Posts

Showing posts with the label Jenna Ortega

Billy's footnotes 💬 Julia Garner's Birthday (Day 32)


Netflix の大ヒット作の「ウェンズデー」(シーズン ② 来年2025年配信予定)のジェナ・オルテガとティム・バートン監督が続けて組んだことで話題の「ビートルジュース 2」を…、

北米では新年度始まりの9月の6日の金曜日に全米公開する予定のディスカバリーが、ご覧のポスターを初公開し、映画の正式タイトルを「ビートルジュース」の「2」だから、「ビートルジュース」と2回続けて書く「ビートルジュース ビートルジュース」に定めたことを発表しました…!!


…が、その正式のタイトルは文字数が多いし、クドい印象になってしまうので結局、これまで通りに「ビートルジュース 2」と書くことにするホラー・コメディ映画の出演者は、1988年公開の前作から続けて登場のマイケル・キートン、ウィノナ・ライダー、キャサリン・オハラたちに加えて、モニカ・ベルッチ、ウィレム・デフォーといった顔ぶれです!!、ジェナ・オルテガのファンの方はお楽しみに…!!


今春4月19日リリースのザック・スナイダー監督の SF アクション超大作「レベル・ムーン」の後編「スカーギヴァー」や、同名の SF 小説シリーズをドラマ化した「3 ボディ・プロブレム」のほか、マーク・ウォールバーグとハル・ベリーが共演の「ユニオン」、タロン・エッジャートン主演の「キャリーオン」、ベネディクト・カンバーバッチ主演のミニシリーズ「エリック」、そして…


「スキッド・ゲーム」のお待ちかねのシーズン 2 といった書ききれないほど盛りだくさんの話題の映画やドラマの新作をチラチラ見せする毎年恒例の今年配信予定のラインナップ!!


…のプロモ・ビデオを、Netflix が披露してくれたので、チラチラとご覧ください…!!



ニューヨークで今日の2月はじまりの1日の木曜日は…

この秋のハロウィンの話題作として、古典の「透明人間」を現代的に復活させることに成功した「インヴィジヴル・マン」(2020年)のリー・ワネル監督が、再び古典の題材に取り組む現代版の「狼男」が、10月25日から全米公開!!の…


主演女優のジュリア・ガーナー(「ザ・アシスタント」2019年)が、1994年にニューヨークで生まれたお誕生日です!!、「インヴィジヴル・マン」では、透明人間の恐怖に遭遇するエリザベス・モスの役どころと演技が絶賛されましたから、クリストファー・アボット(「哀れなるものたち」北米公開中)扮する狼男の恐怖に晒される家族のお母さんの役どころを演じるらしいジュリアにも期待が持てそうですね…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 Day 31


昨2023年は「オッペンハイマー」が大ヒット!!のブラック・ウィドウフローレンス・ピューが演じる新キャラクターのプリンセス・イルーランが大きな見どころのひとつの「デューン」の後編「Part 2」のヴィルヌーヴ監督は…


いまはとても保守的な守りの時代に入ってしまい、ウォール街の顔色ばかりを窺っているせいで、映画の創造性は限られていますから、そこであえて進んでリスクを侵すことのできる自由が映画を救うと思いますし、観客はこれまで観たことがないものを目にした時に初めて、本当にエキサイトをするんだとわかるはずです。


…とタイム誌の取材に応じて、とにもかくにも損することを恐れて、量産系の映画ばかりを作っているハリウッドに苦言を呈しましたから、どんな初めて目にするを観せてくれるのか?!、とても楽しみな「Part 2」は今春3月1日全米公開!!、なお、同監督によれば、「デューン」は次回作の「3」が終わりの完結編になるそうです…!!




