000−(3,452館/$3,076)−$140,834,910

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A



$6,750,000−(3,957館/$1,706)−$46,052,864

RT の評論家の支持率 68 % / Metacritic スコア 52 / 出口調査の CinemaScore ?


第4位 (3) 「メーガン」(1,200万ドル)

$6,370,000−(3,416館/$1,865)−$82,273,725

RT の評論家の支持率 94 % / Metacritic スコア 72 / 出口調査の CinemaScore B


第5位 (初) 「パターン」(2,785万ドル)

$5,947,369−(695館/$8,557)−$8,548,444


RT の評論家の支持率 93 % / Metacritic スコア ?? / 出口調査の CinemaScore ?

ボリウッドや南アジア系の枠を超えて、国際的に知られる人気のインド映画界のスターのシャー・ルク・カーンが、アメリカに例えれば CIA、イギリスでは MI6、イスラエルならばモサドにあたるインドの諜報機関 RAW(Research and Analysis Wing)のスーパー・スパイのパターンに扮して…


ディーピカー・パードゥコーン(「トリプル X:ザ・リターン・オブ・ザンダー・ケイジ」2017年)と共演したアクション映画のボリウッド版「ミッション・インポッシブル」みたいな「パターン」が第5位に初登場!!、全米公開とは言えない小規模の695館での封切りですが、1館あたりの平均売り上げでは「アバター 2」の約4,361ドルを超えた約8,557ドルを稼いで、この週末に最も映画館の座席を埋めた事実上の第1位!!と言えそうなヒットです…!!


カナダ映画界の鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督の息子ブランドン・クローネンバーグ監督(「ポゼッサー」2020年)が、アレクサンダー・スカルスガルドとミア・ゴスをメイン・キャストに起用した SF ホラー・スリラーのマニアックな「インフィニティ・プール」は…

インフィニティ・プール」(???ドル)

$2,725,000−(1,835館/$1,485)−$2,725,000


RT の評論家の支持率 88 % / Metacritic スコア 72 / 出口調査の CinemaScore C-

映画ジャーナリストからは高評価されたものの、観客の出口調査の評価は残念ながら、7割以上が不満の金返せレベルの “ C- ” のスコアを与えられてしまい、控えめなスクリーンの数の 1,835館での封切りで稼ぐことができたオープニング成績は、たったの約273万ドルの沈没でしたが…、


前述のお父さんの方のクローネンバーグ監督が、ヴィゴ・モーテンセンとレア・セドゥ、そして、クリステン・スチュワートをメイン・キャストにした同じく SF ホラー系の「クライムズ・オブ・ザ・フューチャー」(2022年)の北米の最終的な興行成績は、たったの約245万ドルでしたから、パッとしない結果とは言え、息子はいきなり、父を超えたことになっています…!!



🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 January 20 - 22, 2023 : 1月20日~22日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

「アバター」の前作が封切られた約14年前の2009年と、パンデミックにも見舞われた現在とでは、映画興行の事情も様変わりしていますが、その前作の世界総額の興行成績が巨額の20億ドルにまで達したのが公開45日めだったのに対して、それを上回るペースの39日めにして…、

第1位 (1) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$19,685,000−(3,790館/$5,194)−$597,961,353

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A

ジェームズ・キャメロン監督がノルマとして掲げていた20億ドルを突破した約20億2,396万ドルを稼いでいる「ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」は、「スパイダーマン : ノー・ウェイ・ホーム」(2021年)の記録=約19億1,631万ドルを超えて、映画史上第6位の特大ヒット作!!、ひとつ上の第5位の「アベンジャーズ : インフィニティ・ウォー」(2018年)の記録の約20億4,836万ドルを抜くのも時間の問題では?!、そして、国内に限れば、いまの売り上げは約5億9,796万ドルですから、全米公開映画史上第12番めの大ヒット作のアニメ映画「インクレディブルズ 2」(2018年)を射程圏内にとらえた第13位となっています…!!



