Posts

Showing posts with the label Inside Out

Weekend Box Office 💰 July 5 - 7, 2024 : 7月5日~7日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

人気キャラクターのミニオンたちを世に送り出したアニメ・スタジオのイルミネーションのまさに代表作「怪盗グルー」の本流シリーズとしては第4作めですが、スピンオフのプリクエール「ミニオンズ」シリーズを含めると通算第6作めにあたる…

第1位 (初) 「デスピカブル・ミー 4」(1億ドル)

$75,000,000−(4,428館/$16,938)−$122,620,000


RT の評論家の支持率 54 % / Metacritic スコア 50 / 出口調査の CinemaScore A

「デスピカブル・ミー 4」を独立記念日の連休の目玉映画として封切ったユニバーサル映画が公表した週末3日間のオープニング成績は約7,500万ドル、初日の水曜日つまり独立記念日7日4日の前日の3日からの計5日間を通しての売り上げは、いきなり大台の1億ドルを突破した約1億2,262万ドルの特大ヒットでした…!!から…


不振の今夏の全米映画興行は「インサイド・アウト 2」に続けて、子どもたちから「観たい!!」とせがまれたら仕方がないアニメ映画に救われた格好ですが、しかし、実際のところは…、


ジョーイ・キングちゃんが声優の新キャラクター、ポピーが活躍して、人気のヒーロー映画の要素を追加した「デスピカブル・ミー 4」の封切り成績の約7,500万ドルは、前作「3」(2017年)の同成績=約7,243万ドル(4,529館)こそ超えたものの、「ミニオンズ」の第1作め(2015年)の約1億1,572万ドル(4,301館)と、その続編の「ミニオンズ」の第2作め(2022年)の約1億701万ドル(4,391館)と比べると見劣りしてしまいますし…、

本流の「怪盗グルー」の第2作め(2013年)が、同じく独立記念日の前日に公開され、週末の3日間に約8,423万ドル(3,997館)を稼ぎ、計5日間のトータルは約1億4,307万ドルの特大ヒットだったのを振り返ると、つまり「怪盗グルー」と「ミニオンズ」をあわせたシリーズ全体での位置づけとしては、第4作め又は通算第6作めは下から数えたほうが早い史上4番めの封切りヒットでしかない…


…という実態を踏まえると、第1作めが世に出た2010年から、もう15年近くにもなる旧いシリーズですから、さすがに飽きられてきたのかな…といった感じがしないでもありませんが、封切り興行の観客全体の8割以上が支持をして、ターゲットの12歳以下の児童に限れば、9割以上だけに、ほぼ全員が面白かった…!!と大絶賛の出口調査の結果なので、ミニオンズたちの騒動はまだまだ続きそうですね…!!


第2位 (1) 「インサイド・アウト 2」(2億ドル超)

$30,000,000−(3,760館/$7,979)−$533,823,699

RT の評論家の支持率 92 % / Metacritic スコア 74 / 出口調査の CinemaScore A



$21,000,000−(3,688館/$5,694)−$94,356,000

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 68 / 出口調査の CinemaScore B+


第4位 (初) 「マキシーン」(???ドル)

$6,705,038−(2,450館/$2,737)−$6,705,038

RT の評論家の支持率 76 % / Metacritic スコア 65 / 出口調査の CinemaScore B

CIA では成人向けの「18禁」の「ポルノ」の要素を含む作品の紹介を差し控えているのに加えて、この「X」シリーズに主演するミア・ゴスが、エキストラの出演者を愚弄し、暴力をふるった虐待疑惑の人格問題が言われていることもあり、採りあげていない第3作めの「マキシーン」を…

独立記念日の連休に公開した配給の A24 が公表した封切り成績は、たったの約671万ドルでした。とは言え、ともに一昨年の2022年に封切られた第1作め「X」の同成績は約428万ドル(2,865館)、第2作めのプリクエール「パール」は約313万ドル(2,935館)でしたから、そうした低い水準ながら、「マキシーン」はとりあえず、シリーズ最大の封切りヒットの記録を更新した…ことにはなっています。ただし…、


