Posts

Showing posts with the label Black Panther

Marvel Edit: Dream On ■ エアロスミスが半世紀前の1973年に発表した初期の代表曲「Dream On」をフィーチャーしたマーベル・シネマティック・ユニバースのちょっと切ないトリビュート・ビデオ ! !


脳腫瘍をふたつも抱えて、治療が大変…のアメリカの YouTuber の Ninja2012 さんが、おととしの2021年に編集するも、投稿していなかったマーベル・トリビュートの “ Dream On ” を披露してくれました…!!


…という事情から、シネマティック・ユニバースを代表する新しい顔のイマンちゃんミズ・マーベルや、ヘイリー・スタインフェルドちゃん二代目ホークアイのケイト、オスカー・アイザックの月光騎士のムーン・ナイトといった最近の人気キャラクターは含まれていませんが、マーベル・ファンの方はお楽しみください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

'Ant-Man and the Wasp: Quantumania' secured a Release date in China 💰


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ の中国版のポスターをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 January 6 - 8, 2023 : 1月6日~8日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (1) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$45,000,000−(4,340館/$10,369)−$516,789,379

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A


「アバター 2」の驚きの興行記録は、上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のメーガンをタップしてください…!!

「メーガン」の封切り成績についても、上 ↑ の🚩文字のリンク、または上 ↑ のポスターをタップです…!!

第2位 (初) 「メーガン」(1,200万ドル)

$30,200,000−(3,509館/$8,606)−$30,200,000

RT の評論家の支持率 94 % / Metacritic スコア 72 / 出口調査の CinemaScore B



$13,120,000−(3,919館/$3,348)−$87,706,000

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A


昨2022年末の12月30日の金曜日に、ニューヨークとロサンゼルスの東西2大都市あわせて計4館だけの限定公開で…、


$4,200,000−(637館/$6,593)−$4,285,000


RT の評論家の支持率 68 % / Metacritic スコア 52 / 出口調査の CinemaScore ?

名優トム・ハンクスを主演に起用して、北欧スウェーデン発の傑作映画(2015年)をリメイクしたハリウッド版「幸せなひとりぼっち」の「オットーと呼ばれた男」を先行封切りしたソニピが…、


上映規模を拡大したことで、第4位に浮上してきましたが、拡大と言っても、まだ全米公開とは言えない637館の控えめなスクリーン数だけに、1館あたり平均売り上げとしては約6,593ドルを稼いでいるマーク・フォースター監督の感動作は、ひとつ上の第3位のアニメ「長ぐつをはいたネコ」よりも、映画館の座席を埋めていることになります…!!


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のトム・ハンクスをタップしてください…!!



$3,398,000−(2,255館/$1,507)−$445,437,616

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore A

「ブラック・パンサー 2」は、いよいよ来月の2月1日の水曜日に Disny+ 配信スタートです!!、D+ 会員のマーベル・ファンの方はお楽しみに…!!


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 December 30, 2022 - January 1, 2023 : 2022年12月30日~2023年1月1日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (1) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$63,444,000−(4,202館/$15,099)−$421,561,914

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ の写真をタップしてください…!!



$16,250,000−(4,121館/$3,943)−$60,657,330

RT の評論家の支持率 95 % / Metacritic スコア 75 / 出口調査の CinemaScore A



$4,830,000−(2,310館/$2,091)−$437,975,653

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore A

第4位のソニピの年末年始の勝負作の音楽伝記映画も第5位のパラマウント映画の年末年始の勝負作も共に魅力を欠いて、観客の関心を集められなかったせいか、先週は第6位だった公開8週めの…


マーベルのコミックヒーロー映画「ブラック・パンサー 2」が、前述の2作品よりもスクリーンの数が、1,000館以上も少ない…というのに第3位に急浮上して、トップ 3 に返り咲いています…!!



$4,250,000−(3,625館/$1,172)−$14,870,000

RT の評論家の支持率 46 % / Metacritic スコア 55 / 出口調査の CinemaScore A


第5位 (4) 「バビロン」(1億1,000万ドル)

$2,730,000−(3,351館/$815)−$10,139,000

RT の評論家の支持率 55 % / Metacritic スコア 59 / 出口調査の CinemaScore C+


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 December 16 - 18, 2022 : 12月16日~18日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (初) 「アバター: ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」(推定4億6,000万ドル)

$134,000,000−(4,202館/$31,890)−$134,000,000

RT の評論家の支持率 78 % / Metacritic スコア 69 / 出口調査の CinemaScore A


上 ↑ の🔗文字のリンク、または下 ↓ の写真をタップしてください…!!



