Posts

Showing posts with the label Amazon

Billy's footnotes 💬 Presidents’ Day + Millie Bobby Brown's Birthday (Day 50)


スペインのマルベーリャでは、もう昨日ですが、アメリカで今日の月曜日の2月19日の大統領の日の祝日は…

ゾンビ映画の「28週後」(2007年)で知られるファン・カルロス・フレスナディージョ監督がメガホンをとったダーク・ファンタジー映画の主演作「ダムゼル」つまり「乙女」が…、


来月3月8日(金)に、Netflix から配信のフロリダ育ちの英国籍のミリー・ボビー・ブラウンちゃんが、2004年にマルベーリャで生まれたお誕生日です…!!


素敵な王子さま=ニック・ロビンソン(「シャドウ・イン・ザ・クラウド」2020年)と結ばれて、ふたりは幸せになりましたとさ…と、おとぎ話のお姫さまのようにはならず、あろうことか、王家のためにドラゴンの生贄にされてしまったミリー・ボビー・ブラウンちゃんの共演者は…

マーベルの「ブラック・パンサー」シリーズのアンジェラ・バセット、「ワンダーウーマン」シリーズのほかに「ブレードランナー 2049」(2017年)でも知られるロビン・ライトです…!!


「デューン」の後編「Part 2」が来月3月1日全米公開のヴィルヌーヴ監督の「ブレードランナー 2049」(2017年)の続編として、約半世紀あとの物語を描く Amazon Prime Video の配信シリーズ「ブレードランナー 2099」が…、

全米脚本家組合のストライキの悪影響を受けて、製作休止におちいったニュースを昨2023年初夏の5月末にお伝えしましたが、製作拠点を当時のアイルランドのベルファストから、チェコ共和国のプラハに移転して、準備を再開し、今春4月撮影開始するクランクインのメドがついたそうです。


昨2023年夏の撮影開始が見送られて、スケジュールが狂ったことで降板したテレビ界のベテランのジェレミー・ポデスワ監督(「ゲーム・オブ・スローンズ」など)に代わり、真田広之さんご出演のミニシリーズ「将軍」が好評のジョナサン・ヴァン・タルケン監督が、「2099」の最初の2話を手がける予定とのこと!!、出演者などの詳細は伝えられていません。続報をお楽しみに…!!(via Deadline



製薬会社に恨みを抱き、メンタルが壊れていった主人公(シン・ハギュン)が、同社の重役は地球侵略のエイリアンに違いない!!の子どもじみた考えにとり憑かれた挙げ句、その重役を誘拐してしまったことから…!!(↓ 予告編)という物語の…


2003年公開のチャン・ジュナン監督の SF コメディのエイリアン・インベージョンもの「セーブ・ザ・グリーン・プラネット」つまり「緑の地球を守れ」をリメイクする新作映画の撮影を…


エマ・ストーン主演の「哀れなるものたち」も大絶賛のヨルゴス・ランティモス監督が、この夏にクランクインし、ニューヨークやイギリスでロケを行う予定が伝えられました!!、同監督お気に入りのエマがまたまた主演するの?!といった出演者などの詳細は不明ですが、「聖なる鹿殺し」(2017年)でも知られる異才ランティモス監督ですから、単にリメイクではない、ただならぬエイリアン・インベージョンものに仕上がるのでは…?!、映画通の方は乞うご期待です…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 Day 48


デッドプール ウルヴァリン」(今夏7月26日全米公開)の予告編は、今週の日曜日(2月11日)のスーパーボウル・サンデー(Day 42)に初公開されたばかりというのに、ロサンゼルスにお住まいのアニメーター、トレヴァー・カーリーさんが早くも LEGO 化してくれました…!!