エリザベス・デビッキ、リリー・コリンズ、ジャンカルロ・エスポジート、ケヴィン・ベーコン、そして、ソフィー・サッチャーまで出演してる!!と、創り手のタイ・ウェスト監督がメジャーなキャストを増した豪華な顔ぶれの「マキシーン」は、製作費の具体的な金額を公表していないものの、「X」と「パール」がどちらも低予算のたった100万ドルで作られたのとは違い、製作費の規模を拡大したのは間違いありませんから、その元手を考慮すると、シリーズ最大の封切りヒット!!だからと言っても、そんなによろこぶことはできないかもしれませんし…、


この「マキシーン」の封切り興行の観客の約4割が、18歳から24歳の青年層に占められた、つまりソーシャル・メディアを利用する頻度の高い若者にウケていることから、ソーシャル・メディアを利用して稼ぎたいだけの映画垢が積極的に「X」シリーズを採りあげて、ネタにし「煽る」ため、優れた内容のヒットしている話題の人気作か…!!と焦って、カン違いしそうになりますが…、

出口調査では、周囲に「マキシーン」の鑑賞を薦めますか?!に「イエス」と回答は約6割弱ですから、そんなに必見の映画ではなさそうですし、要は低予算ホラーのお決まりとして、若者向けにエロと残酷描写を売りにし、手堅く稼ぎたいローリスク・ローリターンのパターンか…となりそうですね。なお、「X」トリロジーという書き方や言い方もされますが、「X」のタイトルのブランド化に成功した商売だけに、さらに続く第4作めが検討されているため、3部作とは限らないので、「X」シリーズのほうが適切のように思われます。



$6,550,000−(2,644館/$2,477)−$177,359,000

RT の評論家の支持率 64 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore A-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 June 28 - 30, 2024 : 6月28日~30日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (1) 「インサイド・アウト 2」(2億ドル超)

$57,400,000−(4,440館/$12,928)−$469,306,043

RT の評論家の支持率 92 % / Metacritic スコア 74 / 出口調査の CinemaScore A

この第2作めから新たに登場したネガティブな感情キャラのひとりの「エムバラスメント」つまり「みっともないと恥ずかしく、気おくれする羞恥心」の声に起用されたポール・ウォルター・ハウザー(クリント・イーストウッド監督の「リチャード・ジュエル」のリチャード役のひと)が…、

そのお見事な声の演技が「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」シリーズのグルートの声優のヴィン・ディーゼルに匹敵するものとして、マスコミの取材で讃えられるや、あんな奴と一緒にしないでくれ!!と気おくれすることなく、発言したことが…、


以前からよくないウワサになっていたヴィン・ディーゼルの大物気取りの傲慢を裏づける同業者からの証言として、大きく採りあげられ、物議をかもした…という変な理由から、あらためて注目のピクサーのアニメ映画が強敵の「ア・クワイエット・プレイス」の第3弾を僅差で下して、初登場から3週連続の首位連覇を達成となっています!!、ちなみに「ワイルド・スピード」の現場で、ヴィン・ディーゼルと衝突し、その傲慢ぶりを告発したドウェイン・ジョンソンつまりザ・ロックも同じく傲慢の大物気取りのカン違いがやり玉にあげられて、現在は「ウザい俳優」の第1位!!みたいな状況ですから、どっちもどっち…のようですね…。



$53,000,000−(3,708館/$14,293)−$53,000,000

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 68 / 出口調査の CinemaScore B+

撮影を開始する予定の「初日」が公式発表された朗報を先週真ん中の水曜日(Day 178)にお伝えした「ファンタスティック・フォー」(来年2025年夏7月25日全米公開予定)のヒーローのひとりのヒューマン・トーチとして、シネマティック・ユニバースに参戦する前に知っておいたほうがいい心得を、彼女が教えてくれたことで、マーベル入りへの不安を払拭できました…!!

