Posts

Showing posts with the label Florence Pugh

Billy's footnotes 💬 Day 61



Tattler】うわさの無駄口はネタバレだと困るので、読みたい人だけ白文字を反転ハイライト👀

イマンちゃん主演の「ミズ・マーベル」のチノイ監督だから期待大のデイジー・リドリー主演の「スター・ウォーズ」の新作映画は、仮りに「ニュー・ジェダイ・オーダー」と呼ばれていますが、正式の題名が「スター・ウォーズ エピソード X : ア・ニュー・ビギニング」に決定したとか言われています。仮りにそうだとすると第9作めで終わったはずのルークとレイアの双子の物語のスカイウォーカー・サーガが、さらに次のエピソード X(10)に続くの?!となり、副題の「新たなる始まり」とは、やや矛盾してしまうため、このウワサには違和感を覚えたファンが少なくないようです…。



北米で今日の3月1日(金)に封切られた「デューン」の後編「Part 2」の宣伝活動として…、


料理人だけあって?!、美食を味わいながらオシャベリを楽しむポッドキャストの人気番組「Dish」に登場したピューです…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 Day 31


昨2023年は「オッペンハイマー」が大ヒット!!のブラック・ウィドウフローレンス・ピューが演じる新キャラクターのプリンセス・イルーランが大きな見どころのひとつの「デューン」の後編「Part 2」のヴィルヌーヴ監督は…


いまはとても保守的な守りの時代に入ってしまい、ウォール街の顔色ばかりを窺っているせいで、映画の創造性は限られていますから、そこであえて進んでリスクを侵すことのできる自由が映画を救うと思いますし、観客はこれまで観たことがないものを目にした時に初めて、本当にエキサイトをするんだとわかるはずです。


…とタイム誌の取材に応じて、とにもかくにも損することを恐れて、量産系の映画ばかりを作っているハリウッドに苦言を呈しましたから、どんな初めて目にするを観せてくれるのか?!、とても楽しみな「Part 2」は今春3月1日全米公開!!、なお、同監督によれば、「デューン」は次回作の「3」が終わりの完結編になるそうです…!!




ネバダ州ラスベガスのアレジアント・スタジアムでは、次の次の日曜日にあたる 2月11日に、サンフランシスコ・フォーティナイナーズとカンザスシティ・チーフスが対決することになった第58回めの NFL 頂上決戦のスーパーボウルの試合生中継で…


ハリウッドの女優のなかでは、いま最も支持されている大人気のジェナ・オルテガを主演に起用したドリトス・ディナミータの CM を放送するドリトスが披露してくれた CM の CM、つまり、CM の予告編です!!、本来の CM の本編では、どんなオチが待っているのか?!、ジェナ・オルテガのファンの方はお楽しみに…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 Day 27


マーベル版「スーサイド・スクワッド」と言われるアンチ・ヒーロー大集合映画「サンダーボルツ」(来年2025年夏7月25日全米公開)の出演者として…、

実質的に主人公になるのでは?!と期待されてるブラック・ウィドウのエレーナ=フローレンス・ピューが初登場した「ブラック・ウィドウ」(2021年)で、お母さんにあたるキャラのメリーナを演じたレイチェル・ワイズと…、


「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」(2018年)に登場したビル・フォスター AKA ゴライアス役のローレンス・フィッシュバーンの名前を…、

映画やドラマの現場で働くひと向けの製作情報を伝えているプロダクション・ウィークリーが新たに追加したことから、マーベル・ファンの期待が高まっていますが、今のところ両者の出演は公式には確認されていません。


デイジー・リドリー主演の Disney+ オリジナルの配信映画「ヤング・ウーマン・アンド・ザ・シー」が、配信リリースを取り消し、今夏のスポーツ伝記映画の感動の話題作として、全米公開される格上げの見込みになりました…!!、格上げのわけは、🔗 リンク先をご覧ください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 David F. Sandberg's Birthday (Day 21)


キッズ向けファミリー映画の主演作「ウォンカ」が、昨2023年から今年にかけての年末年始の最大ヒット作に発展したティモシー・シャラメが連続して、次も大ヒット!!