$11,500,000−(3,611館/$3,185)−$126,460,470

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A


恐怖のお友だちロボットが予告編で垣間見せた “ メーガン・ダンス ” が、SNS で大ウケし、バズりまくったことで、封切り前から続編の製作が決定的!!と言われた「メーガン」の…

第3位 (2) 「メーガン」(1,200万ドル)

$9,800,000−(3,628館/$2,701)−$73,287,510

RT の評論家の支持率 94 % / Metacritic スコア 72 / 出口調査の CinemaScore B

仮りに「メーガン 2.0」と呼ばれている続編の全米公開が正式に再来年2025年お正月の1月17日に決定し、主演女優ですから当然、名子役ヴァイオレット・マクグロウちゃんは「2.0」にも登場する続投が決まりましたが…、


子どもの成長は早いだけに、果たして、子役にして、ダンサーのエミー・ドナルドちゃんが恐怖のお友だちロボットの “ 中の人 ” を続けることができるの?!は何とも言えませんが、とても仲よしのふたりですから、普通に顔出しの出演者として、ヴァイオレットちゃんとまた共演させてあげてほしいですね!!、なお、製作費が約1,200万ドルと安い「メーガン」の現時点の世界総額の興行成績は、1億ドルを突破した約1億1,294万ドル!!、続編が作られるのは当たり前の思いがけない大ヒット!!と言って、差支えがなさそうです…!!


直接的につながった続編ではありませんが、デジタル・デバイスの画面上で物語が展開する現代的に新しい映画ジャンルの “ スクリーンライフ ” のスタイルを踏襲したことで…、

第4位 (初) 「ミッシング」(700万ドル)

$9,300,000−(3,025館/$3,074)−$9,300,000


RT の評論家の支持率 83 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore B

俗に「サーチング 2」とも呼ばれるストーム・リードちゃん(「インヴィジヴル・マン」2020年)主演の「ミッシング」の封切り成績は残念ながら、1,000万ドル台には届かず、公開3週めの恐怖のお友だちロボットに僅差で敗れた約930万ドルでしたが…、


クリステン・スチュワートを主演に起用したディズニー・20世紀スタジオが、製作費に約8,000万ドルを費やしたモンスター・ホラー「アンダーウォーター」が、パンデミック突入前の2020年1月の全米公開で稼ぐことができた封切り成績は約701万ドル(2,791館)だったので、それと比べると製作費がたった約700万ドルの小品の「ミッシング」の約930万ドルは、そんなに良くない出足ではありませんし、出口調査では観客の約8割が満足していますから、このあと配信レンタルなど二次市場でのヒットが見込めそうだけに、赤字になることはないのでは?!、なお、限定公開からスタートした前作「サーチング」(2018年)が、全米公開とは言い難い小規模の1,207館にスクリーンの数を増やした週末の成績は約607万ドルでした…!!




$9,000,000−(3,802館/$2,367)−$35,346,249

RT の評論家の支持率 68 % / Metacritic スコア 52 / 出口調査の CinemaScore ?


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 January 13 - 15, 2023 : 1月13日~15日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

カメオ出演のはずのブラッド・ピットが、主演のサンドラ・ブロックとチャニング・テイタムよりも注目を集めて、話題になったパラマウント映画の昨2022年春のヒット作のアクション・コメディ映画「ザ・ロスト・シティ」が、全米超拡大公開の 4,253館上映で売り上げた封切り成績は…

第1位 (1) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$31,118,000−(4,045館/$7,693)−$562,919,348

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A

約3,045万ドルでしたから、北米で明日の月曜日の1月16日が公民権運動の指導者の故キング牧師を讃えるマーチン・ルーサー・キング・Jr.・デーの祝日という連休のロング・ウィークエンドだとは言え、もう公開5週めというのに、その3大スター共演作を上まわる約3,112万ドルを稼いだ…


「アバター 2」の現時点の国内売り上げの総額は約5億6,292万ドルですから、2019年公開の写実的な CG アニメの「ザ・ライオン・キング」の記録=約5億4,364万ドルを超えて、全米公開映画史上の第13番めの特大ヒット作!!の位置づけの一方、世界総額の売り上げは約18億9,382万ドルですから、映画史上6番めの超特大ヒット作「スパイダーマン : ノー・ウェイ・ホーム」の記録=約19億1,631万ドルが射程圏内に入ってしまいました!!、20億ドルを突破して、同じマーベルのヒーロー大集合映画「アベンジャーズ : インフィニティ・ウォー」(2018年)の記録の約20億4,836万ドルを超えれば、史上第5位ですから、歴史的大ヒット作のトップ5のうちの3本が、ジェームズ・キャメロン監督の作品!!というトンデモないことになります…!!