…と共演者のジョセフ・クインが感謝のコメントを語っていた「ブラック・パンサー」シリーズの戦うヒロインなのに、ネコ科が苦手のルピタ・ニョンゴによれば…、

「初日」はまず、2匹のネコちゃんたちと一緒に同じ部屋にいることに耐えながら、ネコちゃんたちを連れてきてくれた女性から、ネコちゃんのお決まりの行動の意味の習性について学びました。そして、翌日の2日めに、恐る恐るですが、指1本の先だけで、ネコちゃんに触れてみることに挑戦したんです…。


…とのことで、「ア・クワイエット・プレイス」シリーズの前2作品を手がけたジョン・クラシンスキー監督からメガホンを託されたマイケル・サルノスキ監督(「ピッグ」2021年)が自ら執筆した脚本を読むなり、この映画は絶対に自分がやりたい!!と熱望したものの、主人公のサムがネコを連れている設定だったことから、挫けてしまい、マイケル監督にネコ以外のイヌとかほかの動物に変えてください!!、わたし、ネコだけはダメなんです…!!


…とお願いするも即座に却下されてしまい、マイケル監督があくまでも「ネコ映画」にこだわったことから、これまでのネコが苦手の人生を一変し、ネコ系に生まれ変わる決意をかためて、前述のようなネコ恐怖症を治療するセラピーを受けた結果、いまではペットの愛猫ヨーヨーとの暮らしを投稿するネコのインスタグラマー?!にすらなっちゃったよ…!!

…と、映画の内容は恐ろしいものの、主人公のサム役を獲得するためにルピタ・ニョンゴが挑んだ役作りの裏話の微笑ましさが、ネコ好きの共感も集めた「ア・クワイエット・プレイス」シリーズの「始まりの物語」のネコ映画「デイ・ワン」つまり「初日」を封切った配給のパラマウント映画が公表した封切り成績は、予想されていた期待値の4,000万ドル前後を大きく超えたばかりか…、


第1作め(2018年)の封切り成績=約5,020万ドル(3,508館)と第2作めの同成績=約4,755万ドル(3,726館)をも超えて、まさかのシリーズ最大封切りヒットの新記録を更新した約5,300万ドルでした!!、シリーズ通算第3作めとは言え、前2作品を観ていなくても、まったく楽しめる独立した前日譚であることや、大都会のニューヨークを舞台にしたことで、アクションの見せ場のスケールと迫力が増したこと、それから思いがけず、同じくニューヨークが舞台だった…


モンスター映画の大ヒット作「クローバーフィールド」(2008年)の正統な続編を望むファンたちが、「ア・クワイエット・プレイス」ではなく、これって別バージョンのもうひとつの「クローバーフィールド」だよね!!とウケてくれたことなどに加えて、前2作品もそうでしたが…、

マイケル・サルノスキ監督が単にモンスター・ホラーの見せ場のハラハラで、観客の目を楽しませるだけ…の娯楽作ではなく、赤の他人同士なのに協力して、サバイバルを強いられるハメになった主人公のサム(ルピタ・ニョンゴ)とエリック(ジョセフ・クイン)の人物像をおろそかにせず、人間ドラマとしての観応えを兼ね備えながら…、

さらに同監督がこだわったネコのフロド役に起用されたシュニッツェルと代役のニコの名演がよいアクセントになった「デイ・ワン」は…、


そもそもエミリー・ブラントが演じる「お母さん」を主人公とする「女性映画」の側面を持つ「ア・クワイエット・プレイス」にふさわしく、封切り興行の観客全体の約3割を占める25歳以上の大人の女性たちの約8割以上から支持された…!!の出口調査の結果だけに、ルピタ・ニョンゴが演じた主人公サムへの女性たちの厚い共感の口コミが拡がって、当日券が爆売れしたことが、前述のように予想を大きく超える結果を叩き出す成功につながったように分析できそうです…!!