$5,400,000−(3,380館/$1,598)−$418,991,185

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore A

5週連続首位の王座を同じディズニー・グループの20世紀スタジオ作品「アバター 2」に譲り渡し、第2位に退いた公開6週めの約4億1,899万ドルを稼いでいる「ブラック・パンサー 2」は、そろそろ興行の寿命が終わりに達しようとしていますから…、


「キャプテン・マーベル」(2019年)=約4億2,683万ドルは追い抜くかもしれませんが、「エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年)=約4億5,901万ドルには届かず、シネマティック・ユニバース史上第7位の位置につけることになりそうですね。なお、人種差別反対の気運に後押しされ、社会現象のブームになった前作(2018年)の記録=約7億ドルには、やっぱり状況が違うので、あらかじめ無理…と思われたように超えることはできなさそうです。


第3位 (2) 「バイオレント・ナイト」(2,000万ドル)

上位ランキングの5作品のうち、このユニバーサル映画の暴力的クリスマス映画以外の残りの4作品はすべてディズニー・グループの作品…というディズニーの映画興行市場の独占状態…。

$5,000,000−(3,525館/$1,418)−$34,962,085

RT の評論家の支持率 70 % / Metacritic スコア 55 / 出口調査の CinemaScore B+


第4位 (3) 「ストレンジ・ワールド」(1億8,000万ドル)

$2,200,000−(2,870館/$767)−$33,778,060

RT の評論家の支持率 73 % / Metacritic スコア 65 / 出口調査の CinemaScore B


第5位 (4) 「ザ・メニュー」(3,000万ドル)

$1,700,000−(1,875館/$907)−$32,122,499

RT の評論家の支持率 90 % / Metacritic スコア 71 / 出口調査の CinemaScore B


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 December 9 - 11, 2022 : 12月9日~11日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

まさに嵐の前の静けさ…とでも言うべきか、歴史的大ヒットを叩き出す並外れた金運の持ち主?!のジェームズ・キャメロン監督の「アバター 2」の「ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」が、ついに今週末12月16日全米公開ですから、その直前に新作を封切っても、即座に観客を奪われて、興行の寿命が1週間で終わるかも…に加え、そもそもスクリーンが「アバター 2」に抑えられていて、利用できる映画館の数が限られてしまうので、各社が新作の全米公開を控えたため、週末ランキングの順位は先週と変わらず、変動なしです…


$11,100,000−(3,725館/$2,980)−$409,810,778

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore A

…と、ディズニー・20世紀の「アバター 2」に援護されたような恩恵を得たディズニー・マーベルの「ブラック・パンサー 2」が、ディズニー・グループの連携による半ば予定通り?!とも言えそうな前作(2018年)と同じ5週連続の第1位を達成!!となっています…!!


第2位 (2) 「バイオレント・ナイト」(2,000万ドル)

$8,700,000−(3,723館/$2,337)−$26,694,315


RT の評論家の支持率 70 % / Metacritic スコア 55 / 出口調査の CinemaScore B+

サンタさんの住まいがあるとされる北極の様子や、サンタの奥さんのミセス・クロースも登場しなかったし、脚本には盛り込んだけれど、撮影できずに泣く泣くカットしたアイディアも残っているのと、この映画を作るのはホントに大爆笑だったから、もっとやりたい…!!と…


続編への意欲を語ったトミー・ウィルコラ監督が、ジャーナリストのブライアン・デービッドから「ホワット・ハプンド・トゥ・マンデー」(2017年)から連続して、「ザ・トリップ」(2021年)でも組んだ名コンビの間柄の元祖ドラゴン・タトゥーの女ノオミ・ラパスをサンタの奥さん役に起用しては?!と提案され、それは考えてなかった!!、彼女なら最高だ!!と思わず、ひざを叩いてしまったそうですから、「バイオレント・ナイト 2」はサンタの奥さんが大暴れ!!の展開になるかもしれませんね…!!


