Posts

Showing posts with the label X-Men

🟡 April 9, 2024 (Tue)




🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Anya Taylor-Joy and Patrick Stewart attend the CAA Pre-Oscar Party at the Sunset Tower Hotel in West Hollywood.


タレント・エージェンシーの CAA が、ウェスト・ハリウッドで昨日の金曜日(3月8日)の夜に、サンセット・タワー・ホテルで催したパーティで出会ったプロフェッサー X とマジックです…!!



🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


新年2024年のお正月にリリースされるのでは…?!と期待されている…

現代版「炎の少女チャーリー」の「ファイアースターター」(2022年)が話題になった炎の美少女ライアン・キエラ・アームストロングちゃん 現在13歳が活躍をする「スター・ウォーズ」のキッズ向けの実写ドラマの配信シリーズ「スケルトン・クルー」(全8話)の宣伝活動にあわせて…、

イマンちゃん主演の「ミズ・マーベル」(2022年)がマーベル最高傑作だから起用されたシャルミーン・オベイド=チノイ監督の「スター・ウォーズ」の劇場公開映画の新作「ニュー・ジェダイ・オーダー(仮)」の情報が近日に伝えられるのでは?!の未確認情報が言われていますから、もしかするとレイ役に復帰するデイジー以外の出演者が明らかになるのかも…?!


イマンちゃんが大活躍の「ザ・マーベルズ」(全米公開中)のネタバレを含めた良くない話題は、CIA の ThreadsB 面に書いたので、読みたい方だけが、下↓のカマラとダグの写真をタップしてください…。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


今年2023年も残すところ、もうあと約35日ぐらいですが、これまでに全米公開された製作費が巨額の2億ドル超えの超々大作のうち、映画館の興行の売り上げだけで、その巨額を回収して、黒字になりそうな真の大ヒット作は…

DC スタジオのジェームズ・ガン社長がメガホンをとり、世界総額の興行成績が約8億4,547万ドルにまで達したマーベルの「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」シリーズの完結編「Vol.3」のたったの1本だけになりそう…

…というのが指摘されて、話題になっています。となれば、コミックヒーロー映画が以前ほどにはヒットしないことから、観客が飽きてしまったとする「ヒーロー疲れ」が、ちまたで盛んに言われていますが、実際のところはヒーローもの以外のブロックバスター映画もヒットしなくなっているわけですから、物価の急激な高騰などの経済状況を受けて、人びとが生活防衛のため、節約に努める傾向が強まったことで、映画館に出かけての鑑賞は控えられてきたのかも…😔


誰もそんな話をぼくにしてないけどね。まぁ、絶対にないとは絶対には言えないんだけど、ぼくは大切にしたいんだ。だって、ぼくにとってはとても尊い役なんだ。だから、それは筋の通ったものでないといけない。

…とのことで、あらためて最近しきりにウワサされ始めたマーベル・シネマティック・ユニバースへの復帰について、マーベルとはディズニー傘下の姉妹会社にあたる ABC TV の「ザ・ビュー」にゲスト出演し、質問を受けたキャプテン・アメリカのクリスが、以上のように答えました…!!


イマンちゃん第2弾の「ザ・マーベルズ」の映画のイメージを決定づけていくための元絵のコンセプト・アートの創作を託されたアーティストのリシン・インさんが披露してくれた作品です!!

映画のネタバレをできるだけ避けるため、シーンの詳細は省いて、カンタンに書きますが、宇宙に開いた別の並行世界に通じる穴をふさぐ重責は、そもそもはイマンちゃんのミズ・マーベルの役割だったらしい当初の構想が、フォトンつまりモニカ(セヨナ・パリス)とキャプテン・マーベルのキャロル(ブリー・ラーソン)が、それぞれの光のパワーを宇宙服を着たカマラのバングルに集中させている様子から明らかになっています…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


マーベル配信シリーズの失敗作として不人気の「シーハルク」(2022年)をプロデュースしたのに続けて、「ウルヴァリン」の最新作「デッドプール 3」も手がけているプロデューサーのウェンディ・ジェイコブソンが、感謝祭のサンクスギビングのギフトとして、そのヒュー・ジャックマンのローガン復活作の製作が再開した朗報をアナウンスしましたが…、

