Posts

Showing posts with the label Iman Vellani

Billy's footnotes 💬


新年2024年のお正月にリリースされるのでは…?!と期待されている…

現代版「炎の少女チャーリー」の「ファイアースターター」(2022年)が話題になった炎の美少女ライアン・キエラ・アームストロングちゃん 現在13歳が活躍をする「スター・ウォーズ」のキッズ向けの実写ドラマの配信シリーズ「スケルトン・クルー」(全8話)の宣伝活動にあわせて…、

イマンちゃん主演の「ミズ・マーベル」(2022年)がマーベル最高傑作だから起用されたシャルミーン・オベイド=チノイ監督の「スター・ウォーズ」の劇場公開映画の新作「ニュー・ジェダイ・オーダー(仮)」の情報が近日に伝えられるのでは?!の未確認情報が言われていますから、もしかするとレイ役に復帰するデイジー以外の出演者が明らかになるのかも…?!


イマンちゃんが大活躍の「ザ・マーベルズ」(全米公開中)のネタバレを含めた良くない話題は、CIA の ThreadsB 面に書いたので、読みたい方だけが、下↓のカマラとダグの写真をタップしてください…。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


今年2023年も残すところ、もうあと約35日ぐらいですが、これまでに全米公開された製作費が巨額の2億ドル超えの超々大作のうち、映画館の興行の売り上げだけで、その巨額を回収して、黒字になりそうな真の大ヒット作は…

DC スタジオのジェームズ・ガン社長がメガホンをとり、世界総額の興行成績が約8億4,547万ドルにまで達したマーベルの「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」シリーズの完結編「Vol.3」のたったの1本だけになりそう…

…というのが指摘されて、話題になっています。となれば、コミックヒーロー映画が以前ほどにはヒットしないことから、観客が飽きてしまったとする「ヒーロー疲れ」が、ちまたで盛んに言われていますが、実際のところはヒーローもの以外のブロックバスター映画もヒットしなくなっているわけですから、物価の急激な高騰などの経済状況を受けて、人びとが生活防衛のため、節約に努める傾向が強まったことで、映画館に出かけての鑑賞は控えられてきたのかも…😔


誰もそんな話をぼくにしてないけどね。まぁ、絶対にないとは絶対には言えないんだけど、ぼくは大切にしたいんだ。だって、ぼくにとってはとても尊い役なんだ。だから、それは筋の通ったものでないといけない。

…とのことで、あらためて最近しきりにウワサされ始めたマーベル・シネマティック・ユニバースへの復帰について、マーベルとはディズニー傘下の姉妹会社にあたる ABC TV の「ザ・ビュー」にゲスト出演し、質問を受けたキャプテン・アメリカのクリスが、以上のように答えました…!!


イマンちゃん第2弾の「ザ・マーベルズ」の映画のイメージを決定づけていくための元絵のコンセプト・アートの創作を託されたアーティストのリシン・インさんが披露してくれた作品です!!

映画のネタバレをできるだけ避けるため、シーンの詳細は省いて、カンタンに書きますが、宇宙に開いた別の並行世界に通じる穴をふさぐ重責は、そもそもはイマンちゃんのミズ・マーベルの役割だったらしい当初の構想が、フォトンつまりモニカ(セヨナ・パリス)とキャプテン・マーベルのキャロル(ブリー・ラーソン)が、それぞれの光のパワーを宇宙服を着たカマラのバングルに集中させている様子から明らかになっています…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


イマンちゃん大活躍の「ザ・マーベルズ」は、11月10日の封切りから間もなく、約2週間が過ぎようとしていますから、いまの感謝祭 🦃 のサンクスギビングの連休が明けた来週あたりから…


必要に応じて、ネタバレも書くかもしれませんので、もしも、まだ観ていない人がいたなら、この週末のうちに映画館にお出かけください…!!、よろしく、お願いします…!!