ネバダ州ラスベガスのアレジアント・スタジアムでは、次の次の日曜日にあたる 2月11日に、サンフランシスコ・フォーティナイナーズとカンザスシティ・チーフスが対決することになった第58回めの NFL 頂上決戦のスーパーボウルの試合生中継で…


ハリウッドの女優のなかでは、いま最も支持されている大人気のジェナ・オルテガを主演に起用したドリトス・ディナミータの CM を放送するドリトスが披露してくれた CM の CM、つまり、CM の予告編です!!、本来の CM の本編では、どんなオチが待っているのか?!、ジェナ・オルテガのファンの方はお楽しみに…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 January 26 - 28, 2024 : 1月26日~28日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

「スクリーム」を製作するスパイグラスは、政治と宗教、そして、人権について、偏った考え方をしているのでは…?!と疑問を抱いた人たちにとっては、同シリーズのいまの顔なのに出演継続を辞退したことで、カッコいい!!、さらに彼女を好きになった!!と…、

好感度アップ!!のウェンズデー、つまり人気のジェナ・オルテガが演じる主人公の女子高生と、近年はマーベル・ユニバースに登場する CIA のエージェント、エヴェレット・ロスの役で知られるマーティン・フリーマン扮する文芸の先生の距離が接近し…


…と、教師と教え子の禁断の関係という昔ながらのタブーのテーマに、スリラーの謎めいた要素を重ねあわせることで、現代的にアップデートしようとした試みに失敗した…!!

ミラー'ズ・ガール」(???ドル)

$321,000−(350館/$917)−$321,000


RT の評論家の支持率 35 % / Metacritic スコア 42 / 出口調査の CinemaScore ??

…と、ジェナ・オルテガ主演だけに期待されたものの、レビューは不評の「ミラー'ズ・ガール」を控えめに、たったの350館だけの小規模公開で封切ることにした配給のライオンズゲートが公表したオープニング成績は約32万1,000ドルでした…。

…というわけで、デイジー・リドリー主演の Disney+ の配信映画「ヤング・ウーマン・アンド・ザ・シー」が配信をやめて、映画館で封切られることに…!!とお伝えした昨日の話題でもふれたように、昨2023年は長期化した脚本家と俳優の両組合のストのもめ事に明け暮れたハリウッドは、ろくに仕事をしなかったせいで、今年公開できる映画が不足し、興行が不振になるのは目に見えていることから、映画館チェーンの株も売られる傾向にある…などの困った状況なのに…、


ジェナ・オルテガ主演作も不発の週末のランキングは、第1位と第2位の作品の順序が入れ替わり、第3位より以下はそのまま…と先週どころか、先々週とも大して変わらない結果となっています…。

第1位 (2) 「ザ・ビーキーパー」(4,000万ドル)

$7,421,382−(3,337館/$2,224)−$42,288,291

RT の評論家の支持率 68 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore B+


第2位 (1) 「ミーン・ガールズ」(3,600万ドル)

$7,300,000−(3,544館/$2,060)−$60,805,000

RT の評論家の支持率 71 % / Metacritic スコア 59 / 出口調査の CinemaScore B


第3位 (3) 「ウォンカ」(1億2,500万ドル)

$5,910,000−(3,014館/$1,961)−$195,173,000

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 66 / 出口調査の CinemaScore A-


第4位 (4) 「マイグレーション」(7,200万ドル)

$5,150,000−(2,962館/$1,739)−$101,254,000

RT の評論家の支持率 69 % / Metacritic スコア 58 / 出口調査の CinemaScore A


第5位 (5) 「エニワン・バット・ユー」(2,500万ドル)

$4,800,000−(2,885館/$1,664)−$71,196,000

RT の評論家の支持率 47 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore B+

この「エニワン・バット・ユー」が思いがけず期待以上のヒットになったことで、ダコタ・ジョンソン主演の…から、シドニー・スウィーニー出演の最新作!!へと…


宣伝の売りの目玉キャストが変わってしまったソニピ版マーベル・ユニバースの戦うヒロイン映画「マダム・ウェブ」は、来月2月14日のバレンタイン・デーから全米公開!!


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 National Popcorn Day (Day 19)


彼女たちはもう、まったく独立した世界観の中にいるんです。というのも、わたしは自由にやらせてもらったんです!!、その贈り物のおかげで、別のものと強引にこじつけるのではなく、わたしが望んで、映画に本来必要とされる新風を吹き込むオリジナルの作品にできたと思います。

…とのことで、来月2月14日のバレンタイン・デー全米公開に向けて、エンタテインメント・ウィークリーのインタビューに応じた S. J. クラークソン監督(「ジェシカ・ジョーンズ」)の発言からすると、「マダム・ウェブ」はソニピ版マーベル・ユニバースに属するものの、どうやら…、


別の作品とは一線を画した単独の映画のようですし、物語の時代設定は約20年昔の2003年だそうですから、トム・ホランドのスパイダーマンが初登場した「キャプテン・アメリカ: シビル・ウォー」(2016年)= 2016年の出来事よりも前の「マダム・ウェブ」は、トビー・マグワイアのスパイダーマンの時代か…ということになりますね…!!