$11,000,000−(3,334館/$3,299)−$11,000,000

RT の評論家の支持率 40 % / Metacritic スコア 46 / 出口調査の CinemaScore B-

「アメリカの良心」や「アメリカの道徳」、つまり、「アメリカン・ウェイ」を体現するシンボルの名優として見なされているだけに、ザック・スナイダー監督がスーパーマンのお父さん役に起用したのは、まったくの大正解だったケヴィン・コスナーは…、

のちに「ロビン・フッド」(1991年)と「ウォーターワールド」(1995年)でも、名コンビを組むことになるケヴィン・レイノルズ監督の才能が認められた出世作の「ファンダンゴ」(1985年)を同じく出世作として、頭角をあらわし、ブライアン・デ・パルマ監督の「アンタッチャブルズ」(1987年)が大ヒットになったことで、押しも押されもせぬアメリカのシンボルのスターになったわけですが…、


そのケヴィン・コスナーが自ら監督した西部劇の主演作「ダンスズ・ウィズ・ウルブス」(1990年)や、1994年公開のローレンス・カスダン監督の西部劇の主演作「ワイアット・アープ」よりも前の今から約36年も昔の1988年に企画した…と書けば、その約3年前の1985年に封切られた同じくローレンス・カスダン監督の西部劇映画史上の傑作の準主演作「シルバラード」の脚本を共同執筆した同監督の兄のマーク・カスダンが原案者に名前を連ねているのも納得できる…


ケヴィン・コスナーが私財を投じて、製作・共同脚本・監督・主演をかね、自らの西部劇の集大成となるライフワークの大河映画を実現した「ホライズン : アメリカン・サーガ」シリーズ全4作品のうちの始まりの物語の「第1章」を全米公開した配給のニュー・ライン・シネマ、つまりディスカバリーつまり昔はワーナーが公表した封切り成績は一見すると、かなりガッカリ…の感が否めない約1,100万ドルでした…。

シエナ・ミラー(「21 ブリッジス」2019年)、サム・ワーシントン(「アバター」シリーズ)、イザベル・ファーマン(「エスケープ・ルーム 2」2021年)、ジェナ・マローン(「レベル・ムーン」2023年)、アビー・リー(「マッドマックス」2015年)、そして、ケヴィン・コスナーとは「JFK」(1991年)で共演した間柄のマイケル・ルーカー(「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」シリーズ)といった顔ぶれを集めて…、

いわゆる西部開拓時代のうちの南北戦争の前後の頃を舞台とし、多彩な登場人物を通して、西部開拓史を描く「ホライズン」シリーズは、日本映画で言えば、お侍さんの時代劇だけに、封切り興行の観客の約半数が55歳以上の高齢…ということは、前述の80年代から90年代にかけてのケヴィン・コスナーの絶頂期をよく知っている世代の昔からのファンのみなさんか…と理解できそうですが…、


ご年配の観客は若者とは違って、封切りに焦って、駆けつけたりはせず、マイペースにゆっくりとやって来る傾向や、続編「第2章」が再来月8月16日全米公開ですから、それまでに観ればいいや…と思うひとたちもいるでしょうから、封切り成績の約1,100万ドルのガッカリ…はあくまでも「一見すると…」という書き方となっていますし…、

「第1章」から「第4章」をあわせて、1億ドルを超える巨額製作費のうちの半分を自ら出資した…と言われてるケヴィン・コスナーも、この「ホライズン」シリーズはいきなり大ヒットして、即座に投資を回収するタイプの作品ではなく、全4作品をあわせて、長期的に世代を超えて、いつまでも観続けられる西部劇の決定版!!として、取り組んだでしょうから、第1作めの封切り成績だけで、成功か失敗か?!いきなり判断するのは早計の無粋ですね。ケヴィン・コスナーのファンの方としては全4作品が、いずれ配信リリースされたら、ミニシリーズのようにイッキ観するのが楽しみではないでしょうか…!!