初回の放送は1993年でしたから、もう約30年も続いているので、アメリカ人の多くが観続けている実績からすると、パラマウント映画とは同じ企業グループに属する姉妹会社にあたる CBS テレビを代表する…どころか、アメリカのテレビ界を代表する人気の長寿番組のひとつ、つまり、アメリカの国民的番組のひとつと言えそうなスティーヴン・コルベア司会の「ザ・レイト・ショー」は…

約100万アカウントものフォロワーをもつ X 社の公式アプリ(旧称 Twitter)の更新が、先週末からストップしていましたが、どうやら同アプリの利用は休止したらしいことが、番組のソーシャル・メディアのリストのうち以前は「X」のところが、「Threads」に変わってしまった…!!

…ことで明らかになり、話題になっていますから、アメリカの映画やテレビのショービズに興味のある人は否が応でも、この感謝祭のサンクスギビングの連休のうちに「Threads」始めないと…!!の状況になってきましたので、お気をつけください…!!



🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


大阪ご出身の Hikari 監督(Netflix のスティーヴン・ユァン主演「Beef」など)の企画を、ディズニー・サーチライトが映画化する「レンタル・ファミリー」に、「ザ・ホウェイル」(2022年)のブレンダン・フレイザーの主演が決定!!

東京を舞台にして、もちろん Hikari 監督がメガホンをとり、来春クランクイン予定の「レンタル・ファミリー」は、ブレンダン・フレイザーが演じる落ち目の役者が、レンタル・ファミリーの仕事として、日本社会の赤の他人の人生にまぎれ込み、“ アメリカ人の男性 ” を演じていく経験を通して、自分を再発見する自分探しの物語だそうです(via Deadline)。

レンタル・ファミリーって何ですか…?!という方は、名匠ヴェルナー・ヘルツォーク監督が同じテーマを取り扱った「ファミリー・ロマンス, LLC」の予告編の紹介記事をご覧ください…!!



モダンホラーの帝王スティーヴン・キングが、イマンちゃん大活躍の「ザ・マーベルズ」に関する大手を含めたマスコミの記事とソーシャル・メディアの投稿には、差別的な偏りが見られるとし、不愉快に思っていると苦言を呈した話題を先週のはじめにお伝えしましたが、そのあとを追って…

映画鑑賞券ネット販売の大手 Fandango の寄稿者であり、コミックヒーロー映画の取材記事で知られる映画ジャーナリストのエリック・デイヴィスが、やはり同様の不快感を述べていたことの波紋が拡がり、マーベル・ファンをはじめ映画ファンのあいだで、「ザ・マーベルズ」へのマスコミとソーシャル・メディア=主に X 社の公式アプリ(旧称 Twitter)の取り扱いに関して、疑問と不満の声があがっています…。ただし、その疑問と不満の拡大にともない…、

試しに実際に映画を観たが、自分は面白い映画だと思った!!や、イマンおもしろカワイイ!!という好意的なお薦めの声が増えているのが、せめてもの救いとなっています…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 November 17 - 19, 2023 : 11月17日~19日の全米映画ボックスオフィスTOP5


ディズニーが公表した「ザ・マーベルズ」の 2週めの成績と、ソニピが公表した「サンクスギビング」の封切り成績とが、まったく同じ金額ですから、例外的に同じ順位に位置づけています…!!

*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

封切り興行の観客の全体の約4割を占める女性たちのうち、25歳以下の若い女性たちの全員に近いとすら言えそうな約9割以上が満足の絶賛!!、そして、観客全体のおよそ半数を占める18歳から24歳の若年層の約9割が満足の絶賛!!と、つまり、ジェンが主演した旧シリーズと同様に…

新しいヒロイン、ルーシー役のレイチェル・ゼグラーちゃん現在22歳と同世代の若い女性たちから強い共感の支持を集めることには成功した!!と言えそうな「ザ・ハンガー・ゲームズ」シリーズ復活のプリクエール「ザ・バラッド・オブ・ソングバーズ・アンド・スネークス」を全米公開した配給のライオンズゲートが公表した封切り成績は約4,400万ドルでした…!!