この週末に最終回の第8話めがリリースされたことで、さぁ、これからシーズン 2 を一気に観まくるぞ…ッ!!という「リーチャー」ファンの方もいるかと思うので、ネタバレはさけて、ちょっとだけ述べると…、

過去の事件と現在の事件とを重ね合わせて、主人公のリーチャー=アラン・リッチソンと仲間たちの関係に深みを与えて、絆を描くと同時に、回想シーンもアクションの見せ場!!にすることで、娯楽性を増した…

「リーチャー」シリーズは、放浪のスゴ腕ガンマンが荒野を旅して、行く先々で悪党どもを退治する古典的な西部劇の面白味を現代に置きかえて、復刻したものであり、まさに理屈抜きに…と言うよりは、理屈を言って、現実にかえると楽しめない作品ですが…、


その男のロマンめいた作品ながら、女性キャラの魅力もクールな「リーチャー」のシーズン 2 で、ゲーム好きの “ PlainJane777 ”(↑) として、ちょっとだけの出番ながら、印象に残る役どころを与えられたカワイイ女の子(↓)は…、

「イクイリブリアム(邦題「リベリオン」)」(2002年)の異才カート・ウィマー監督のキング原作のチャイルド・ホラー「チルドレン・オブ・コーン」(2020年)のポスター(↓)に登場している恐ろしい少女エデン役のケイト・モイヤーちゃん 現在15歳でした…!!



日本の芸能界風に言うならば、所属タレントに仕事をさせて、儲けるために事務所がネタをとりまとめして、売り込んでいる企画か…!!

…という話になりますが、「ブラック・パンサー」シリーズのライアン・クーグラー監督とキルモンガー役のマイケル・B・ジョーダン、つまり「クリード」(2015年)の監督とアドニスの親友コンビが共に所属する大手タレント・エージェンシーのウィリアム・モリス・エンデバーが…


ライアン監督が自ら執筆した脚本をもとにメガホンをとり、マイケル・B・ジョーダンが主演するジャンル系映画の企画を売り込んでいることが話題になっています…!!

ジャンル系…となれば、SF やホラー、あるいはファンタジー、それともヒーローものか?!など様々な可能性を憶測できますが、いまの時点では、過去の時代を舞台にした物語らしい…と言われている謎の企画について…、

小耳にはさんだ映画ジャーナリストのジェフ・スナイダーによれば、ヴァンパイアが登場するらしいそうですから、物語の基本となるジャンルはホラーかもしれませんね!!、近日中に企画の競売が始まるようですから、競りに勝利した映画スタジオの会社名にあわせて、企画の内容が伝えられるかもしれません…?!



北米で今日の金曜日の1月19日は、大人気のジェナ・オルテガ出演の続編が、今夏終わりの9月6日から全米公開予定の「ビートルジュース」の第1作めが封切られた 1988年ごろに…


映画鑑賞のお供のスナックとして定番のポップコーンを食べよう!!と、全米ポップコーン委員会が定めたらしい「ポップコーンの日」ですから、映画館でも自宅でもポップコーンを食べながら、映画やドラマをお楽しみください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 (National Christmas Movie Marathon Day)

アメリカ 🇺🇸 の今日の12月23日の土曜日は「全米クリスマス映画マラソンの日」ですから、クリスマス 🎄 のお休みに突入するにあたり、クリスマス気分を盛りあげるためにクリスマス映画を連続して観まくらなければならない日 🍿 となっているので、クリスマス映画を観てください…!!🥳


マーベルのアニメの配信シリーズ「What If...?」シーズン②の第2話め「もしも、スター・ロードのピーター・クイルが、地球最強のヒーローたちを襲ったら…?」では…、