…を叩き出すに違いないヴィルヌーヴ監督の SF 映画の超々大作「デューン」の「Part 2」は今春の3月1日から全米公開!!





北米で今日の日曜日の1月21日は、カンジュアリング・ユニバースの中では、この映画が好き!!という映画通が少なくない、ホラーの枠を超えて、好評の「アナベル: クリエイション」(2017年)や、見た目は大人のヒーロー映画「シャザム」シリーズで知られる…


1981年に北欧のスウェーデンで生まれたデヴィッド・F・サンドバーグ監督のお誕生日です!!、次回作は PlayStation の人気ホラー・ゲーム「アンティル・ドーン 惨劇の山荘」の映画化!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

💙 Florence Pugh 🇬🇧 フローレンス・ピュー 😍


今春3月1日に全米公開の「デューン」の後編「Part 2」の宣伝活動のあとは、来年2025年夏の7月25日の全米公開に向けて、マーベル版の「スーサイド・スクワッド」と言われる…

アンチ・ヒーロー大集合映画「サンダーボルツ」の撮影に突入ですから、お正月のうちによく寝ておいたほうがいいブラック・ウィドウのピューです…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


Apple TV+ のハリウッド版「ゴジラ」の配信シリーズ「モナーク」の宣伝インタビューのなかで、キャプテン・アメリカになりそこねた U.S. エージェントを再び演じるマーベル版の「スーサイド・スクワッド」と言われるアンチ・ヒーロー大集合映画「サンダーボルツ」について尋ねられた…

ワイアット・ラッセルによれば、ジェイク・シュライアー監督(「ペーパータウンズ」2015年)がメガホンをとり、再来年2025年夏の7月25日全米公開が予定されている「サンダーボルツ」が撮影を開始するクランクインの予定は、新年2024年春の3月から4月にかけての頃だそうですから…、


U.S. エージェントのワイアットはもちろん、マーベル・ファンお待ちかねのフローレンス・ピューのブラック・ウィドウ、セバスチャン・スタンのウィンター・ソルジャー、オルガ・キュリレンコのタスクマスター、ハナ・ジョン=カーメンのザ・ゴースト、それから、デヴィッド・ハーバーのレッド・ガーディアンたちが登場した撮影の様子の写真やビデオが、来春以降に見られるかもしれませんね…!!、お楽しみに…!!


もしも、「アベンジャーズ」第1作め(2012年)のテッセラクト奪還をロキに託さず、サノスが自ら地球に乗り込んでいたならば…?!



…というドクター・ストレンジがタイム・ストーンを通じて目撃した可能性のビデオを作ってくれたのは、シンガポールにお住まいらしいデジタル・クリエイターのスフィ・スハイミさんです!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New 3rd Full Trailer for Denis Villeneuve's 'Dune: Part Two' starring Timothée Chalamet, Zendaya, Austin Butler and Florence Pugh ■ ティモシー・シャラメ主演の SF 映画の超々大作「デューン」の後編「Part 2」が、新しい全長版の予告編をリリース ! !


「続編」というのは「その後…の成り行き」を描くのに対し、「後編」は「前編の結末から連続する物語の続き」ですから、似て非なる「続編」と「後編」の意味合いは実のところ、かなり違う…

…ため、これはあくまでも「後編」であって、けして、前作の「続編」ではない!!と、創り手のヴィルヌーヴ監督が声高に訴えていますし、副題も「Part 2」ですから「続編」だとは誤解しないでほしい 2021年公開「デューン」= Part 1 から始まった物語全体の後ろ半分…なので…、


前作を観たひとはまだ映画の途中までしか観ていないことになるため、言うまでもなく必見の「Part 2」の新しい予告編を、製作のレジェンダリーが披露してくれました…!!


この「Part 2」の原作にあたる故フランク・ハーバート作「砂の惑星」の下巻を邦訳出版する早川書房によれば…、

そして、復讐の時がきた。フレメンの一員と認められたポール(ティモシー・シャラメ)は、その超常能力から預言者ムアッディブとして、フレメンの全軍勢を統率する立場になっていた。ハルコンネン家の圧政とポール指揮下のフレメンの反撃に、惑星アラキスは揺れる。状況を危惧した皇帝とハルコンネン男爵(ステラン・スカルスガルド)は軍団を引き連れ、惑星へと降り立つが…!!