$44,000,000−(3,776館/$11,653)−$44,000,000


RT の評論家の支持率 61 % / Metacritic スコア 53 / 出口調査の CinemaScore B+

故深作欣二監督の「バトル・ロワイアル」(2000年)が元ネタ!!と、北米のジャーナリストから指摘された「ザ・ハンガー・ゲームズ」の旧シリーズ全4作品の封切り成績は…

2」(2013年)1億5,807万ドル(4,163館)
1」(2012年)1億5,254万ドル(4,137館)
3」(2014年)1億2,190万ドル(4,151館)
4」(2015年)1億267万ドル(4,175館)


…でしたから、過去の実績と比べると「スズメとヘビのバラッド」の封切り成績=約4,400万ドルは、果たして、シリーズ復活に成功したの?!と、やや疑問視されそうですが、ライオンズゲートは海外市場に配給権などを販売した売り上げで、製作費の約1億3,000万ドルの半分ぐらいの金額を賄っているのに加えて、ドイツのベルリンをロケ地にすることで、現地政府から多額の税の控除を受ける恩恵にあやかっていますから、実際に同社が投資した製作費は封切り成績に近い5,000万ドル程度では…?!と仮りに試算すると…、

世界総額の封切り成績が、1億ドル目前の約9,850万ドルに達している「ハンガー・ゲームズ 5」は、前述のように若者たち特に女性にウケている口コミの恩恵にもあやかって、動員を持続できるかもしれませんから、そもそも同性の女子からの支持が厚い歌姫のレイチェル・ゼグラーちゃんとしては、今春の「シャザム 2」の不発を巻き返して、この「ザ・ハンガー・ゲームズ」のプリクエール・シリーズは続くかもしれませんね…!!


第2位 (初) 「トロールズ・バンド・トゥギャザー」(9,500万ドル)

$30,600,000−(3,870館/$7,907)−$31,770,000

RT の評論家の支持率 60 % / Metacritic スコア 53 / 出口調査の CinemaScore A

約7年前の2016年に公開された第1作め「トロールズ」の封切り成績は約4,658万ドル(4,060館)の大ヒット!!だったのに、第2作め「トロールズ・ワールド・ツアー」(2020年)は不運にもコロナ禍のパンデミックに直面し、映画館が閉鎖されていたことから、ドライブイン・シアターを利用して、小規模に上映されただけだったので、国内の興行成績の総額はたったの約45万ドル…


…だけだったアナ・ケンドリックとジャスティン・ティンバーレイクが声の主演をつとめるドリームワークス・アニメの人気シリーズ第3作め「トロールズ・バンド・トゥギャザー」を全米公開したユニバーサル映画が公表した封切り成績は約3,060万ドルでした…!!


前2作から続けて、ウォルト・ドーン監督が連投した第3作めの封切り成績は第1作めと比べると、やや見劣りする感じですが、出口調査では観客の9割近くが満足をし、12歳以下の児童に限れば、ほぼ全員に近い約95%が満足!!の好評の「トロールズ・バンド・トゥギャザー」は…、

先行して先月10月中から封切られた諸外国の売り上げを足した世界総額の成績が約1億812万ドルに達していますから、製作費の約9,500万ドルをどうにか回収して、さらに次の第4作めへと進むことができるのかも…?!


第3位 (1) 「ザ・マーベルズ」(2億7,480万ドル)

$10,200,000−(4,030館/$2,531)−$65,024,806

RT の評論家の支持率 62 % / Metacritic スコア 50 / 出口調査の CinemaScore B

「ザ・マーベルズ」をコテンパンにけなし、悪口を罵ってるソーシャル・メディアの女嫌いの別の意味での “ X メン ” や、YouTuber たちは本当に映画館に出かけて、映画を観たの…??と…

マーベル作品にしては、あまりにもコキおろされている絶不評ゆえに、いったい、どれだけ失敗作なのか…?!を、自分の目で確認したいと思ったから映画館に出かけてみた!!という人たちからの「ふつうに面白かったよ…!!」「どうして、そんなにけなすのか、わからない…」「むしろ、いい映画だと思った!!」「イマン、ウケる!!」などのお薦めの声と同時に絶不評を疑問に思う声も徐々に増えている「ザ・マーベルズ」の興行成績について…、