第3位 (3) 「ストレンジ・ワールド」(1億8,000万ドル)

$3,600,000−(3,560館/$1,011)−$30,453,692

RT の評論家の支持率 73 % / Metacritic スコア 65 / 出口調査の CinemaScore B


第4位 (4) 「ザ・メニュー」(3,000万ドル)

$2,700,000−(2,710館/$996)−$29,027,758

RT の評論家の支持率 90 % / Metacritic スコア 71 / 出口調査の CinemaScore B


第5位 (5) 「デヴォーション」(9,000万ドル)

$2,000,000−(3,458館/$578)−$16,972,419

RT の評論家の支持率 79 % / Metacritic スコア 66 / 出口調査の CinemaScore A-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 December 2 - 4, 2022 : 12月2日~4日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。


$17,593,000−(3,855館/$4,564)−$393,724,077

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore A

いまの時点での世界総額の興行成績が約7億3,302万ドルの「ワカンダ・フォーエバー」は、今夏のヒット作「ソー 4」の同成績=約7億4,525万ドルを超えるのは確実であり、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの前作「Vol.2」(2017年)の記録=約8億6,909万ドルに迫る可能性も高そう…


…ですが、「ドクター・ストレンジ 2」が叩き出した約9億5,222万ドルにまでたどり着けるか…?!となると、かなり微妙ですから、国内の成績に限っては、レティシア・ライトのブラック・パンサーとアイアンハートのドミニク・ソーン、テノッチ・ウエルタのネイモアたちは、ベネディクト・カンバーバッチのドクター・ストレンジとソチ・ゴメスのアメリカ・チャベス、そして、リジーの複数のワンダたちに勝利できたとしても、国際的な市場においては、やはり、何が飛び出すか?!わからなかった並行世界の話題の注目度の高さには敵わない…ということになりそうですね…。


第2位 (初) 「バイオレント・ナイト」(2,000万ドル)

$13,300,000−(3,682館/$3,612)−$13,300,000

RT の評論家の支持率 70 % / Metacritic スコア 55 / 出口調査の CinemaScore B+


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のサンタさんをタップしてください…!!


第3位 (2) 「ストレンジ・ワールド」(1億8,000万ドル)

$4,921,000−(4,174館/$1,179)−$25,519,736

RT の評論家の支持率 73 % / Metacritic スコア 65 / 出口調査の CinemaScore B


第4位 (5) 「ザ・メニュー」(3,000万ドル)

$3,556,000−(2,810館/$1,265)−$24,724,732

RT の評論家の支持率 90 % / Metacritic スコア 71 / 出口調査の CinemaScore B

「X-Men」のミュータントのマジックとして、シネマティック・ユニバースに登場してほしい!!と、マーベル・ファンが期待を寄せているアニヤ・テイラー=ジョイ主演の美食スリラーは…、

カルトな集団に巻き込まれた女性の物語という似て非なる設定から、ブラック・ウィドウのフローレンス・ピューが主演した白夜のホラーのカルト作「ミッドソマー」(2019年)と並べて語られたりしていますが、いまの時点での国内の売り上げが約2,472万ドルの狂ったレストランは…、


エレーナ主演作の同成績の約2,743万ドルに追いついて、超えそうですし、世界総額の興行成績では「ミッドソマー」の記録が約4,676万ドルだったのに対し、「ザ・メニュー」は、その金額を超えた約4,722万ドルをすでに稼いでいますから、ピューに負けず劣らずの ATJ の人気の高さを踏まえると、ディズニー・マーベルはマジックを復活させたほうがよいことになります…!!


第5位 (4) 「デヴォーション」(9,000万ドル)

$2,800,000−(3,405館/$822)−$13,800,007

RT の評論家の支持率 79 % / Metacritic スコア 66 / 出口調査の CinemaScore A-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Box Office 💰 David Harbour's 'Violent Night' slightly over-performs its predictions 🔥


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のポスターをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Endgame Poster made up by Only Female Avengers ■ 女だけアベンジャーズのいまの A-Force のメンバーをアセンブルドした女版「エンドゲーム」のファンメイドのポスター ! !