厳密にはサンクスギビングの連休明けに予定されている撮影の再開に向けて、製作者らは休日返上して、製作拠点のイギリスのパインウッド・スタジオでの準備の仕事を始めた…


…ということなのでは?!と解釈できそうなので、「デッドプール 3」の本格的な再スタートは来週の連休明けからかもしれませんね。いずれにしろ年内のうちに、あらためて話題を盛り上げてくれそうな写真やビデオが出まわることになるかもしれません…?!、続報をお楽しみに…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 November 10 - 12, 2023 : 11月10日~12日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

第1位 (初) 「ザ・マーベルズ」(2億7,480万ドル)

$47,000,000−(4,030館/$11,663)−$47,000,000

RT の評論家の支持率 62 % / Metacritic スコア 50 / 出口調査の CinemaScore B




イマンちゃん初の劇場公開映画なのに沈没…の残念すぎる「ザ・マーベルズ」のよくない意味での記録破りの封切り成績については、上 ↑ の 🔗 文字のリンク、または下 ↓ のアジアの微笑みの国タイのアーティスト、トゥチャポン・シンハベジャサクンさんが、現地で今月11月の23日(月)に催される水の祭りのロイクラトンをテーマにして描いてくれた公式のファン・アートのポスターをタップしてください…!!



$9,000,000−(3,694館/$2,436)−$127,205,000

RT の評論家の支持率 26 % / Metacritic スコア 33 / 出口調査の CinemaScore A-



$5,900,000−(2,848館/$2,072)−$172,546,901

RT の評論家の支持率 100 % / Metacritic スコア 84 / 出口調査の CinemaScore A+


第4位 (4) 「プリシラ」(2,000万ドル)

$4,792,678−(2,361館/$2,030)−$12,728,840

RT の評論家の支持率 86 % / Metacritic スコア 77 / 出口調査の CinemaScore --

ケイリー・スペニーちゃん(「エイリアン」の主演作「ロミュラス(仮)」来年2024年夏全米公開)が主演の「プリシラ」は、配給の A24 が先週の全米拡大公開に続けて、この週末もさらに 1,002館ものスクリーンの数を追加したことで、先週と同じ第4位をキープです…!!、公開3週めの現在の国内の売り上げ…


…の総額は約1,273万ドルですから、ソフィア・コッポラ監督の作品としては、リメイク版「白い肌の異常な夜」の「ザ・ビガイルド」(2017年)の同成績=約1,058万ドルを超えて、「マリー・アントワネット」(2006年)の約1,596万ドルに迫ろうとしていますが、スカーレット・ジョハンソンが主演した「ロスト・イン・トランスレーション」が記録した同監督の最大ヒット=約4,459万ドルには及ばないでしょうから、同監督史上2番めのヒット作の位置に着くことになるのでは…?!


第5位 (3) 「花殺し月の殺人」(2億ドル)

$4,650,000−(3,357館/$1,385)−$59,937,000

RT の評論家の支持率 92 % / Metacritic スコア 89 / 出口調査の CinemaScore A-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

'The Marvels' Bombs at the Lowest Opening Weekend Ever for the MCU 💰


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のイマンちゃんをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


この週末は、イマンちゃん初の劇場公開映画の「ミズ・マーベル」の最新作「ザ・マーベルズ」の封切りと、イマンちゃんとも仲よしのトムさん主演のマーベル配信シリーズ「ロキ」のシーズン 2 の最終回のリリースとが重なり、マーベル・ファンは大忙し!!だけではなく、どちらもビックリ仰天?!だけに、 やや混乱かもしれませんが…、

CIA は新作映画のネタバレは、それ相応の時期が来るまでは絶対に書きませんし、場合によっては独自のネタバレ解禁日を事前告知しています。なので、ネタバレではありませんが、イマンちゃんが大活躍の「ザ・マーベルズ」を早速、映画館で観てきたよ!!という方の中に、もしかすると、えッ?!と思われた人もいるかも…?!