好評の「ミズ・マーベル」の新刊に続けて、次は「デッドプール」の新作コミックの執筆を希望してるマーベル・コミックスのコミック作家のイマンちゃん先生とは本人関係だけに、もしかして、時空を超えることのできるミズ・マーベル「デッドプール 3」(2024年夏7月26日全米公開)にも登場するの…?!とファンが勝手に期待をしたくなってしまうイマンちゃんは…

わたしは自分の意思でどうにか出来ないことにとらわれたって、仕方がないと思うの。そんなこと気にして、何になるの?!、わたしじゃなくて、ボブ・アイガーさんが考えればいいことだもの。わたしは完成した映画に満足してるし、わたしが大切に思う周囲の人たちも満足してくれた!!、だから、この映画をみんなと一緒にわかちあえることが、わたしはうれしいの!!


…とのことで、シンガポールの Yahoo の取材に応じたイマンちゃんの発言に対して、マーベルとは無関係に映画ファンが共感し、そうだよ、イマンの言う通りだよ、興行成績なんて、まぁ、そんなもんだ、こだわったっても仕方がない、映画そのものの価値とは直接の関係はないからさ…と賛同しまくり、イマンちゃん人気が上昇中の「ザ・マーベルズ」の公開2週めの集客減は…、

イマンちゃんのカマラと出会ったら、きっと愉快なことになりそうな二代目のブラック・ウィドウのエレーナ=フローレンス・ピューが初登場した「ブラック・ウィドウ」(2021年)が、コロナ禍のパンデミック禍中に記録した約−67.8%、キャスリン・ニュートンのアントガール、またはジャイアントガールが初登場した今春の「アントマン 3」の「クォンタメニア」の約−70%などを大きく下まわってしまったワースト新記録の約−78%ですから、それについてはディズニー赤字なのに、時給 100万円ぐらいの巨額の報酬を受けとっている事実に、ディズニー・ファンがドン引きして、ディズニーにお金を払いたくない!!の不満も関係しているのか…?!、私のせいなのか?!と、ディズニー CEO のボブ・アイガー氏が考えればいいですね…!!


第3位 (初) 「サンクスギビング」(1,500万ドル)

$10,200,000−(3,204館/$3,184)−$10,200,000

RT の評論家の支持率 83 % / Metacritic スコア 63 / 出口調査の CinemaScore B-

テレビシリーズ「ザ・ヴァンパイア・ダイアリーズ」で知られた素敵なニーナ・ドブレフが製作総指揮だったことも話題になったサメをテーマにした動物ドキュメンタリー「フィン」(2021年)が高評価され、映画の格付けサイト Rotten Tomatoes のジャーナリストの支持率が 82%だった…

イーライ・ロス監督が、お得意とするホラー映画のジャンルに舞い戻った「サンクスギビング」の支持率は 83%!!、つまり、同監督史上最も高い評価をされたことで、新たな代表作になりそうなスラッシャー映画の傑作を配給したソニピが公表した封切り成績は約1,020万ドルでした…!!


「サンクスギビング」の予告編は過激な描写が含まれているため、CIA の記事上では紹介ができないので、ドッキリのお笑いの宣伝ビデオをご覧ください。


もう約16年も昔の2007年に公開されたロバート・ロドリゲス監督+クエンティン・タランティーノ監督の「デス・プルーフ」のために作った同名の実際は存在しないフェイク映画の予告編をもとにした「サンクスギビング」は、スラッシャー映画のファンを満足させるに足る、ちょっと懐かしい雰囲気のスラッシャー映画らしいスラッシャー映画として、観客の約7割が好評の出口調査の結果となっていますし、安い製作費の約1,500万ドルは確実に回収されるでしょうから…、

「ハロウィン」シリーズのように、秋のホラー・シーズンには必ず観られるホラー映画のひとつに位置づけられるようなシリーズ化へと発展するかもしれませんね…!!