第2位 (2) 「メーガン」(1,200万ドル)

$17,920,000−(3,605館/$4,971)−$56,453,510

RT の評論家の支持率 94 % / Metacritic スコア 72 / 出口調査の CinemaScore B

サッサと飽きられやすいホラー映画は、封切りの週末と比べて、公開2週めには垂直落下の7割近い観客を大きく失ってしまいがちですが、恐怖のお友だちロボットのメーガンの集客減の割り合いは約−41%ですから、やはり、口コミが効いて、話題と人気を持続していることになりますね…!!



$13,400,000−(3,687館/$3,634)−$106,369,975

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A



$12,650,000−(3,802館/$3,327)−$18,873,126

RT の評論家の支持率 68 % / Metacritic スコア 52 / 出口調査の CinemaScore ?

全米公開とは、ちょっと言い難い 637館の控えめなスクリーンの数なのに、先週第4位に浮上した名優トム・ハンクス主演のハリウッド版「幸せなひとりぼっち」のリメイク映画「オットーと呼ばれた男」が、前述のように連休の週末のタイミングを狙って、映画館の数を一気に全米拡大公開の3,802館にまで増やして、ジェラルド・バトラー主演のアクション映画の新作「プレイン」をおさえて、今週も同じく第4位の位置をキープです…!!



アイアンマンのロバート・ダウニー Jr. も大ファンらしいシークレット・サービスのマイク・バニングが活躍する「フォールン」シリーズの第3作め「エンジェル・ハズ・フォールン」(2019年)の封切り成績は、2,000万ドルを超えた約2,138万ドル(3,286館)でしたが…、

第5位 (初) 「プレイン」(2,500万ドル)

$10,004,000−(3,023館/$3,309)−$10,004,000


RT の評論家の支持率 74 % / Metacritic スコア 62 / 出口調査の CinemaScore B+

コモンやゲイリー・オールドマンらが共演した豪華なキャストの「ハンター・キラー」(2018年)の封切り成績は、1,000万ドルを切った約665万ドル(2,720館)だったため、すでに知られた人気シリーズの新作ではないオリジナルのアクション映画の「プレイン」の同成績も、1,000万ドルには届かず、700万ドルから900万ドル超のあたりだろう…と予想されていたので、ライオンズゲートが公表した封切り成績の約1,000万ドルは、予想をやや超えていますし…、


控えめな製作費の約2,500万ドルを回収できそうな幸先のよいスタートとなっています!!、いずれにしろ、ジェラルド・バトラー主演作は、ほぼ確実に楽しめる一定以上のクォリティが保証されたアクション映画として、配信のレンタル市場で長く稼ぐことができる定番の人気タイトルですから、この「プレイン」も映画館での興行のあとに、本当のヒットがやってくるのかも…?!



🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 January 6 - 8, 2023 : 1月6日~8日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (1) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$45,000,000−(4,340館/$10,369)−$516,789,379

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A


「アバター 2」の驚きの興行記録は、上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のメーガンをタップしてください…!!

「メーガン」の封切り成績についても、上 ↑ の🚩文字のリンク、または上 ↑ のポスターをタップです…!!

第2位 (初) 「メーガン」(1,200万ドル)

$30,200,000−(3,509館/$8,606)−$30,200,000

RT の評論家の支持率 94 % / Metacritic スコア 72 / 出口調査の CinemaScore B



$13,120,000−(3,919館/$3,348)−$87,706,000

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A


昨2022年末の12月30日の金曜日に、ニューヨークとロサンゼルスの東西2大都市あわせて計4館だけの限定公開で…、


$4,200,000−(637館/$6,593)−$4,285,000


RT の評論家の支持率 68 % / Metacritic スコア 52 / 出口調査の CinemaScore ?