$10,335,000−(3,312館/$3,120)−$165,250,000

RT の評論家の支持率 64 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore A-


第5位 (初) 「カルキ 2898 AD」(7,200万ドル)

$5,475,000−(1,049館/$5,219)−$5,475,000

RT の評論家の支持率 72 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore --

超富裕層が資源を搾取して、贅沢三昧の空に浮かぶ逆さピラミッドの楽園に暮らす一方、その他の人たちは生きることの困難を強いられてる終末世界化した暗黒の超未来の2898年を舞台にして…、


神に相当する支配者のヤスキンが生きながらえるための人体実験として、女性が身ごもった胎児のカルキをめぐる攻防を描いたボリウッド映画のSFアクション大作「カルキ・シネマティック・ユニバース」の第1作め「カルキ 2898 AD」が第5位に初登場!!、未来を変える力を持つ胎児の名前…


…のカルキは、ヒンドゥー教のヴィシュヌ神の化身のひとつであり、新しい時代を到来させる同名の救世主の名前を引用したものとなっています。メガホンをとったのは、伝記映画「マハナティ(伝説の女優サーヴィトリ)」(2018年)のナーグ・アシュウィン監督。Amazon が配信権を取得していますから、いずれ Prime Video に登場するのかもしれません…!!


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 June 21 - 23, 2024 : 6月21日~23日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

華氏の90度から100度を超えるかも…ということは日本で使われている温度の単位の摂氏で言えば、約32度から約38度を超えるかもしれないため、熱中症のリスクが極めて高まり、警報のアラートが発せられる猛暑に見舞われた週末だけに…


屋外のレジャーは危険のため、ファミリーがこぞって、冷房の効いた映画館に逃げ込んだ…!!と熱波の災いが思いがけず福に転じて、動員を後押しされた公開2週めのピクサーのアニメ映画が…

第1位 (1) 「インサイド・アウト 2」(2億ドル超)

$100,000,000−(4,440館/$22,523)−$355,183,116

RT の評論家の支持率 92 % / Metacritic スコア 74 / 出口調査の CinemaScore A

ライバルのイルミネーションのニンテンドー・アニメ「スーパー・マリオ」が、昨2023年春に叩き出したアニメ映画史上最大の公開2週めの大ヒットの記録=約9,235万ドル(4,371館)を超えたどころか、昨2023年の全米映画興行の年間ランキングの第1位に昇りつめた「バービー」の公開2週めの大ヒットの記録=約9,301万ドル(4,337館)をも抜いて…、


マーベルのヒーロー大集合映画「アベンジャーズ」シリーズ第1作め(2012年)の公開2週めの成績の約1億305万ドル(4,349館)に迫る約1億ドルを稼いで、国内の売り上げの総額が早くも約3億5,518万ドルに達したことで、今年2024年最大ヒット作の王座に居座っていた「デューン 2」の成績=約2億8,214万ドルを下して、新たに年間興行ランキングの暫定第1位の王座に着きました…!!

いまの時点での「インサイド・アウト 2」の最終的な国内の成績の見込みは、恐らく6億ドルを突破するのでは…?!と期待されていますから、前述の「バービー」の昨2023年の最大ヒットの記録=約6億3,623万ドルに迫るかもしれません…?!



$18,775,000−(3,781館/$4,966)−$146,911,000

RT の評論家の支持率 64 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore A-


第3位 (初) 「ザ・バイクライダーズ」(4,000万ドル)

$10,000,000−(2,642館/$3,785)−$10,000,000

RT の評論家の支持率 81 % / Metacritic スコア 71 / 出口調査の CinemaScore B

「テイク・シェルター」(2011年)や「ラヴィング」(2016年)といった「シネマ・スペシャリテ」のインディーズ系の映画、つまり、創り手が大衆ウケの商業性を目指して、お金を儲けるよりも、自分が私的に興味を抱いた題材に取り組んで、作家性を発揮することを目指した小品の傑作映画で知られ、映画通から支持されているジェフ・ニコルズ監督(↓)が…、

男性の映画スターの中ではいま最も人気のひと!!と言い切って、差し支えのないオースティン・バトラー(「デューン 2」2024年)を主演にして、現在はゾンビ映画「28日後」(2002年)の続編の「28年後」(2025年6月20日全米公開)を撮影中のジョディ・カマーと、「ヴェノム 3」が今秋10月25日から全米公開のトム・ハーディを準主演に迎え、マイク・フェイスト(「チャレンジャーズ」2024年)、ノーマン・リーダス(「ザ・ウォーキング・デッド」シリーズ)といった豪華な顔ぶれを集めて…、