…といった次第で、宿敵の大王皇帝シャッダム 4世(クリストファー・ウォーケン)の娘のプリンセス・イルーランとして、ブラック・ウィドウのフローレンス・ピューが初登場するほか…、


ゼンデイヤ、レベッカ・ファーガソン、オースティン・バトラー、そして、レア・セドゥといった豪華な顔ぶれの「Part 2」は新年2024年春の3月1日全米公開!!、この後編が成功すれば、第3作めの完結編「砂漠の救世主」の製作に進むことになります…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


ネタバレになるため、なんの神さま?!というのは、あえて書きませんが…、

「ロキ」のシーズン 2 が、ついに先週末に最終回を迎えて、これまでとは違う神のコスチュームに身を包んだトムさんが登場した最終版のポスターがリリースされました…!!


モダンホラーの帝王のスティーヴン・キングが、マーベル・シネマティック・ユニバースについて言及するのは大変に珍しいことですが、「ザ・マーベルズ」をサポートしてくれました…!!

マーベルのヒーロー映画は観てないし、興味もないが、それでも「ザ・マーベルズ」の封切り成績が低調だったことをほくそ笑んでるかのように見受けられるのは極めて不愉快だ!!、どうして、不発が愉快なのか?!、女どもウザい、引っ込んでろ!!みたいな思春期のオタク小僧の女子への妬みだろ!!

…とのことで、ソーシャル・メディアの女性差別のオタク小僧どころか、大手を含めたマスコミの「ザ・マーベルズ」の封切り成績へのリアクションが表面は残念を装いながらも、大ヒットつまり大儲けを続けてきたマーベルが赤字を出しそうなことに対し、ざまーみろ!!とそれとなく他人の失敗をよろこんでいるかのような妬みの本音が見え隠れや…、

女優でもタレントでもなく、ただのマーベルおたくのフツーの女子高生だったのが、いきなりマーベルを代表する顔になったミズ・マーベルのカマラ、イマンちゃんの才能を素直に認めない妬みのいやらしさを、ズバリ言ってくれました…!!


X 社の公式アプリ(旧称 Twitter)上と Variety では、初代のブラック・ウィドウが再び登場!!のマーベル・ユニバースへの復帰が決まったかのように言われていることについて…(TODAYshow

ゾンビとして?、それともヴァンパイア?!、はぁ?!、だから?!、あ、そう…って感じよね。

…と、あしらわれてしまいました!!、次にブラック・ウィドウが活躍するのは、今のところ全米公開が再来年の2025年夏になりそうなマーベル版「スーサイド・スクワッド」のアンチ・ヒーロー大集合映画「サンダーボルツ」の予定です!!、ブラック・ウィドウはもちろん、フローレンス・ピューです…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

The Fighters and The Oppressors from Villeneuve's 'Dune: Part Two' on the covers of Empire Magazine ■ 来春公開に延期されたヴィルヌーヴ監督の SF 映画の超大作「デューン」が、この秋の話題作として、エンパイアのカバーに登場 ! !


今秋11月3日の全米公開は延期されるかも…とあらかじめ、お伝えしておいたので、あぁ、案の定のやっぱりか…と、CIA のご愛読者のみなさんは驚くことなく受けとめられるに違いない…

来年2024年春の3月15日全米公開に延期されたヴィルヌーヴ監督の SF 映画の超大作「デューン」の「Part 2」ですが、しかし、印刷と物流の工程を要するだけに早くから準備されている紙の媒体が、そうした急な変更に対応できるわけもなく…、


イギリスを代表する映画マガジンのエンパイアが、今秋の話題作だった「デューン: Part 2」を特集した最新号(米英8月31日発売)のカバーを披露してくれました…!!