「ザ・マーベルズ」と「サンクスギビング」が、どっちも第3位なので、第4位はなくて…


$3,500,000−(2,829館/$1,237)−$132,612,000

RT の評論家の支持率 26 % / Metacritic スコア 33 / 出口調査の CinemaScore A-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


ネタバレになるため、なんの神さま?!というのは、あえて書きませんが…、

「ロキ」のシーズン 2 が、ついに先週末に最終回を迎えて、これまでとは違う神のコスチュームに身を包んだトムさんが登場した最終版のポスターがリリースされました…!!


モダンホラーの帝王のスティーヴン・キングが、マーベル・シネマティック・ユニバースについて言及するのは大変に珍しいことですが、「ザ・マーベルズ」をサポートしてくれました…!!

マーベルのヒーロー映画は観てないし、興味もないが、それでも「ザ・マーベルズ」の封切り成績が低調だったことをほくそ笑んでるかのように見受けられるのは極めて不愉快だ!!、どうして、不発が愉快なのか?!、女どもウザい、引っ込んでろ!!みたいな思春期のオタク小僧の女子への妬みだろ!!

…とのことで、ソーシャル・メディアの女性差別のオタク小僧どころか、大手を含めたマスコミの「ザ・マーベルズ」の封切り成績へのリアクションが表面は残念を装いながらも、大ヒットつまり大儲けを続けてきたマーベルが赤字を出しそうなことに対し、ざまーみろ!!とそれとなく他人の失敗をよろこんでいるかのような妬みの本音が見え隠れや…、

女優でもタレントでもなく、ただのマーベルおたくのフツーの女子高生だったのが、いきなりマーベルを代表する顔になったミズ・マーベルのカマラ、イマンちゃんの才能を素直に認めない妬みのいやらしさを、ズバリ言ってくれました…!!


X 社の公式アプリ(旧称 Twitter)上と Variety では、初代のブラック・ウィドウが再び登場!!のマーベル・ユニバースへの復帰が決まったかのように言われていることについて…(TODAYshow

ゾンビとして?、それともヴァンパイア?!、はぁ?!、だから?!、あ、そう…って感じよね。

…と、あしらわれてしまいました!!、次にブラック・ウィドウが活躍するのは、今のところ全米公開が再来年の2025年夏になりそうなマーベル版「スーサイド・スクワッド」のアンチ・ヒーロー大集合映画「サンダーボルツ」の予定です!!、ブラック・ウィドウはもちろん、フローレンス・ピューです…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 November 10 - 12, 2023 : 11月10日~12日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (初) 「ザ・マーベルズ」(2億7,480万ドル)

$47,000,000−(4,030館/$11,663)−$47,000,000

RT の評論家の支持率 62 % / Metacritic スコア 50 / 出口調査の CinemaScore B




イマンちゃん初の劇場公開映画なのに沈没…の残念すぎる「ザ・マーベルズ」のよくない意味での記録破りの封切り成績については、上 ↑ の 🔗 文字のリンク、または下 ↓ のアジアの微笑みの国タイのアーティスト、トゥチャポン・シンハベジャサクンさんが、現地で今月11月の23日(月)に催される水の祭りのロイクラトンをテーマにして描いてくれた公式のファン・アートのポスターをタップしてください…!!



$9,000,000−(3,694館/$2,436)−$127,205,000

RT の評論家の支持率 26 % / Metacritic スコア 33 / 出口調査の CinemaScore A-



$5,900,000−(2,848館/$2,072)−$172,546,901

RT の評論家の支持率 100 % / Metacritic スコア 84 / 出口調査の CinemaScore A+


第4位 (4) 「プリシラ」(2,000万ドル)

$4,792,678−(2,361館/$2,030)−$12,728,840

RT の評論家の支持率 86 % / Metacritic スコア 77 / 出口調査の CinemaScore --

ケイリー・スペニーちゃん(「エイリアン」の主演作「ロミュラス(仮)」来年2024年夏全米公開)が主演の「プリシラ」は、配給の A24 が先週の全米拡大公開に続けて、この週末もさらに 1,002館ものスクリーンの数を追加したことで、先週と同じ第4位をキープです…!!、公開3週めの現在の国内の売り上げ…