南太平洋のサモア出身らしいオーストラリアのアーティスト、70.6ix さんの作品ですが…、

アベンジャーズ: エンドゲーム」(2019年)の本来のポスター(↓)では、サノスの顔が置かれている位置に、リジーのワンダが描かれていますから、どうやら、この女だけの並行世界?!では、恐怖の魔女のスカーレット・ウィッチが悪役!!という設定のようですね!!、それにしても…、


このようにあらためて、A-Force の戦うヒロインたち勢ぞろいの様子を見せられると、マーベル・シネマティック・ユニバースは女性の活躍が著しくなったことが再確認できたかもしれません?!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 November 25 - 27, 2022 : 11月25日~27日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。


$45,900,000−(4,258館/$10,780)−$367,670,596

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore A

興行対決のライバルになるようなブロックバスター映画の話題作がないだけに、公開3週めも当然のように大ヒットの第1位「ブラック・パンサー 2」は世界総額の興行成績が約6億7,557万ドルに達し、「ドクター・ストレンジ」の第1作め(2016年)の最終的な同成績の約6億7,634万ドルに早くも追いつこうとしていますから、今夏に封切られ、やや不評だった同じマーベル作品の「ソー 4」の「ラブ&サンダー」の売り上げ=約7億4,525万ドルを超えそうですね…!!


第2位 (初) 「ストレンジ・ワールド」(1億8,000万ドル)

「ラーヤ・アンド・ザ・ラスト・ドラゴン」(2021年)のドン・ホール監督が、ジェイク・ジレンホールを声の主演に迎えたアニメ版「センター・オブ・ジ・アース」みたいな「ストレンジ・ワールド」は、早い時期から失敗作の不評が広まってしまい、マスコミも観客も興味を示していませんでしたが…、

$11,900,000−(4,174館/$2,851)−$18,600,000


RT の評論家の支持率 73 % / Metacritic スコア 65 / 出口調査の CinemaScore B

大晦日と言えば紅白歌合戦という日本での昔からのお決まりと同様にサンクスギビングの感謝祭と言えば、家族そろってディズニーのアニメ映画!!が、アメリカの昔からのお決まりの伝統ですから、不発になるだろう…ことは薄々、予想ができても、Disney+ に放り投げるのではなく、映画館で封切らずにはいられなかったディズニーが巨額の製作費の約1億8,000万ドル超を回収できるわけもなく、1億5,000万ドルに近い赤字を抱え込むのでは…?!と試算されているため、ひとつ上 ↑ の「ブラック・パンサー 2」の大ヒットも、これで帳消し?!(苦笑)



$9,200,000−(696館/$13,218)−$13,300,000

RT の評論家の支持率 93 % / Metacritic スコア 81 / 出口調査の CinemaScore ?


上 ↑ の文字のリンク、または下 ↓ の写真をタップしてください…!!


第4位 (初) 「デヴォーション」(9,000万ドル)

$6,000,000−(3,405館/$1,762)−$9,040,000


RT の評論家の支持率 79 % / Metacritic スコア 66 / 出口調査の CinemaScore A-

マーベル・シネマティック・ユニバースが現在進行中のマルティバース・サーガでのヒーローたちの宿敵となる悪役の並行世界の時間軸の支配者カン・ザ・コンカラァの役のほか、「クリード 3」(2023年3月3日全米公開)でのアドニス=マイケル・B・ジョーダンの対戦相手としても大注目のジョナサン・メジャースが、海軍初のアフリカ系のパイロット、故ジェシー・ブラウンさんの役に扮して…


今年2022年を代表する大ヒット作「トップガン 2」のグレン・パウエル扮する同じくパイロットの故トム・ハドナーさんと肌の色が異なる名コンビを組んで、朝鮮戦争で活躍した友情の実話の映画化「デヴォーション」を感謝祭の勝負映画として、3,405館で封切ったソニピでしたが、2,709館もスクリーンの数が少ない「ガラスの玉ねぎ」に負けてしまいました…。


第5位 (2) 「ザ・メニュー」(3,000万ドル)

$5,200,000−(3,228館/$1,611)−$18,670,443

RT の評論家の支持率 90 % / Metacritic スコア 71 / 出口調査の CinemaScore B


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Movie Shopper's Guide 🎁 Letitia Wright as Black Panther Figure from 'Wakanda Forever'


大ヒット公開中のマーベルのアフリカ系ヒーロー映画の第2作め「ワカンダ・フォーエバー」で、亡き兄の黒豹殿下のティチャラ(故チャドウィック・ボーズマン)のあとを継いだシュリ(レティシア・ライト)の女版のブラック・パンサーのフィギュアが、再来年の2024年春の4月30日発売の予定だそうです!!、ご予約はコチラ!!➡️ https://amzn.to/3gtmAT8



🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 November 18 - 20, 2022 : 11月18日~20日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。


$67,300,000−(4,396館/$15,309)−$287,992,647

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore A

上 ↑ のブラック・パンサーのシュリ、または下 ↓ の文字のリンクをタップしてください…!!