…ですが、イマンちゃんのカマラ、つまりミズ・マーベルは「X-Men」のミュータントですから、光のパワー ⚡ は彼女自身が発しているものであって、そのための装置として、手首のバングルは別に必要ではありません。詳しくは下 ↓ のリンク先の現在はマーベル・コミックスの X-Men 化した「ミズ・マーベル」の原作者としてご活躍のコミック作家のイマンちゃん先生のお話を参照してください!! 😇



そして、これもネタバレではありませんが、マーベルが現在進行中のマルティバース・サーガには絶望的な設定があると考えられます…。

例えば、「ノー・ウェイ・ホーム」(2021年)では、トム・ホランドのスパイダーマンが、別の並行世界から来た先輩スパイダーマンたちに助けられましたが、並行世界の時間軸の支配者のカンが、先輩スパイダーマンたちのいる時間軸を剪定してしまえば、そもそもアンドリューとトビーの別のスパイダーマンは存在しないことになってしまいます…。

…となれば、ある時間軸の世界そのものを抹消できるカンを相手に、どうあがいても勝ち目はありませんから、「時間軸の剪定を誰かが防ぐ」と同時に「カンのシナリオに沿った時の流れ」を阻止する…言いかえると時間軸上の人物が、カンにコントロールされることなく、それぞれの「自由な意思で行動できなければ、そもそもカンと戦うことができない」

…といった絶望的な設定を念頭においておけば、ちょっとわかりやすくなるかもしれませんね。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Disney 'Officially' confirmed 'The Marvels' feature Themes from 'X-Men' Movies 💫 イマンちゃんデビュー作「ミズ・マーベル」に続けて、イマンちゃん第2弾の「ザ・マーベルズ」も「X-Men」の音楽を使用したことが公式にほのめかされた ! !


マーベル・シネマティック・ユニバースでは最初の「X-Men」のミュータントにあたるミズ・マーベルのイマンちゃんは、そのカマラが X-Men 化した「ミズ・マーベル」のコミックの新刊の原作者のイマンちゃん先生でもありますから…、

イマンちゃん出演作は、すなわち「X-Men」なのでは?!と思っている方には大きなサプライズではないかもしれませんが、今週末の11月10日全米公開のイマンちゃん最新作「ザ・マーベルズ」が、ともにジョン・オットマンが作曲した「X-Men」旧シリーズの第2作め(2003年)と、「X-Men」版の「アベンジャーズ」と言われた大ヒット作「デイズ・オブ・フューチャー・パスト」(2014年)の映画音楽を再使用したサウンドトラックの構成を、製作・配給のディズニーがプレス発表ですから、もちろん「公式」に明らかにしました…!!


シネマティック・ユニバースの最高傑作に位置づけられたイマンちゃんデビュー作の配信シリーズ「ミズ・マーベル」(2022年)に続けて、イマンちゃん第2弾の「ザ・マーベルズ」でも「X-Men」の音楽が使用されたらしいことが、どういう意味を持つのか…?!は、ご想像にお任せしますが、ディズニー・マーベルの次の劇場公開映画として、来年2024年5月3日全米公開が予定されていた「X-Men」復活にあたる「ウルヴァリン」の最新作「デッドプール 3」は無関係ではないかもしれません…?!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


女でもあり男でもあるけど、どっちでもない男女両性キャラのジョーダンが女の時の姿を演じてる女優のロンドン・ソーがカリスマ的にかわいい 💕 から、この週末リリースの第6話めが楽しみ!!

…という彼女のファンになってしまった方が少なくない「ザ・ボーイズ」スピンオフの Amazon Prime Video の新たなヒット作「Gen V」のシーズン ② の製作が公式に決定しました…!!

「ザ・ボーイズ」クリエイターのエリック・クリプキと、「Gen V」、つまり「ジェネレーション・ヴォート」クリエイターのミケーレ・ファぜカスの両仕掛け人によれば、シーズン ② のシナリオの執筆はもう、とっくに始まっているそうです…!!