写真家ダニー・リオン作の同名写真集をもとに、1960年代を舞台にして、主人公のワイルドなベニー=オースティン・バトラーが運命的に結ばれた新妻キャシー=ジョディ・カマーへの愛と暴走族のリーダーのジョニー=トム・ハーディへの忠誠心との間で揺れることに…と、言わば三角関係の込み入った愛憎の物語を独自に練りあげ、アメリカの近代史におけるバイカー・カルチャーの移り変わりを投影した「ザ・バイクライダーズ」を封切った…


フォーカス・フィーチャーズつまりユニバーサル映画が公表した封切り成績は、ほぼ期待値どおりの約1,000万ドルでした!!、女性に人気のオースティン・バトラー主演作ながら、見た目がクールなバイクの映画だけに、観客の半数以上の約6割を男性が占めて、観客全体の約7割ちょっとが支持をする出口調査の結果の「ザ・バイクライダーズ」は、まずまずの好評ですから、口コミをもとに動員を持続できるかもしれませんし、このあとの配信市場では息の長いロングセラーのヒット作になりそうかもしれませんね…!!


第4位または第5位 (4) 「ザ・ガーフィールド・ムービー」(6,000万ドル)

$3,600,000−(3,013館/$1,195)−$85,142,000

RT の評論家の支持率 37 % / Metacritic スコア 30 / 出口調査の CinemaScore B+


第4位または第5位 (3) 「キングダム・オブ・ザ・プラネット・オブ・ジ・エイプス」(1億6,000万ドル)

$3,600,000−(2,410館/$1,494)−$164,396,089

RT の評論家の支持率 81 % / Metacritic スコア 66 / 出口調査の CinemaScore B


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 June 14 - 16, 2024 : 6月14日~16日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

封切り興行の観客全体の約2割が12歳以下の児童であり、その児童の観客のうち、女の子が半数を超えて、男の子を上回り、児童の付き添いの保護者の約7割ちょっとが女性ですから、お母さん、あるいはおばあさんか…と、感情キャラたちの「職場」にあたる「頭の中」の頭の主が少女だけに観客も…、

やや女性に偏っているため、16日の日曜日の「父の日」を含めた週末のタイミングを狙って、ファミリー向けに封切られたとは言え、実際のところ「父の日」はあまり関係なくて、お父さんは妻子が映画館に出かけている間に、この週末の配信リリースの超話題作「ザ・ボーイズ」シーズン 4 でも楽しんでいたのかな…などと想像してしまうピクサーの長編アニメ映画の第28作めにあたる…

第1位 (初) 「インサイド・アウト 2」(2億ドル超)

$155,000,000−(4,440館/$34,910)−$155,000,000


RT の評論家の支持率 92 % / Metacritic スコア 74 / 出口調査の CinemaScore A

「インサイド・アウト 2」を約4,440館もの規模で上映の全米超拡大公開したディズニーが公表した封切り成績は、「デューン 2」が今春に記録した今年2024年最大封切りヒット!!の約8,251万ドル(4,071館)を超えて更新し、やっと夏場の特大ヒット作にふさわしい、いきなり 1億ドル突破!!の約1億5,500万ドルの巨額でした…!!から…、


今夏のサマーシーズンは大ヒットが期待されていた「ザ・フォール・ガイ」「マッドマックス」の「フリオーサ」が沈没し、そのほかの作品も今ひとつ振るわず、映画の鑑賞料金が高過ぎる!!の不満の声が、しきりに言われたことで、今や存亡の危機の映画興行界としては、ひと安心できた感の「インサイド・アウト 2」の封切り成績の約1億5,500万ドルは…、


約9年前の2015年の同時期に封切られた前作「インサイド・アウト」の封切り成績の約9,044万ドル(3,946館)から大きく飛躍したばかりか、ライバルのイルミネーションが昨2023年春に封切ったニンテンドー・アニメ「スーパー・マリオ」が叩き出した同成績の約1億4,636万ドル(4,343館)を超えて、同じくピクサー・アニメの同じく続編映画の「インクレディブルス 2」が、2018年夏の同時期に記録したアニメ映画史上最大封切りヒット!!の約1億8,269万ドル(4,410館)に次ぐ…