「アントマン 2」の「アンド・ザ・ワスプ」(2018年)で、ワスプのエヴァンジェリン・リリーの少女時代に扮して、ヤング・ホープを演じてくれたマデリーン・マクグロウちゃん、つまり…


「ドクター・ストレンジ」(2016年)のスコット・デリクソン監督のホラー映画「ザ・ブラック・フォン」(2022年)の第2作め(再来年2025年夏6月27日全米公開)が楽しみなマデリーン・マクグロウちゃん、つまり…、

ブラック・ウィドウのリトル・エレーナ=ヴァイオレット・マクグロウちゃんのお姉ちゃん 15歳が引き続き、ヤング・ホープの声を担当し、重要な役どころをつとめてくれていましたね!!、まだ第2話めを観ていない方はお楽しみに…!!


「ハッピー・デス・デイ」シリーズや「フリーキー」(2020年)のクリストファー・ランドン監督が起用されたことで、「スクリーム」のファンのみなさんが楽しみにしていた第7作めでしたが…、

「スクリーム」シリーズの「いまの新しい顔」のヒロイン、タラ役のジェナ・オルテガと姉のサム=メリッサ・バレラのカーペンター姉妹が共に出演しない事態におちいった悪夢の状況を考慮したクリストファー・ランドン監督が自分も降板する…!!


…と賢明な辞任を発表して、「スクリーム 7」から創り手がいなくなってしまいました…。政治的な理由からメリッサ・バレラを解雇した製作者(社)たちは、やや感情的すぎるヒステリックだったのでは…?!と、あらためて問われることになるかも…?!


散髪屋さんに行ったら、サノスのめちゃカッコいいアートが飾ってあったので、写真撮った!!

…というマーベル・ファンの方の投稿の確かにクールなサノスのアートですが、この写真に対するコメントの「散髪屋なのにヘアスタイルの参考にならんキャラはダメだろ!!」というツッコミにも笑ってしまいました…!!



イタリアを代表する自動車ブランドの創立者を演じた伝記映画の「フェラーリ」が、クリスマスの12月25日全米公開の名優アダム・ドライヴァーが主演した SF サバイバルのアクション映画「65」が、Amazon の視聴無料のリストに追加されたので、クリスマスのお休みはお家で暖かく過ごしたい Prime 会員の方はお楽しみになられては…?!、視聴はコチラ ➡️ https://amzn.to/48pixwV

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


「スター・ウォーズ」に復帰をするデイジーが、彼女にとっては顔なじみの映画ジャーナリストのスティーヴ・フロスティーの取材に応じて…、

ひとつの映画のあらすじは知らされました。それが次の映画になると想像しています。でも、それが総てではないとも言われています。


…とのことで、デイジー復帰作は単独の映画か?!、それとも新トリロジーの始まりなのか?!の明言は避けられたものの、イマンちゃん主演の「ミズ・マーベル」(2022年)こそがマーベル史上の最高傑作!!と高評価をされたことで、サーガ復活の重責を託されたシャルミーン・オベイド=チノイ監督が手がける「次の映画」のあらすじは…、

もう大興奮なのよ!!、だって、わたしが期待していたのとは、まったく違うクールなストーリーなんだもの!!、だから、いまは脚本を読ませてもらえるのを楽しみにして、待っているところ。わたしからの更新は以上です。

…だそうですから、前作の「ライズ・オブ・スカイウォーカー」(2019年)の結末から約15年後…の設定と言われている「ニュー・ジェダイ・オーダー(仮題)」は、「ミズ・マーベル」の監督だから期待大ですが、よい意味において、その期待を大きく裏切ってくれるのかもしれませんね…!!