「デューン」シリーズを配給するディスカバリーが公開延期を決めたわけは言うまでもなく、全米映画俳優組合のストのせいで…、

ファイターズ=戦士のティモシー・シャラメ、ゼンデイヤ、レベッカ・ファーガソン、ジョシュ・ブローリン、ハビエル・バルデムと、オプレサーズ=迫害者のオースティン・バトラー、フローレンス・ピュー、レア・セドゥ、バティスタ、ステラン・スカルスガルドといった出演者たちが宣伝活動をできないため、興行成績に悪影響の差し障りがあるからですが…、


しかし、4か月以上も先の越年した来春公開に延期…ということは俳優組合のみならず脚本家組合も含めたダブル・ストライキが、ハリウッドの映画産業を停滞させてる現状を早期に解決する意思はない…と、つまり、ディスカバリーは創り手や出演者らの仕事に報いる報酬を支払いたくはない、これまで通り搾取を続けるため、抵抗を続ける組合員たちをあくまでも兵糧攻めに追い込み、破産させるつもりか…と世間は見なし、大手映画スタジオこそ迫害者のブラック企業ぶりがより明らかになった…と受けとめられていますから、自分が払った鑑賞料金は映画会社の重役の私腹を肥やすばっかりで、創り手には届かないのか…と思わず「デューン 2」をボイコットしたくなった人もいるのかも…?!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Florence Pugh joins picket line for SAG-AFTRA and WGA Strike ✊ 今夏は「オッペンハイマー」が大ヒットのホワイト・ウィドウのフローレンス・ピューが、おい、ディズニー、金払えよ ! ! とばかりに俳優と脚本家の両組合のダブル・ストライキに登場 ! !


現地のカリフォルニア・バーバンクでは昨日の火曜日の8月15日に、ディズニー・スタジオの前で行われた全米映画俳優組合と全米脚本家組合のダブル・ストの抗議活動に参戦したピューは…

スカーレット・ジョハンソンのナットの後継者として、ブラック・ウィドウのエレーナ役を演じていくにあたっての契約更改で、大きな金額を受けとったらしい…


…と言われていますが、しかし、マーベル・デビュー作の「ブラック・ウィドウ」(2021年)と単にゲスト出演ではない存在感を発揮した配信シリーズ「ホークアイ」(2021年)の…

Disney+ での再生回数に応じた歩合いなどは支払われていないはずですから、前述の両組合がストを決行した理由のひとつの大きな争点である配信サービスから生ずる利益の分配の問題は…


きちんと解決してもらわなければ、ストのため今夏の撮影開始が見送られたブラック・ウィドウの次回作「サンダーボルツ」(来年2024年12月全米公開予定は絶望的)に気持ちよく出演できない…

…どころか、いつまでたっても撮影は始まらず、仕事の予定も決めきれないから、わたしも抗議に参戦しよう…!!と、そもそも曲がったことは大嫌いの一本気のピュー登場は当然ですね…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

'Oppenheimer' sets Christopher Nolan's Biggest Opening Weekend Record except Dark Knight 💰


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のクリス監督をタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New Trailer for Villeneuve's 'Dune: Part Two' starring Timothée Chalamet, Zendaya, Austin Butler, Florence Pugh ■ ティモシー・シャラメ VS.オースティン・バトラー ! !、いま人気の若い映画スターの対決が見ものの SF 映画の超大作「デューン」の「Part 2」が約3分間もある新しい予告編をリリース ! !


北米で明日の金曜日の6月30日の全米公開初日に先がけて、本日の木曜日(29日)の前夜とは言えない午後3時から前夜祭興行が始まるため、実質的に初日を迎えた「インディアナ・ジョーンズ」の第5作め「ザ・ダイヤル・オブ・デスティニー」の冒頭にアタッチされるものと思われますが…、

先月5月初めに初公開の予告編を披露した「デューン」の「Part 2」が、早くも第2弾のみならず、約3分間もある長めの新しい予告編をリリースしたので、お楽しみください…!!