アニメ映画史上とピクサー史上の両方において、ともに「2番め」の封切りヒットに位置づけられる大成功と宣伝できることになりますが、今夏の全米映画興行が振るわない理由のひとつとして、前述のように映画鑑賞料金が値上げをし過ぎたため、サブスク代を毎月支払ってる配信サービスでのリリースを待つ傾向が高まったから…と言われているのを踏まえると…、

「インサイド・アウト 2」の封切り興行の観客の約52%が、ディズニーの配信サービス Disney+ をサブスクしてるのに(Netflix は約66%がサブスク)、どうして、D+ でのリリースを待たずに映画館に出かけたの?!が疑問になりますが、前述の12歳以下の児童が約2割に加えて、「頭の中」の主の少女ライリーちゃんと同じ 13歳から 17歳までの少年少女が約3割ですから、つまり観客の半数は17歳以下…という年齢層の偏りですから…、


「頭の中」の主の少女ライリーちゃんが 13歳に成長し、思春期を迎え、前作の11歳の頃より感情が多岐にわたって、複雑になった…つまり「多感」の文字どおりに「不安にかられて、心配に落ち込む」「うらやましいと妬む」「みっともないと恥ずかしく、気おくれする」「そんなのダルいわ…とシラケて、退屈になる」のネガティブな感情が追加され、陰キャラに支配されてしまうように…、


誰もが観たピクサーの大ヒット作の話題の続編が封切られたというのに映画館に出かけず、出費を控えて、配信を待つだなんて「みっともないと恥ずかしく、気おくれする」し、映画館に出かける友だちの家族を「うらやましいと妬む」、そして、学校やソーシャル・メディアの話題についていけないのでは…と「不安にかられて、心配に落ち込む」かもしれない子どもらが、うちの親は「ダルいわ…とシラケて、退屈になる」と困るから…

…とつまり、子どもから映画を観たい!!と、せがまれると仕方がない…の事情を推測すると、前述のように大人向けの「マッドマックス」が沈没の一方、ファミリー向けの「ガーフィールド」と「IF」、そして、広い意味において、子どもたちが大好きな「しゃべる動物映画」の範ちゅうに入る「猿の惑星」が、今の振るわない夏興行に動員を維持できているわけも理解できそうなのと…、


観客の約9割が支持をし、7割を超えるひとたちが周囲に絶賛お薦めしたい!!の出口調査だけに、その前向きの口コミが効いたのか、当日券がよく売れてることも、「インサイド・アウト 2」が最も当初に予想された前作と同等か、前作以下もあり得る…と言われた低めの見込みを巻き返し、映画不況の興行低迷を突破して、夏のイベント映画らしい特大ヒットを放つことができた事情かもしれませんね…!!、なお、封切り成績が約1億5,500万ドルは…、

マーベル・シネマティック・ユニバースで言えば、「キャプテン・マーベル」(2019年)の同成績の約1億5,343万ドル(4,310館)に相当し、ピクサー史上では前述のように「2番め」の封切り成績ですが、マーベル史上では Top10 には入れない「11番め」の位置づけにあたります。



$33,000,000−(3,885館/$8,494)−$112,240,000

RT の評論家の支持率 64 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore A-



$5,200,000−(2,600館/$2,000)−$157,804,082

RT の評論家の支持率 81 % / Metacritic スコア 66 / 出口調査の CinemaScore B


第4位 (2) 「ザ・ガーフィールド・ムービー」(6,000万ドル)

$5,000,000−(3,411館/$1,466)−$78,525,000

RT の評論家の支持率 37 % / Metacritic スコア 30 / 出口調査の CinemaScore B+


第5位 (4) 「ザ・ウォッチャーズ」(???ドル)

$3,665,000−(3,351館/$1,094)−$13,665,000

RT の評論家の支持率 30 % / Metacritic スコア 48 / 出口調査の CinemaScore C-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。