「スクリーム」シリーズを代表する「いまの新しい顔」であり、いま最も人気の女優!!と言えるだけに集客の要になっているヒロイン、タラ役のジェナ・オルテガが、シリーズ次回作の「7」には出演しないらしいことが、ウワサではなく、業界メディアの Deadline から伝えられました…。

降板の理由は、Netflix 配信の大ヒットの主演シリーズ「ウェンズデー」のシーズン 2 が予定している来年2024年春から夏にかけての撮影の日程が、現時点ではまだシナリオもない「スクリーム 7」の撮影とかぶるかもしれないスケジュールの不都合だそうです。ジェナ・オルテガのファンの方はもちろん、タラとサム=メリッサ・バレラの姉妹の姿が「スクリーム」から消えてしまいそうなことで、シリーズのファンの方には本当に残念です…。


「スパイダーマン」スピンオフなのに、Disney+ ではなくて、Amazon Prime Video から配信されるソニピ版マーベル配信シリーズ「シルク: スパイダーソサエティ」について、全米脚本家組合が…

もう約2ヶ月近い前になる先々月の9月27日にストが終結し、脚本家たちはそれぞれの仕事をとっくに再開したのに、「シルク」の企画開発は再開されず、脚本家たちが契約に拘束されたまま無給…の状態が続いていることから、脚本家組合が Amazon に対して、訴訟に発展の可能性を含めた警告を発しました。マーベルなのに、Disney+ ではなく、Amazon Prime Video なの??や、複数のスパイダーウーマンが登場する劇場公開映画「マダム・ウェブ」(2024年春2月16日全米公開)との関連が絡んでいるのかも…?!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

What to Watch on Streaming 🎬 Radio Silence's 'Scream' starring Jenna Ortega, Melissa Barrera on Amazon Prime


命がけのかくれんぼの「レディ・オア・ノット」(2019年)が大ウケしたレディオ・サイレンス(マットとタイラーの監督コンビ)が、故ウェス・クレイヴン監督の代表作シリーズを復活の人気再燃に成功し、現在はウェンズデーとして知られるジェナ・オルテガの人気にも火がついた…


昨2022年のスラッシャー映画のヒット作「スクリーム 5」が、Amazon Prime Video の視聴無料のリストに追加されたので、まだ観ていなかった Prime 会員の方のうち、血まみれ OK の方は…、


昔の人気映画や、もうとっくに高齢の昔のスターに依存した「懐メロ」ならぬ「懐かシネマ」や、人気映画のファンの顔色をうかがい過ぎることが、ソーシャル・メディアの汚染も絡んで、仇となり、シリーズが脱線していくもとになる「腐れファン」の存在といった近年のハリウッドの困った事情を巧みに取り込んだ皮肉をお楽しみになられては?!、視聴はコチラ ➡️ amzn.to/3QI3ExS のリンクをタップしてください…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

🧡 Pretty Girls 🍒 mia.anns.life



Photo Credit: @mia.anns.life. All Rights Reserved.

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

🧡 Pretty Girls 🍒 flegontova_alena



Photo Credit: @flegontova_alena. All Rights Reserved.

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 March 10 - 12, 2023 : 3月10日~12日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (初) 「スクリーム 6」(3,500万ドル)

$44,500,000−(3,675館/$12,109)−$44,500,000


RT の評論家の支持率 75 % / Metacritic スコア 61 / 出口調査の CinemaScore B+


イギリスやオーストラリア、ブラジルなどでも大ヒットの「スクリーム 6」が、世界の国と地域の約53の市場から集めた海外での売り上げの約2,260万ドルを国内からの数字に追加した全世界総額の封切り成績は、やはりシリーズ史上最高を記録更新した約6,710万ドルでした…!!、その他の「スクリーム 6」の封切り成績については、上 ↑ の 🔗 文字のリンク、または下 ↓ のジェナ・オルテガをタップしてください…!!


第2位 (1) 「クリード 3」(7,500万ドル)

$27,173,000−(4,007館/$6,781)−$101,358,274

RT の評論家の支持率 87 % / Metacritic スコア 74 / 出口調査の CinemaScore A-


第3位 (初) 「65」(4,500万ドル)

$12,300,000−(3,405館/$3,612)−$12,300,000

演技派の名優と言われるだけあって、「マリッジ・ストーリー」(2019年)や「ザ・レポート」(2019年)などの大人の映画通向けのシリアスなドラマ映画の企画を選びがちの印象ですが、どうして、恐竜と戦うことにしたの…?!と「65」を選んだわけを尋ねられたアダム・ドライヴァーによれば…、