大手の映画スタジオと製作会社を代表する業界団体 AMPTP と全米映画俳優組合の労使交渉が決裂して、双方がそっぽを向いてしまい、お互いに相手方を批難の口撃している大人気ない現状を踏まえると当然の流れですが…、

その影響をうけて、製作休止におちいり、今のところ撮影再開のメドが立たない「ウルヴァリン」の最新作の「デッドプール 3」が来年2024年5月3日に予定していた全米公開を案の定、取り消しました。最も早ければ来年秋の11月頃に封切られるかもしれませんが…、


同じく撮影できないマーベル版「スーサイド・スクワッド」と言われる「サンダーボルツ」が予定している来年2024年暮れの12月20日全米メリー・クリスマス・ロードショー!!の封切り日に、そのアンチヒーロー大集合映画に代わって、「デッドプール 3」が封切られるかもしれませんね…。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New Spoilaly Digital Spot for Nia DaCosta's 'The Marvels' starring Brie Larson, Iman Vellani and Teyonah Parris 💫 ミズ・マーベルのイマンちゃん第2弾の「ザ・マーベルズ」が、やっぱり、あのキャラクターが登場するらしいネタバレを公式にほのめかした新しいデジタル・スポットをリリース ! !


今春全米公開の封切り成績が約1億611万ドル(4,345館)だったことで、マーベルのヒーロー映画としては、やや苦戦と言われた「アントマン 3」の「クォンタメニア」と比べて、あろうことか、約7割以上も前売り鑑賞券が売れていない…どころか、そもそも不人気だった「エターナルズ」(2021年)よりも約4割も少なく売れていない…と、前売り券がサッパリ売れないだけに…、

来月11月10日全米公開の結果が、マーベル・シネマティック・ユニバース史上サイテーのワースト封切り成績のダメ記録を更新するのでは?!といった盛大な沈没予想が伝えられた最悪の前評判を払拭して、話題を盛りあげたい!!という狙いでしょうか…?!


ソー」シリーズのキャラが「ザ・マーベルズ」に登場するらしいサプライズのネタバレを最後にほのめかした新しいデジタル・スポットを、ディズニーがリリースしました!!、「ソー」シリーズから誰がビフレストの虹の橋をわたって、飛んでくるの…?!というのは…、


イマンちゃんのカマラのお母さんムネバ役のゼノビア・シュロフが、うっかりとネタバレしたことで、ウワサになっていた…


アスガルドの女王のヴァルキュリー、つまりテッサ・トンプソンに違いないはずですが、どうして雷神ヘムジーじゃなく、ヴァルキュリーなの?!については、現在33歳のニア・ダコスタ監督が、マーベル・シネマティック・ユニバース史上最年少の若さながら…、



ザ・マーベルズ」のメガホンを託されたのは当然!!と納得できるデビュー作にして、いきなり傑作をモノにした必見の「リトル・ウッズ」(2019年)に主演してくれた親友だからですね…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New Featurette for Nia DaCosta's 'The Marvels' starring Brie Larson, Iman Vellani and Teyonah Parris 💫 ミズ・マーベルが映画館の大スクリーンに初登場まで残すところ、あと1カ月 ! ! のイマンちゃん初の劇場公開映画「ザ・マーベルズ」が、メイキング映像をまじえた新しいプロモ・ビデオをリリース ! !


少し長めの約2時間27分か、それともシネマティック・ユニバース史上最短の約1時間38分か?!と様々に言われていた上映時間は、どうやら最短だったのは変わりない約1時間45分だったらしい…

ただのマーベルおたくからマーベル史上最高傑作の配信シリーズ「ミズ・マーベル」(2022年)の主演を経て、「ミズ・マーベル」のコミックの原作者になったミズ・マーベルのイマンちゃん初の劇場公開映画「ザ・マーベルズ」の前売り鑑賞券を、北米で今日の火曜日の10月10日…


つまり来月11月10日の全米公開まで残すところ、あと1カ月!!のタイミングにあわせて、販売を開始したディズニーが、撮影風景のメイキング映像をまじえた新しいプロモ・ビデオを販促のためにリリースしたので、お楽しみ頂きたいのですが、目指してなかったのに女優になってしまい…、


シネマティック・ユニバースの人気者のひとりになっても、マーベル・コミックスのコミック作家になっても、スゲーッ本物のニック・フューリーだ…!!と感激したサミュエル・L・ジャクソンと自撮りせずにはいられないイマンちゃんは相変わらず、ただのマーベルおたくのようですね…!!