…の総額は約1,273万ドルですから、ソフィア・コッポラ監督の作品としては、リメイク版「白い肌の異常な夜」の「ザ・ビガイルド」(2017年)の同成績=約1,058万ドルを超えて、「マリー・アントワネット」(2006年)の約1,596万ドルに迫ろうとしていますが、スカーレット・ジョハンソンが主演した「ロスト・イン・トランスレーション」が記録した同監督の最大ヒット=約4,459万ドルには及ばないでしょうから、同監督史上2番めのヒット作の位置に着くことになるのでは…?!


第5位 (3) 「花殺し月の殺人」(2億ドル)

$4,650,000−(3,357館/$1,385)−$59,937,000

RT の評論家の支持率 92 % / Metacritic スコア 89 / 出口調査の CinemaScore A-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

'The Marvels' Bombs at the Lowest Opening Weekend Ever for the MCU 💰


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のイマンちゃんをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


この週末は、イマンちゃん初の劇場公開映画の「ミズ・マーベル」の最新作「ザ・マーベルズ」の封切りと、イマンちゃんとも仲よしのトムさん主演のマーベル配信シリーズ「ロキ」のシーズン 2 の最終回のリリースとが重なり、マーベル・ファンは大忙し!!だけではなく、どちらもビックリ仰天?!だけに、 やや混乱かもしれませんが…、

CIA は新作映画のネタバレは、それ相応の時期が来るまでは絶対に書きませんし、場合によっては独自のネタバレ解禁日を事前告知しています。なので、ネタバレではありませんが、イマンちゃんが大活躍の「ザ・マーベルズ」を早速、映画館で観てきたよ!!という方の中に、もしかすると、えッ?!と思われた人もいるかも…?!

…ですが、イマンちゃんのカマラ、つまりミズ・マーベルは「X-Men」のミュータントですから、光のパワー ⚡ は彼女自身が発しているものであって、そのための装置として、手首のバングルは別に必要ではありません。詳しくは下 ↓ のリンク先の現在はマーベル・コミックスの X-Men 化した「ミズ・マーベル」の原作者としてご活躍のコミック作家のイマンちゃん先生のお話を参照してください!! 😇



そして、これもネタバレではありませんが、マーベルが現在進行中のマルティバース・サーガには絶望的な設定があると考えられます…。

例えば、「ノー・ウェイ・ホーム」(2021年)では、トム・ホランドのスパイダーマンが、別の並行世界から来た先輩スパイダーマンたちに助けられましたが、並行世界の時間軸の支配者のカンが、先輩スパイダーマンたちのいる時間軸を剪定してしまえば、そもそもアンドリューとトビーの別のスパイダーマンは存在しないことになってしまいます…。

…となれば、ある時間軸の世界そのものを抹消できるカンを相手に、どうあがいても勝ち目はありませんから、「時間軸の剪定を誰かが防ぐ」と同時に「カンのシナリオに沿った時の流れ」を阻止する…言いかえると時間軸上の人物が、カンにコントロールされることなく、それぞれの「自由な意思で行動できなければ、そもそもカンと戦うことができない」

…といった絶望的な設定を念頭においておけば、ちょっとわかりやすくなるかもしれませんね。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Disney 'Officially' confirmed 'The Marvels' feature Themes from 'X-Men' Movies 💫 イマンちゃんデビュー作「ミズ・マーベル」に続けて、イマンちゃん第2弾の「ザ・マーベルズ」も「X-Men」の音楽を使用したことが公式にほのめかされた ! !