現在80歳のハリソン・フォードが引き続き、冒険王を演じるという後期高齢者が主演のアクション映画?!という無理のある設定に対して、若者たちが背を向けてしまい、興行的に不発の失敗…に終わる可能性が心配されている「インディアナ・ジョーンズ 5」とは正反対の裏腹に…、


主人公ポール役のティモシー・シャラメ 27歳、ポールと対決するサイコな剣豪フェイド=ラウサ・ハルコネン役のオースティン・バトラー 31歳、ポールのお相手のチャニ役のゼンデイヤ・コールマン 26歳、そして、ティモシー・シャラメとはアメリカ映画史上の最高傑作のひとつの「若草物語」(2019年)では結ばれる役どころだったブラック・ウィドウのフローレンス・ピュー 27歳が…、

ポールたちの宿敵の大王皇帝シャッダム 4世(クリストファー・ウォーケン)の娘のプリンセス・イルーランに扮して登場!!と、いま現在の人気の若い映画スターたちが活躍することで、興行的には成功する期待大の「デューン」の「Part 2」は今秋11月3日から全米公開!!、共演者には…

「ミッション: インポッシブル」シリーズ第7作め「デッド・レコニング Part 1」が、来月7月14日から全米公開のレベッカ・ファーガソンのほか、ジョシュ・ブローリン、バティスタ、ハビエル・バルデム、シャーロット・ランプリング、そして、ボンドガールのレア・セドゥも登場!!ですから、ヴィルヌーヴ監督が希望されている第3作めの「砂漠の救世主」へと進むことができるほどの大ヒット!!になるのでは…?!、「デューン」ファンの方はお楽しみに…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Behind The Scenes Featurette for Christopher Nolan’s 'Oppenheimer' starring Cillian Murphy, Emily Blunt and Florence Pugh 🔥


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のポスターをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New Trailer for Christopher Nolan’s 'Oppenheimer' starring Cillian Murphy, Florence Pugh and Robert Downey Jr. 🔥


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のピューをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New Poster for Christopher Nolan’s 'Oppenheimer' starring Cillian Murphy ■ クリス・ノーラン監督史上の最高傑作に位置づけられるかもしれないキリアン・マーフィー主演の原爆の父の苦悩を描いた冷戦スリラー映画の大作「オッペンハイマー」の新しいポスター ! !


もう約18年前の作品になる「バットマン・ビギンズ」から、いわゆるチーム・ノーランの脇を固める名優のひとりとして、「ザ・ダーク・ナイト」(2008年)、「インセプション」(2010年)、「ザ・ダーク・ナイト・ライズス」(2012年)、「ダンケルク」(2017年)に出演してきた…

キリアン・マーフィーが「原爆の父」と言われた主人公の理論物理学者の故 J. ロバート・オッペンハイマー博士(1967年没・享年62歳)に扮して、ついにクリス監督の映画の主演をつとめることになった「オッペンハイマー」について…、


AP 通信の取材に応じた発言によれば、これまでに読んだ映画の脚本のうちで最高のベスト!!だそうですから、前述のクリス監督の傑作のどれよりも、さらに「オッペンハイマー」はもっと傑作なのか!!ということになりますし、クリス監督作以外のキリアン・マーフィーの代表作として、よくあげられるゾンビ映画の傑作「28日後」(2002年)や、スカーレット・ジョハンソンと共演した「真珠の耳飾りの少女」(2003年)などよりも「オッペンハイマー」のほうがよい…!!


…ということにもなってしまいますから、この夏封切りの話題作のうち最も観たいのは「オッペンハイマー」です!!と思っていたクリス監督ファンの映画通のみなさんは、さらに期待が高まったかもしれない冷戦スリラー映画の大作は、ユニバーサル映画の今夏の勝負作として、7月21日全米公開です…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Trailer for Denis Villeneuve's Epic Sci-fi Sequel 'Dune: Part Two' starring Timothée Chalamet, Zendaya ⚔


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のポスターをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Steven Yeun on Jake Schreier’s 'Thunderbolts' ■ マーベル版「スーサイド・スクワッド」のアンチ・ヒーロー大集合映画「サンダーボルツ」への参戦を認めたスティーヴン・ユァンによれば…


「パラサイト」(2019年)のポン・ジュノ監督がメガホンをとり、ダークナイトのロバート・パティンソンと共演した SF 映画の「ミッキー 17」(来年2024年春3月29日全米公開予定)が楽しみなスティーヴン・ユァンは…

マーベルのアンチ・ヒーロー大集合映画「サンダーボルツ」に出演の見込みが伝えられていましたが、イギリスの映画マガジン エンパイアの取材に応じて、そのシネマティック・ユニバースに参戦を決めたわけを語った本人によれば…、