第2位 (初) 「ザ・メニュー」(3,000万ドル)

$9,000,000−(3,211館/$2,803)−$9,000,000

RT の評論家の支持率 90 % / Metacritic スコア 71 / 出口調査の CinemaScore B



第3位 (初) 「ザ・チョーズン シーズン 3 : エピソード ①&②」(???ドル)

$8,219,762−(2,027館/$4,055)−$8,219,762

教会を経由して、鑑賞券を販売や配布したのかなと思いますが、キリストの生涯とありがたい教えを描くテレビシリーズが、シーズン3のリリースに先がけ、最初の2話を劇場公開したものが第3位に登場しています。キリスト教の信者の方だけ観ればよい作品ですから、一般的な映画を取り扱うエンタメサイトでは布教になるため採りあげられず、CIA も内容を紹介したりはしません。


第4位 (2) 「ブラック・アダム」(1億9,500万ドル)

$4,480,000−(3,372館/$1,329)−$156,964,608

RT の評論家の支持率 40 % / Metacritic スコア 41 / 出口調査の CinemaScore B+


第5位 (3) 「チケット・トゥ・パラダイス」(6,000万ドル)

$3,200,000−(3,268館/$979)−$61,556,235

RT の評論家の支持率 55 % / Metacritic スコア 50 / 出口調査の CinemaScore A-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Black Panther Wakanda Forever's sophomore weekend lower than expected, The Menu got off to promising start 💰😋


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のポスターをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 November 11 - 13, 2022 : 11月11日~13日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。


$180,000,000−(4,396館/$40,946)−$180,000,000

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 67 / 出口調査の CinemaScore A

上 ↑ のシュリ、または下 ↓ の文字のリンクをタップしてください…!!



第2位 (1) 「ブラック・アダム」(1億9,500万ドル)

$8,600,000−(3,603館/$2,387)−$151,123,090

RT の評論家の支持率 40 % / Metacritic スコア 41 / 出口調査の CinemaScore B+


第3位 (3) 「チケット・トゥ・パラダイス」(6,000万ドル)

$6,100,000−(3,633館/$1,679)−$56,512,445

RT の評論家の支持率 55 % / Metacritic スコア 50 / 出口調査の CinemaScore A-

クロエ・モレッツちゃんの親友なんだから、いい人に決まっているケイトリン・ディーヴァーが、ジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニーの大物ふたりと共演した公開4週めのロマコメは…、
先週から433館もスクリーンの数が減ったものの、しかし、集客減の割り合いは 3割以下の約−29%に抑えられていますから、当初に予想した通り、映画館に焦って駆けつけたりはしない大人向けのロマコメとして、地道に客足を維持しています…!!


日本ではポッキーの日だった先週末の金曜日の11月11日がベテランズ・デー=復員軍人の日の祝日だった…という連休の都合からか、家族向けのワニ映画が先週の第6位から浮上しています…!!

第4位 (6) 「ライル、ライル、クロコダイル」(5,000万ドル)

$3,200,000−(2,486館/$1,287)−$40,839,609

RT の評論家の支持率 68 % / Metacritic スコア 49 / 出口調査の CinemaScore ?


第5位 (4) 「スマイル」(1,700万ドル)

$2,330,000−(2,271館/$1,026)−$102,776,517

RT の評論家の支持率 74 % / Metacritic スコア 68 / 出口調査の CinemaScore B-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

'Black Panther 2' break November Box Office Opening Record 💰


上 ↑ の文字のリンク、または下 ↓ のポスターをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

♦ Avengers: Endgame by Rodrigo Martins dos Santos



アベンジャーズ: エンドゲーム」(2019年)のポスターを描いてくださったのは…

南米ブラジルのコミック・アーティストのロドリゴ・マルティン・ドス・サントスさんです…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

'Black Panther: Wakanda Forever' blast on the Preview night 💰 本日全米公開の「ブラック・パンサー 2」の「ワカンダ・フォーエバー」が当然、前夜祭興行で大ヒットするも「ドクター・ストレンジ 2」に敗北 ! !