ザ・マーベルズ」のメガホンを託されたのは、マーベルおたくのニア・ダコスタ監督(「キャンディマン」2021年)、悪役のダー=ベンに起用されたのは、イマンちゃんがスゲーッいい人!!と感激したロキのトムさんの婚約者のザウェイ・アシュトン(「グレタ」2018年)です…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


シネマティック・ユニバースでは最初の「X-Men」のミュータントにあたるミズ・マーベルのカマラ本人?!と同時に「X-Men」化した「ミズ・マーベル」のコミック ↓ の原作者になった…

…ということは、いま現在の「X-Men」の作者と言えなくもないイマンちゃんが見どころの「ザ・マーベルズ」の今秋11月10日全米公開にあわせて…という言い方もできそうですが…、


脚本家組合との労使交渉に決着がつき、ストライキが終わったことで、ようやくシネマティック・ユニバース版「X-Men」復活の企画に本格着手するディズニー・マーベルが、今秋の終わり頃から脚本家との面談を始めて、シネマティック・ユニバースは「X-Men」をどう取り扱うべきか…?!、それぞれの書き手が持ち込む構想を吟味し、人選を年内のうちに進めて、新年2024年の初めには「X-Men」の脚本家を決定したい!!とする「X-Men」の新しい映画の製作の現実の予定が、ついに伝えられましたが(via Deadline)…、

ディズニー・マーベルは、その「X-Men」の新しいクリエイターのひとり、または仕掛け人のプロデューサーのひとりとして、イマンちゃんをお迎えし、マーベル・ファン代表の彼女のファン目線から「X-Men」だけでなく、崩壊しつつあるシネマティック・ユニバースそのものを仕切り直してもらったほうがよいかもしれませんね…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New Chinese Poster and Digital Spot for Nia DaCosta's 'The Marvels' starring Brie Larson, Iman Vellani, Teyonah Parris 💫 驚奇少女の伊曼ちゃん初の劇場公開映画の漫威最新作「驚奇隊長 2」の中華版の新しいポスターとデジタル・スポット ! !


中国市場向けだけに、ザウェイ・アシュトン(「グレタ」2018年)が演じる悪役のダー=ベンよりも、やはり、同じアジア人の韓国のスター、パク・ソジュン(「パラサイト」2019年)が起用された脇役のミュージカルの惑星アラドナのヤン王子のほうを大きく描いたのかもしれませんが…、

だったら、やっぱり同じアジア系のイマンちゃんがもっと目立つようにしてほしかったのに…と「ミズ・マーベル」のファンのみなさんは、ちょっと不満に思うかもしれない「ザ・マーベルズ」が世界最大の映画市場の中国でリリースした新しいポスターとデジタル・スポットですが…、


今秋11月10日の全米公開と同時に中国でも封切られる「ザ・マーベルズ」の現地でのタイトルは「キャプテン・マーベル 2」ですから、そのタイトル通りに CM もやっぱり、キャロル=ブリー・ラーソンを中心にして、イマンちゃんのカマラの存在感がほとんどゼロ…に重ねてガッカリかもしれませんが…、


ディズニーは「ザ・マーベルズ」の新しい予告編をリリースの予定ですから、お楽しみに…!!、なお、漢字の文字はいらない…という方は、下 ↓ のテキストレス、つまり、文字なしのポスターをスマホの壁紙などにご活用ください…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


世論調査ではアメリカ国民の約7割が組合側を支持して、ディズニーをはじめとする大手の映画スタジオや配信サービスを支配的な存在と見なし、搾取のひどいブラック企業と罵ることになった全米脚本家組合の146日間も続いたストライキが、ようやく終わる見込みになりました。


悪の親玉と罵られることになったディズニーのボブ・アイガー氏や、さらにもっと悪の親玉と罵られるディスカバリーつまりワーナーのデビッド・ザスラフ氏ら最大手の CEO たちを交えた業界団体 AMPTP を相手どって、先週に集中的に行われた労使交渉のすえに辿り着いた暫定合意の内容が、組合の承認手続きを通過すれば、脚本家や放送作家たちが仕事を再開することになりますが…、