名優トム・ハンクスを主演に起用して、北欧スウェーデン発の傑作映画(2015年)をリメイクしたハリウッド版「幸せなひとりぼっち」の「オットーと呼ばれた男」を先行封切りしたソニピが…、


上映規模を拡大したことで、第4位に浮上してきましたが、拡大と言っても、まだ全米公開とは言えない637館の控えめなスクリーン数だけに、1館あたり平均売り上げとしては約6,593ドルを稼いでいるマーク・フォースター監督の感動作は、ひとつ上の第3位のアニメ「長ぐつをはいたネコ」よりも、映画館の座席を埋めていることになります…!!


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のトム・ハンクスをタップしてください…!!



$3,398,000−(2,255館/$1,507)−$445,437,616

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore A

「ブラック・パンサー 2」は、いよいよ来月の2月1日の水曜日に Disny+ 配信スタートです!!、D+ 会員のマーベル・ファンの方はお楽しみに…!!


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

'M3GAN' Topped the Friday and Over-performed at Weekend Box Office 💰


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のヴァイオレットちゃんをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 December 30, 2022 - January 1, 2023 : 2022年12月30日~2023年1月1日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (1) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$63,444,000−(4,202館/$15,099)−$421,561,914

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ の写真をタップしてください…!!



$16,250,000−(4,121館/$3,943)−$60,657,330

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A



$4,830,000−(2,310館/$2,091)−$437,975,653

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore A

第4位のソニピの年末年始の勝負作の音楽伝記映画も第5位のパラマウント映画の年末年始の勝負作も共に魅力を欠いて、観客の関心を集められなかったせいか、先週は第6位だった公開8週めの…


マーベルのコミックヒーロー映画「ブラック・パンサー 2」が、前述の2作品よりもスクリーンの数が、1,000館以上も少ない…というのに第3位に急浮上して、トップ 3 に返り咲いています…!!



$4,250,000−(3,625館/$1,172)−$14,870,000

RT の評論家の支持率 46 % / Metacritic スコア 55 / 出口調査の CinemaScore A


第5位 (4) 「バビロン」(1億1,000万ドル)

$2,730,000−(3,351館/$815)−$10,139,000

RT の評論家の支持率 55 % / Metacritic スコア 59 / 出口調査の CinemaScore C+


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

'Avatar: The Way of Water' Tops 'Top Gun: Maverick' at Foreign Box Office 💰


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のポスターをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Top Grossing Movies of All Time 1976 - 2022 💰 1976年から2022年までの過去の約46年間の大ヒット映画の成績順の移り変わりが一目瞭然のインフォグラフィックのビデオ ! !


マーベル・シネマティック・ユニバースのヒーロー映画だけに限った興行成績の順位の移り変わりのビデオを、クリスマス・イヴイヴに紹介させて頂いた…


データおたくを自称するアメリカの博士課程の学生 Data Is Beautiful さんが、そのマーベル作品も含めた過去の約46年間の大ヒット映画の興行成績の順位の移り変わりを更新してくれました!!


1972年公開のフランシス・フォード・コッポラ監督の映画史上の名作「ザ・ゴッドファーザー」が第1位の1976年のランキングからスタートするインフォグラフィックは、2022年まで…とのことですが、今のところ、世界総額の成績において、2022年最大ヒット作の第1位の「トップガン 2」の「マーベリック」が稼いだ金額は約14億8,873万ドルですから…、


お金の価値の変化のインフレ率を考慮して、過去の成績の数字が現在の価値に置きかえられているランキングでは上位に入ることができず、2022年公開映画のタイトルは皆無となっています…。

ただし、史上最大ヒット作のジェームズ・キャメロン監督の「アバター」(2009年)の続編「ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」は世界最大の映画市場の中国を含めた各国で現在、猛烈に大ヒット中ですから、これから追い上げる可能性は存分にありそうですね…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。