Weekend Box Office 💰 November 17 - 19, 2023 : 11月17日~19日の全米映画ボックスオフィスTOP5


ディズニーが公表した「ザ・マーベルズ」の 2週めの成績と、ソニピが公表した「サンクスギビング」の封切り成績とが、まったく同じ金額ですから、例外的に同じ順位に位置づけています…!!

*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

封切り興行の観客の全体の約4割を占める女性たちのうち、25歳以下の若い女性たちの全員に近いとすら言えそうな約9割以上が満足の絶賛!!、そして、観客全体のおよそ半数を占める18歳から24歳の若年層の約9割が満足の絶賛!!と、つまり、ジェンが主演した旧シリーズと同様に…

新しいヒロイン、ルーシー役のレイチェル・ゼグラーちゃん現在22歳と同世代の若い女性たちから強い共感の支持を集めることには成功した!!と言えそうな「ザ・ハンガー・ゲームズ」シリーズ復活のプリクエール「ザ・バラッド・オブ・ソングバーズ・アンド・スネークス」を全米公開した配給のライオンズゲートが公表した封切り成績は約4,400万ドルでした…!!


$44,000,000−(3,776館/$11,653)−$44,000,000


RT の評論家の支持率 61 % / Metacritic スコア 53 / 出口調査の CinemaScore B+

故深作欣二監督の「バトル・ロワイアル」(2000å¹´)が元ネタ!!と、北米のジャーナリストから指摘された「ザ・ハンガー・ゲームズ」の旧シリーズ全4作品の封切り成績は…

2」(2013å¹´)1億5,807万ドル(4,163館)
1」(2012å¹´)1億5,254万ドル(4,137館)
3」(2014å¹´)1億2,190万ドル(4,151館)
4」(2015å¹´)1億267万ドル(4,175館)


…でしたから、過去の実績と比べると「スズメとヘビのバラッド」の封切り成績=約4,400万ドルは、果たして、シリーズ復活に成功したの?!と、やや疑問視されそうですが、ライオンズゲートは海外市場に配給権などを販売した売り上げで、製作費の約1億3,000万ドルの半分ぐらいの金額を賄っているのに加えて、ドイツのベルリンをロケ地にすることで、現地政府から多額の税の控除を受ける恩恵にあやかっていますから、実際に同社が投資した製作費は封切り成績に近い5,000万ドル程度では…?!と仮りに試算すると…、

世界総額の封切り成績が、1億ドル目前の約9,850万ドルに達している「ハンガー・ゲームズ 5」は、前述のように若者たち特に女性にウケている口コミの恩恵にもあやかって、動員を持続できるかもしれませんから、そもそも同性の女子からの支持が厚い歌姫のレイチェル・ゼグラーちゃんとしては、今春の「シャザム 2」の不発を巻き返して、この「ザ・ハンガー・ゲームズ」のプリクエール・シリーズは続くかもしれませんね…!!



$30,600,000−(3,870館/$7,907)−$31,770,000

RT の評論家の支持率 60 % / Metacritic スコア 53 / 出口調査の CinemaScore A

約7年前の2016年に公開された第1作め「トロールズ」の封切り成績は約4,658万ドル(4,060館)の大ヒット!!だったのに、第2作め「トロールズ・ワールド・ツアー」(2020å¹´)は不運にもコロナ禍のパンデミックに直面し、映画館が閉鎖されていたことから、ドライブイン・シアターを利用して、小規模に上映されただけだったので、国内の興行成績の総額はたったの約45万ドル…


…だけだったアナ・ケンドリックとジャスティン・ティンバーレイクが声の主演をつとめるドリームワークス・アニメの人気シリーズ第3作め「トロールズ・バンド・トゥギャザー」を全米公開したユニバーサル映画が公表した封切り成績は約3,060万ドルでした…!!


前2作から続けて、ウォルト・ドーン監督が連投した第3作めの封切り成績は第1作めと比べると、やや見劣りする感じですが、出口調査では観客の9割近くが満足をし、12歳以下の児童に限れば、ほぼ全員に近い約95%が満足!!の好評の「トロールズ・バンド・トゥギャザー」は…、

先行して先月10月中から封切られた諸外国の売り上げを足した世界総額の成績が約1億812万ドルに達していますから、製作費の約9,500万ドルをどうにか回収して、さらに次の第4作めへと進むことができるのかも…?!


第3位 (1) 「ザ・マーベルズ」(2億7,480万ドル)

$10,200,000−(4,030館/$2,531)−$65,024,806

RT の評論家の支持率 62 % / Metacritic スコア 50 / 出口調査の CinemaScore B

「ザ・マーベルズ」をコテンパンにけなし、悪口を罵ってるソーシャル・メディアの女嫌いの別の意味での “ X メン ” や、YouTuber たちは本当に映画館に出かけて、映画を観たの…??と…

マーベル作品にしては、あまりにもコキおろされている絶不評ゆえに、いったい、どれだけ失敗作なのか…?!を、自分の目で確認したいと思ったから映画館に出かけてみた!!という人たちからの「ふつうに面白かったよ…!!」「どうして、そんなにけなすのか、わからない…」「むしろ、いい映画だと思った!!」「イマン、ウケる!!」などのお薦めの声と同時に絶不評を疑問に思う声も徐々に増えている「ザ・マーベルズ」の興行成績について…、