RT の評論家の支持率 36 % / Metacritic スコア 40 / 出口調査の CinemaScore C+

「65」は子どもらと一緒に映画館に出かけて、鑑賞することができる恐竜と光線銃の約1時間30分の作品です。ぼくの最高の思い出のうちのいくつかは家族と映画館に出かけたことなんです。ぼくは家族そろって、映画を観て、劇場体験を共有することが好きなんです。


…といった次第で、愛妻のジョアンさんが、ふたりめのお子さんを妊娠中のパパのアダム・ドライヴァーとしては、これから生まれてくる子を含めて、家族一緒に楽しめる娯楽の映画を作っておきたかったのかな…と憶測すれば、レビューは迫力不足が指摘された絶不評だし、出口調査の観客の評価も金返せレベルの “ C+ ” だけれど、「ジュラシック・ワールド」や「エイリアン」の好きな人は楽しめるかもしれないし、そもそも子役のアリアナ・グリーンブラットちゃんとの共演作なんだから、アダムが言うようにファミリー向けの娯楽作のポップコーン・ムービーかと割り切れば、納得できるかもしれない「65」は予想された1,000万ドル未満の金額を超えて、ひとまずノルマは果たした約1,230万ドルの封切り成績でした…!!



$7,000,000−(3,105館/$2,254)−$197,978,428

RT の評論家の支持率 48 % / Metacritic スコア 48 / 出口調査の CinemaScore B


第5位 (3) 「コケイン・ベア」(3,500万ドル)

$6,200,000−(3,204館/$1,935)−$51,660,445

RT の評論家の支持率 71 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore B-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Radio Silence's 'Scream VI' Slashes Franchise's Best Opening Ever 💰


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のポスターをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Ghostface from 'Scream VI' pranks guests at Grévin museum in Paris ■ スラッシャー映画の最高傑作のひとつに位置づけられた「スクリーム 6」が、パリの蝋人形の館のグレヴァン美術館に仕掛けたドッキリをお楽しみください ! !


スクリーム 6」には吹っ飛んじゃったわ!!、始まりの殺しのシーンがスゴい!!、このとても血まみれの映画にはサスペンスの緊張に満ちた展開がいくつもあるの。最高のスラッシャー映画のひとつと言って、間違いないよ。絶対にガッカリとかしないから!!

…とのことで、パラマウント映画が催した最も最初の業務試写に幸運にして招かれたアシュリー・マルティネスさんの感想と異口同音の絶賛が、ほかのジャーナリストたちからも伝えられ、期待がさらに高まった「スクリーム」シリーズの第6作めが…


パリの蝋人形の館のグレヴァン美術館に仕掛けたドッキリの宣伝プロモーションのビデオをチラとお楽しみください…!!、フランスのパラマウント映画の宣伝は、ご覧のようにベタですが…、


レディオ・サイレンス、つまりマット・ベティネッリ=オルピンとタイラー・ジレットの監督たちの演出はベタじゃないらしい「スクリーム 6」は来週末の3月10日(金)全米公開!!、シリーズのファンの方はもちろん、スラッシャー映画のお好きな方や、ジェナ・オルテガ大好きのファンの方はお楽しみに…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

The Most Ruthless Ghostface Featurette for 'Scream VI' starring Jenna Ortega ■「スクリーム」シリーズ史上最も残酷なゴーストフェイスが大都会の人ごみにまぎれて、獲物をつけ狙うからタチが悪い第6作めの新しいプロモ・ビデオ ! !


…といった次第で、1996年公開の第1作めから、ずっと出演し続けているゲイル役のコートニー・コックスが、物語の舞台をウッズボローの町から大都会のニューヨークに変えたことで、ゴーストフェイスは雑踏にまぎれることができるから、より恐ろしくなった…などと語っている…


スクリーム」シリーズの第6作めを、いよいよ来週末の3月10日(金)に全米公開する配給のパラマウント映画が新しいプロモ・ビデオを披露してくれました…!!、Netflix の「ウェンズデー」でも人気のジェナ・オルテガが演じるタラの姉サム役のメリッサ・バレラによれば、この第6作めに登場する大都会のゴーストフェイスは「殺しのために殺しをくり返す最凶の残酷な殺人鬼」だそうですから、シリーズのファンのホラー映画好きの方はお楽しみに…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Super Bowl Trailer for Radio Silence's 'Scream VI' starring Jenna Ortega ■「スクリーム」シリーズ第6弾の最新作が、NFL 頂上決戦のスーパーボウルのキックオフに先がけて、早くもスーパーボウル・スポットの新しい予告編をリリース ! !