マーベル・シネマティック・ユニバースでは最初の「X-Men」のミュータントにあたるミズ・マーベルのイマンちゃんは、そのカマラが X-Men 化した「ミズ・マーベル」のコミックの新刊の原作者のイマンちゃん先生でもありますから…、

イマンちゃん出演作は、すなわち「X-Men」なのでは?!と思っている方には大きなサプライズではないかもしれませんが、今週末の11月10日全米公開のイマンちゃん最新作「ザ・マーベルズ」が、ともにジョン・オットマンが作曲した「X-Men」旧シリーズの第2作め(2003年)と、「X-Men」版の「アベンジャーズ」と言われた大ヒット作「デイズ・オブ・フューチャー・パスト」(2014年)の映画音楽を再使用したサウンドトラックの構成を、製作・配給のディズニーがプレス発表ですから、もちろん「公式」に明らかにしました…!!


シネマティック・ユニバースの最高傑作に位置づけられたイマンちゃんデビュー作の配信シリーズ「ミズ・マーベル」(2022年)に続けて、イマンちゃん第2弾の「ザ・マーベルズ」でも「X-Men」の音楽が使用されたらしいことが、どういう意味を持つのか…?!は、ご想像にお任せしますが、ディズニー・マーベルの次の劇場公開映画として、来年2024年5月3日全米公開が予定されていた「X-Men」復活にあたる「ウルヴァリン」の最新作「デッドプール 3」は無関係ではないかもしれません…?!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


映画館チェーン大手の AMC は、ブリーのキャロル、つまりキャプテン・マーベルを当然のようにセンターに配置しましたが、足元の宇宙ネコたち、つまりフラーケンの位置を左右対称にする…

バランスも含めて、できれば、キャロルは左端にして、イマンちゃんのカマラ、つまりミズ・マーベルをこそ真ん中にしてほしかったスタンディーがお目見えした、マーベル・ファンの注目の中心はミズ・マーベル!!のマーベルの最新作「ザ・マーベルズ」は来月11月10日から全米公開!!


え?!、今年2023年秋のマーベル特番のハロウィン・スペシャルは、昨2022年秋のマーベル特番のハロウィン・スペシャルだった約53分間の白黒映画「ウィアウルフ・バイ・ナイト」を総天然色のカラーでもう一度、お楽しみください…!!と、つまり単に焼き直しか…といったあたりに…

独自のヒット作を産み出すことができない Disney+ の配信事業の持続が重荷になってきたディズニーのふところ事情がうかがえるようだ…と、ため息をつく人が少なくないかもしれない映画音楽の大家マイケル・ジアッチーノが監督した「ウィアウルフ・バイ・ナイト・イン・カラー」の予告編がリリースされました…!!、今週末の金曜日の10月20日から配信の予定です…!!




竜巻のトルネードに乗って、飛んでくるのはもうサメだけではない!!、絶滅したはずの恐竜や、ワニとか巨大タコのモンスター全部乗せで襲ってくる!!、「シャークネード」を超えたおバカ映画の最新作「モンスターネード」は、北米で来月11月14日にリリース!!
🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New Spoilaly Digital Spot for Nia DaCosta's 'The Marvels' starring Brie Larson, Iman Vellani and Teyonah Parris 💫 ミズ・マーベルのイマンちゃん第2弾の「ザ・マーベルズ」が、やっぱり、あのキャラクターが登場するらしいネタバレを公式にほのめかした新しいデジタル・スポットをリリース ! !


今春全米公開の封切り成績が約1億611万ドル(4,345館)だったことで、マーベルのヒーロー映画としては、やや苦戦と言われた「アントマン 3」の「クォンタメニア」と比べて、あろうことか、約7割以上も前売り鑑賞券が売れていない…どころか、そもそも不人気だった「エターナルズ」(2021年)よりも約4割も少なく売れていない…と、前売り券がサッパリ売れないだけに…、

来月11月10日全米公開の結果が、マーベル・シネマティック・ユニバース史上サイテーのワースト封切り成績のダメ記録を更新するのでは?!といった盛大な沈没予想が伝えられた最悪の前評判を払拭して、話題を盛りあげたい!!という狙いでしょうか…?!