好評の「ミズ・マーベル」の新刊に続けて、次は「デッドプール」の新作コミックの執筆を希望してるマーベル・コミックスのコミック作家のイマンちゃん先生とは本人関係だけに、もしかして、時空を超えることのできるミズ・マーベルが「デッドプール 3」(2024年夏7月26日全米公開)にも登場するの…?!とファンが勝手に期待をしたくなってしまうイマンちゃんは…

わたしは自分の意思でどうにか出来ないことにとらわれたって、仕方がないと思うの。そんなこと気にして、何になるの?!、わたしじゃなくて、ボブ・アイガーさんが考えればいいことだもの。わたしは完成した映画に満足してるし、わたしが大切に思う周囲の人たちも満足してくれた!!、だから、この映画をみんなと一緒にわかちあえることが、わたしはうれしいの!!


…とのことで、シンガポールの Yahoo の取材に応じたイマンちゃんの発言に対して、マーベルとは無関係に映画ファンが共感し、そうだよ、イマンの言う通りだよ、興行成績なんて、まぁ、そんなもんだ、こだわったっても仕方がない、映画そのものの価値とは直接の関係はないからさ…と賛同しまくり、イマンちゃん人気が上昇中の「ザ・マーベルズ」の公開2週めの集客減は…、

イマンちゃんのカマラと出会ったら、きっと愉快なことになりそうな二代目のブラック・ウィドウのエレーナ=フローレンス・ピューが初登場した「ブラック・ウィドウ」(2021å¹´)が、コロナ禍のパンデミック禍中に記録した約−67.8%、キャスリン・ニュートンのアントガール、またはジャイアントガールが初登場した今春の「アントマン 3」の「クォンタメニア」の約−70%などを大きく下まわってしまったワースト新記録の約−78%ですから、それについてはディズニー赤字なのに、時給 100万円ぐらいの巨額の報酬を受けとっている事実に、ディズニー・ファンがドン引きして、ディズニーにお金を払いたくない!!の不満も関係しているのか…?!、私のせいなのか?!と、ディズニー CEO のボブ・アイガー氏が考えればいいですね…!!


第3位 (初) 「サンクスギビング」(1,500万ドル)

$10,200,000−(3,204館/$3,184)−$10,200,000

RT の評論家の支持率 83 % / Metacritic スコア 63 / 出口調査の CinemaScore B-

テレビシリーズ「ザ・ヴァンパイア・ダイアリーズ」で知られた素敵なニーナ・ドブレフが製作総指揮だったことも話題になったサメをテーマにした動物ドキュメンタリー「フィン」(2021å¹´)が高評価され、映画の格付けサイト Rotten Tomatoes のジャーナリストの支持率が 82%だった…

イーライ・ロス監督が、お得意とするホラー映画のジャンルに舞い戻った「サンクスギビング」の支持率は 83%!!、つまり、同監督史上最も高い評価をされたことで、新たな代表作になりそうなスラッシャー映画の傑作を配給したソニピが公表した封切り成績は約1,020万ドルでした…!!


「サンクスギビング」の予告編は過激な描写が含まれているため、CIA の記事上では紹介ができないので、ドッキリのお笑いの宣伝ビデオをご覧ください。


もう約16年も昔の2007年に公開されたロバート・ロドリゲス監督+クエンティン・タランティーノ監督の「デス・プルーフ」のために作った同名の実際は存在しないフェイク映画の予告編をもとにした「サンクスギビング」は、スラッシャー映画のファンを満足させるに足る、ちょっと懐かしい雰囲気のスラッシャー映画らしいスラッシャー映画として、観客の約7割が好評の出口調査の結果となっていますし、安い製作費の約1,500万ドルは確実に回収されるでしょうから…、

「ハロウィン」シリーズのように、秋のホラー・シーズンには必ず観られるホラー映画のひとつに位置づけられるようなシリーズ化へと発展するかもしれませんね…!!

「ザ・マーベルズ」と「サンクスギビング」が、どっちも第3位なので、第4位はなくて…


$3,500,000−(2,829館/$1,237)−$132,612,000

RT の評論家の支持率 26 % / Metacritic スコア 33 / 出口調査の CinemaScore A-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

from timeline

🧡 Pretty Girls 🍒 yana_gaidukevich

🧡 Pretty Girls 🍒 milanapaulinka

Weekend Box Office 💰 December 1 - 3, 2023 : 12月1日~3日の全米映画ボックスオフィスTOP5

🧡 Pretty Girls 🍒 emilia.poliakova

🧡 Pretty Girls 🍒 susanneregina_model

Trailer for Todd Haynes's Awards Season Contender 'May December' starring Julianne Moore, Natalie Portman ■ 8歳の時から目をつけていた教え子の12歳の子どもの子どもを産み、ハレンチ女教師と罵られて、刑務所送りになった当時34歳のメアリー・ケイ・ルトーノーの事件を元ネタにして、ジュリアン・ムーアとナタリー・ポートマンが共演したスキャンダラスな問題作「メイ・ディセンバー」の予告編 ! !

🧡 Pretty Girls 🍒 yana_gaidukevich