全米が視聴すると言っても過言ではないスポーツの大イベントの試合の生中継の途中に放送されるからこそ価値のある CM のスーパーボウル・スポットであって、それを前もって、先に披露してしまうと単に新しい予告編では…?!

…と、前のめりのフライングにツッコミを入れたくなった方もいらっしゃるかも…ですが、現地アリゾナ州のステイト・ファーム・スタジアムで、この週末の日曜日の2月12日にフィラデルフィア・イーグルスとカンザス・シティ・チーフスが対決する NFL 頂上決戦のスーパーボウルのキックオフに先がけて…、


スクリーム 6」のスーパーボウル・スポットの新しい予告編を、パラマウント映画がフライングのリリースをしてくれました!!、CM の祭典とも言われるスーパーボウルの当日は、たくさんの映画やドラマの CM はもちろん、企業がこぞって、特別に製作した CM を披露するため、せっかく高額の放送料を支払って、CM を流しても、目立たないかもしれないし、視聴者は CM のあいだにテレビの前を離れて、観ないかも…なので、事前にこれがスーパーボウル版の CM ですよ!!と、あらかじめ披露されるかもしれない、そのほかのお待ちかねの映画のスーパーボウル・スポットをお楽しみに…!!


昨2022年公開の前作「5」から続けて、レディオ・サイレンスのマット・ベティネッリ=オルピンとタイラー・ジレットの監督コンビがメガホンをとり、物語の舞台を大都会のニューヨークに移した「スクリーム」シリーズ第6作めは来月3月10日全米公開!!、チャド=メイソン・グッディングとミンディ=ジャスミン・サボイ・ブラウンの双子のミークスたちとタラ=ジェナ・オルテガが、忌まわしいウッズボローの町を離れ、ニューヨークの大学に進学したことから、タラの姉のサム=メリッサ・バレラも妹の身を案じて、一緒に大都会にやって来たところ、おなじみの殺人鬼のゴーストフェイスが…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New Trailer for Radio Silence's Horror Sequel 'Scream VI' starring Jenna Ortega, Melissa Barrera ■ Netflix の「ウェンズデー」が大人気のジェナ・オルテガ最新作「スクリーム 6」が、大都会のニューヨークに殺人鬼のゴーストフェイスが出現した全長版の新しい予告編をリリース ! !


いまから約27年前の1996年に大ヒットした第1作めから、昨2022年公開の前作までの計5本に出演して、四半世紀以上もの長きにわたり、言わばシリーズの顔をつとめてきたのに、その貢献が正当に評価されていない…

…と、女優のギャラが男優よりも安い賃金格差に抗議したシドニー役のネーヴ・キャンベルは降板してしまいましたが、2011年公開の第4作めに登場したカービィ役のヘイデン・パネッティーアが復帰を果たしたほか…、


前作「5」から引き続き、メガホンを託されたレディオ・サイレンス(マット・ベティネッリ=オルピン監督とタイラー・ジレット監督)の代表作の命がけのかくれんぼ「レディ・オア・ノット」(2019年)からサマラ・ウィーヴィングが参加し、ダーモット・マローニー(「ゾディアック」2006年)、トニー・レヴォロリ(「スパイダーマン」シリーズ)、そして、リアナ・リベラトちゃん(「ザ・ビーチ・ハウス」2019年)らが新たに登場する…


スクリーム」シリーズの第6作めは今春の3月10日全米公開!!、前作の惨劇を生き延びたチャド=メイソン・グッディングとミンディ=ジャスミン・サボイ・ブラウンの双子のミークスたちと、シリーズの新しい顔のタラ=ジェナ・オルテガが、忌まわしいウッズボローの町を離れて、ニューヨークの大学に進学したことから、タラの姉のサム=メリッサ・バレラも妹の身を案じて、一緒に大都会にやって来たところ案の定、殺人鬼のゴーストフェイスが…!!といった展開です!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。