ソー」シリーズのキャラが「ザ・マーベルズ」に登場するらしいサプライズのネタバレを最後にほのめかした新しいデジタル・スポットを、ディズニーがリリースしました!!、「ソー」シリーズから誰がビフレストの虹の橋をわたって、飛んでくるの…?!というのは…、


イマンちゃんのカマラのお母さんムネバ役のゼノビア・シュロフが、うっかりとネタバレしたことで、ウワサになっていた…


アスガルドの女王のヴァルキュリー、つまりテッサ・トンプソンに違いないはずですが、どうして雷神ヘムジーじゃなく、ヴァルキュリーなの?!については、現在33歳のニア・ダコスタ監督が、マーベル・シネマティック・ユニバース史上最年少の若さながら…、



ザ・マーベルズ」のメガホンを託されたのは当然!!と納得できるデビュー作にして、いきなり傑作をモノにした必見の「リトル・ウッズ」(2019年)に主演してくれた親友だからですね…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New Featurette for Nia DaCosta's 'The Marvels' starring Brie Larson, Iman Vellani and Teyonah Parris 💫 ミズ・マーベルが映画館の大スクリーンに初登場まで残すところ、あと1カ月 ! ! のイマンちゃん初の劇場公開映画「ザ・マーベルズ」が、メイキング映像をまじえた新しいプロモ・ビデオをリリース ! !


少し長めの約2時間27分か、それともシネマティック・ユニバース史上最短の約1時間38分か?!と様々に言われていた上映時間は、どうやら最短だったのは変わりない約1時間45分だったらしい…

ただのマーベルおたくからマーベル史上最高傑作の配信シリーズ「ミズ・マーベル」(2022年)の主演を経て、「ミズ・マーベル」のコミックの原作者になったミズ・マーベルのイマンちゃん初の劇場公開映画「ザ・マーベルズ」の前売り鑑賞券を、北米で今日の火曜日の10月10日…


つまり来月11月10日の全米公開まで残すところ、あと1カ月!!のタイミングにあわせて、販売を開始したディズニーが、撮影風景のメイキング映像をまじえた新しいプロモ・ビデオを販促のためにリリースしたので、お楽しみ頂きたいのですが、目指してなかったのに女優になってしまい…、


シネマティック・ユニバースの人気者のひとりになっても、マーベル・コミックスのコミック作家になっても、スゲーッ本物のニック・フューリーだ…!!と感激したサミュエル・L・ジャクソンと自撮りせずにはいられないイマンちゃんは相変わらず、ただのマーベルおたくのようですね…!!

ザ・マーベルズ」のメガホンを託されたのは、マーベルおたくのニア・ダコスタ監督(「キャンディマン」2021年)、悪役のダー=ベンに起用されたのは、イマンちゃんがスゲーッいい人!!と感激したロキのトムさんの婚約者のザウェイ・アシュトン(「グレタ」2018年)です…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


シネマティック・ユニバースでは最初の「X-Men」のミュータントにあたるミズ・マーベルのカマラ本人?!と同時に「X-Men」化した「ミズ・マーベル」のコミック ↓ の原作者になった…

…ということは、いま現在の「X-Men」の作者と言えなくもないイマンちゃんが見どころの「ザ・マーベルズ」の今秋11月10日全米公開にあわせて…という言い方もできそうですが…、


脚本家組合との労使交渉に決着がつき、ストライキが終わったことで、ようやくシネマティック・ユニバース版「X-Men」復活の企画に本格着手するディズニー・マーベルが、今秋の終わり頃から脚本家との面談を始めて、シネマティック・ユニバースは「X-Men」をどう取り扱うべきか…?!、それぞれの書き手が持ち込む構想を吟味し、人選を年内のうちに進めて、新年2024年の初めには「X-Men」の脚本家を決定したい!!とする「X-Men」の新しい映画の製作の現実の予定が、ついに伝えられましたが(via Deadline)…、

ディズニー・マーベルは、その「X-Men」の新しいクリエイターのひとり、または仕掛け人のプロデューサーのひとりとして、イマンちゃんをお迎えし、マーベル・ファン代表の彼女のファン目線から「X-Men」だけでなく、崩壊しつつあるシネマティック・ユニバースそのものを仕切り直してもらったほうがよいかもしれませんね…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。