アメリカで今日11月11日の金曜日のポッキーの日…ではなくて、ベテランズ・デー、つまり、「復員軍人の日」の祝日に全米公開されたマーベルのコミックヒーロー映画の最新作「ブラック・パンサー: ワカンダ・フォーエバー」が…

昨日の木曜日(10日)の午後3時に、4,396館もの上映館数でスタート…だったら夜じゃないから、前夜祭興行じゃなくて、実質的に初日興行だろーが!!とツッコまれそうな前夜祭興行の売り上げとして、2018年春公開だった前作の同売り上げの約2,520万ドルを超えた約2,800万ドルを…ということは…


「パシフィック・リム」の第2弾「アップライジング」(2018年)の封切りの週末3日間のオープニング成績の約2,812万ドル(3,708館)に匹敵する金額をいきなり叩き出してくれましたが、しかしながら、今年2022年に前夜祭興行で最もヒットした「ドクター・ストレンジ 2」の約3,600万ドルの記録には及ばなかったばかりか、不評だった「ソー 4」の同成績の約2,900万ドルにも僅差ながら敗れてしまい、今年3番めの前夜祭ヒットという位置づけになってしまったものの…、


冒頭のようにアメリカの今日は祝日だけに、前夜祭に急いで駆けつけなくても、この週末の連休のうちに観ればいい…と観客が分散しているらしいため、封切り成績としては「ドクター・ストレンジ 2」が稼いだ約1億8,742万ドル(4,534館)を超えて、前作が記録した巨額の約2億200万ドル(4,020館)に迫るかも…?!と予想されています…!!、ブラック・パンサーがドクター・ストレンジとスカーレット・ウィッチのタッグを超えるのか?!、全米映画興行…と言うよりも、もはやマーベル興行のマーベルのコミックヒーロー映画同士の競り合いの結果をお楽しみに…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

♦ Black Panther: Wakanda Forever by Dilshan Kankanmge



この週末から全米公開の「ブラック・パンサー: ワカンダ・フォーエバー」のクールなポスターを描いてくれたのは、南アジアのスリランカのディルシャン・カンカナムゲとお読みできるお名前のアーティストの方です…!!



🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New 'Lab Attack' clip from 'Black Panther: Wakanda Forever' ■ 「ブラック・パンサー 2」の「ワカンダ・フォーエバー」が、ドーラ・マラージェの女戦士たちのバトルの見せ場をチラ見せした本編シーンのアクション・クリップをリリース ! !


ブラック・パンサー」シリーズの魅力のひとつであるドーラ・マラージェの女戦士たちのうち、ダナイ・グリラ扮するオコエ、フローレンス・カサンバのエイヨ、そして、新しいキャラクターのミカエラ・コール(「スター・ウォーズ: ザ・ラスト・ジェダイ」2017年)が起用されたアネカたちが…


どうやら研究所を襲撃されたことで、立ち向かったらしい本編シーンを、ディズニー・マーベルが披露してくれたので、この手の見せ場のクリップをいま観ると、映画館でのワクワクが薄まるから観たくない…という人以外の方はお楽しみください…!!


ティチャラ=故チャドウィック・ボーズマンの妹シュリ=レティシア・ライトがブラック・パンサーの役割を引き継いで、戦うヒロインになった「ワカンダ・フォーエバー」は、いよいよ再来週末の11月11日から全米公開です…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New 'Long Live Wakanda' spot for 'Black Panther 2'■ 今年2番めの封切り特大ヒットを叩き出すのでは ? ! と予想され始めた「ブラック・パンサー 2」が初公開のカットを披露した新しいデジタル・スポット ! !


来月11月11日の全米公開日が近づいて、ファンの期待がより上昇し、予想の精度があがれば、さらに数字は上向いて、今年2022年最大の封切りヒットの可能性?!に改められるかもしれませんが…

同じマーベルのコミックヒーロー映画の「ドクター・ストレンジ 2」が、全米興行のサマー・シーズン開幕映画として、5月に記録した約1億8,742万ドル(4,534館)に次ぐ巨額の1億7,500万ドル超えの封切り大ヒットになるのでは…?!と、現時点で試算されている…


ブラック・パンサー 2」の「ワカンダ・フォーエバー」が新しいデジタル・スポットをリリースしてくれたので、チェックしておいてください…!!、メガホンを託されたのは前作(2018年)から引き続き、ライアン・クーグラー監督です…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。