しかし、ご覧の写真のようにイリアナ・ラスプーチンとオロロ・マンロー、つまり「X-Men」の旧シリーズのミュータント、マジックとモヒカン・ストームたちも「金払え!!」と抗議の俳優組合の労使交渉はこれから…ですから、映画業界が元の軌道に戻るのはまだまだ先の話になります…。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New 'Journey To The Marvels' Trailer for Nia DaCosta's 'The Marvels' starring Brie Larson, Iman Vellani, Teyonah Parris 💫


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のイマンちゃんとブリーの姉妹をタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

On Threads 🌀





🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


全米映画俳優組合と全米脚本家組合の両組合と対立して、ストライキを食らい、金払え!!と罵られているディズニーは、イマンちゃん初の劇場公開映画「ザ・マーベルズ」の全米公開日として、最初に発表した去年2022年夏の7月8日をキャンセルのあと、あろうことか、4回も公開日を改めてきただけに、もう延期できないだろうから、いまの予定どおりの今秋11月10日に映画館に登場するのでは…?!と期待されていますが、上映時間は少し長めの約2時間27分かもしれません…?!🙄


俳優と脚本家の両組合がダブル・ストライキ決行中のため、多くの映画やドラマが製作休止の渦中ながら、組合との労使交渉を拒否してる映画スタジオと製作会社の業界団体 AMPTP とは無関係のインディーズ製作の作品は例外的に仕事をしてもよいと認められる場合があるのですが…、

そうした全米映画俳優組合から出演可の許可を暫定的に与えられた作品のひとつの「G20」の主演女優にあたるヴァイオラ・デイヴィスが「わたしは両組合と連帯する」と発言し、ストをやってるのに仕事するのは適切とは思えない…の当たり前の考えを示して、現場には行かない決意を明らかにしました。映画やドラマは大手の資本とは無関係にインディーズの自主製作で作ったとしても、いずれは配給や配信を大手に委ねることになりますから、とどのつまりは大手の新作を作っているのも同然じゃん!!と、例外を設けた組合の姿勢は弱腰…と指摘されていますから、ヴァイオラ・デイヴィスは大勢の組合員が思っていた不満を代弁した格好になりますし、G20 サミットをネタにしたスリラー映画は、すでに Amazon が配給・配信する予定が決まっているため、実際のところ、映画業界最大手の Amazon の仕事をするのも同然の矛盾となっています…😔

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

New Trailer for Nia DaCosta's 'The Marvels' with Brie Larson, Iman Vellani, Teyonah Parris ⚡


上 ↑ の🚩文字のリンク、または下 ↓ のポスターをタップしてください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Theatre Standee for 'The Marvels' starring Brie Larson, Iman Vellani and Teyonah Parris ⚡ ヌールのハードライトをあやつるイマンちゃんのミズ・マーベルが、それとよく似た光のパワーを放つヒロインたちとトリオを組むマーベルの最新作「ザ・マーベルズ」のスタンディーが、映画館にやって来た ! !


別次元のヌール・ディメンションから光のヌールのエネルギーを引き寄せて、ハードライト化し、自分のパワーとして、あやつるイマンちゃんのカマラ、つまりミズ・マーベルが…、

自分のパワーとよく似た光のパワーを放つキャプテン・マーベルのキャロル=ブリー・ラーソン、フォトンのモニカ=セヨナ・パリスたちとトリオを組むマーベル・シネマティック・ユニバースの最新作「ザ・マーベルズ」のスタンディーを、北米の大手映画館チェーンの劇場に設置した宣伝の進捗を、ディズニーのマーケティングの責任者 アサド・アヤズ氏が報告してくれました…!!


イマンちゃんのカマラが左手首に装着してる不思議なバングルは、いったい、どこからやって来たのか?!、そして、カマラは X 遺伝子の持ち主、すなわち「X-Men」のミュータントなのか?!、「ミズ・マーベル 2」としての謎解きの展開があるのか、ないのか?!が気になる…



ザ・マーベルズ」は今秋の11月10日から全米公開!!、新しい予告編をお楽しみに…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。