ぼくに演じてほしいと彼が求めてきたキャラクターの意図が、とても明確だったんだ。そこんところに惹かれたんだよ。


…とのことで、彼が…の彼は「サンダーボルツ」のメガホンを託されたジェイク・シュライアー監督のことですが、そのジェイク監督がプロデュースした Netflix のコメディ・ドラマの主演シリーズ「ビーフ」の配信が来月4月6日(木)に始まるスティーヴン・ユァンは、ジェイク監督と引き続きチームを組みたいと思ったそうですが、ただしもちろん、意図が明確らしいキャラクターがどんな役どころか?!は秘密として、明かしてはくれないものの、どうやら、同監督はどういうマーベル作品を作りたいのかの自分なりの確かなヴィジョンを持っているようですね…!!

ブラック・ウィドウのエレーナ=フローレンス・ピューが大活躍だろうな…と誰もが期待している「サンダーボルツ」は、来る初夏の6月に撮影を開始して、全米公開は来年2024年夏の7月26日の予定です…!!、マーベル・シネマティック・ユニバースの続報をお楽しみに…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New Images from Christopher Nolan’s Upcoming Movie 'Oppenheimer' 🎬


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のクリス監督をタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Black Widow Florence Pugh signed up for another Marvel Movie ■ ブラック・ウィドウのフローレンス・ピューが高額の出演料を受けとるマーベルの契約を更新していたことが明らかになった ! !


具体的な金額はわかりませんが、8桁台だそうですから最も少なくても1,000万ドル=約14億9,031万2,966円を受けとる出演契約を…

ディズニー・マーベルと交わしたブラック・ウィドウのエレーナ、つまりフローレンス・ピューが、これから 2本のマーベル作品に出演することを、Heat Vision がレポートしています…!!


ピューが登場するマーベル 2作品のうちのひとつは、言うまでもなく、マーベル版「スーサイド・スクワッド」のアンチ・ヒーロー映画「サンダーボルツ」(再来年2024年7月全米公開)に決まっていますが、もうひとつの出演作の題名は伏せられています。なので、言い切ることはできませんが、恐らく「アベンジャーズ 5」の「カン・ダイナスティ」(2025年5月2日全米公開)か、「アベンジャーズ 6」の「シークレット・ウォーズ」(2026年5月1日全米公開)のどちらかではないでしょうか…?!、いずれにしろ、ブラック・ウィドウのエレーナの活躍は「サンダーボルツ」で終わり…ではなく、さらに続くかも…ですから、ファンの方はお楽しみに…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 September 30 - October 2, 2022 : 9月30日~10月2日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (初) 「スマイル」(1,700万ドル)

$22,000,000−(3,650館/$6,027)−$22,000,000

RT の評論家の支持率 74 % / Metacritic スコア 68 / 出口調査の CinemaScore B-

上 ↑ の写真、または下 ↓ の文字のリンクをタップしてください…!!




$7,300,000−(4,121館/$1,771)−$32,804,643

RT の評論家の支持率 38 % / Metacritic スコア 47 / 出口調査の CinemaScore B-


第3位 (2) 「ザ・ウーマン・キング」(5,000万ドル)

$7,000,000−(3,504館/$1,998)−$46,713,156

RT の評論家の支持率 94 % / Metacritic スコア 77 / 出口調査の CinemaScore A+


第4位 (初) 「ブロス」(2,200万ドル)

$4,800,000−(3,350館/$1,433)−$4,800,000


RT の評論家の支持率 91 % / Metacritic スコア 77 / 出口調査の CinemaScore A

恋愛映画史上の素敵な名作「サラ・マーシャルを忘れたくて…」(2008年)のニコラス・ストーラー監督が、毒舌の過激お笑い芸人として人気のビリー・アイクナーと共同で脚本を執筆し、その本当に同性愛者のビリーを主演にして、LGBT をテーマに男性同士の恋愛を描いたロマコメ!!



第5位 (3) 「アバター」(2億3,700万ドル+リバイバルにあたってのリマスターの経費の900万ドル)

$4,696,000−(1,860館/$2,525)−$779,100,388

RT の評論家の支持率 82 % / Metacritic スコア 83 / 出口調査の CinemaScore ?


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。