マーベルなのに、ソニピ製作だから、Disney+ ではなく、Amazon Prime Video からリリース予定の実写ドラマのスパイダーピープルのマーベル配信シリーズ「シルク: スパイダーソサエティ」の構想を練る脚本家のチームが、どうやら解散になったらしい…とする未確認情報が伝えられました…。

クリエイターにあたる立場のアンジェラ・カン(「ザ・ウォーキング・デッド」)は、Amazon との間で包括的な契約を結んでいるため、引き続き「シルク」の仕掛け人をつとめるそうですが、シナリオを執筆する脚本家は、企画の見直しにともない、人選をあらためるとのこと。と書けば…、


「シルク」の企画をどう見直したの?!というのが当然、気になりますが、Amazon Prime Video のヒット作と言えば、「リーチャー」「ジャック・ライアン」「ターミナル・リスト」など大人の男性向けのアクションものが主流であること、この週末に全米公開された同じく女性のスパイダーピープルたちが主人公の「マダム・ウェブ」が、まったくウケていないことから、Amazon としては、韓国系アメリカ人の若い女性のシンディが変身するシルクの物語も「リーチャー」的(🤭)にしたいそうです…!!



デイジー・リドリー主演版の「ダイ・ハード」と言われるアクション映画の「クリーナー」を製作したアントンが、ベルリンで現在開催中のヨーロピアン・フィルム・マーケットで、各国から買い付けに訪れたバイヤーに向けて、ご覧の写真を初公開し、配給権などの営業活動を始めました!!

ダニエル・クレイグ主演の「007 : カジノ・ロワイヤル」(2006年)、ジャッキー・チェン主演の「フォーリナー」(2017年)といったシリアスなタッチのアクション映画で知られるマーティン・キャンベル監督がメガホンをとった「クリーナー」は…、


超高層ビルを舞台に、ブラック企業の祝賀会を襲撃したテロリストの過激な世直しを食いとめて、人質を救うと同時に、悪質な経営者らを正当に罰するべく、デイジー演じる元軍人の窓拭き清掃人ジョーイが、悪党どものお掃除を始める物語です!!、デイジー・ファンの方はお楽しみに!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 Elizabeth Olsen's Birthday (Day 47)


カリフォルニアでは今日の週末の金曜日の2月16日は…

火曜日の13日(Day 44)に、新しい主演作の企画「ラブ・チャイルド」の話題をお伝えしたスカーレット・ウィッチのリジーが、1989年にカリフォルニアで生まれたお誕生日です…!!



ガイ・リッチー監督に起用された戦争実話のアクション・コメディ映画「ザ・ミニストリィ・オブ・アンジェントゥルマンリィ・ウォーフェア」つまり「紳士にあるまじき卑劣なこともやってのける特別な戦争行為をまかなう野郎ども」が、今春4月19日全米公開のエイザ・ゴンザレスさんが主演した SF スリラー映画「アッシュ」の権利を、Amazon Prime Video が高値をつけて、買いあげました…!!、この「アッシュ」は…、

おととしの2022年の夏に、テッサ・トンプソンとジョー・ゴードン=レヴィットが共演することで注目の企画として、お伝えをしたヒップホップ・ミュージシャンの Flying Lotus つまり、スティーヴン・エリソンがメガホンをとったことでも話題の作品です…!!


そのテッサとジョーがともに降板して、エイザ・ゴンザレスさんとアーロン・ポール(テレビシリーズ「ウエストワールド」)が共演した「アッシュ」(↑↓写真)は、はるか彼方の惑星で目覚めた宇宙飛行士のエイザ・ゴンザレスさんが、宇宙ステーションの仲間が皆殺しにされた惨劇が起きたことを知るや、救援のため駆けつけたとして、都合よく現われた宇宙飛行士のアーロン・ポールが実は真犯人ではないか?!と疑心暗鬼にかられる一方、アーロン・ポールもまた皆殺しの真犯人は、ひとりだけ生き残ったエイザ・ゴンザレスさんではないか?!と、お互いに疑惑する物語。

その現在は仕上げの作業中の「アッシュ」の評判を、ヨーロピアン・フィルム・マーケットで聞きつけた Amazon が、およそ 1,000万ドルに近い値をつけて、全世界で配信する権利を取得したそうですから、期待が持てるのかも…?!!、なお、共演者として、インドネシアの格闘映画スター、イコ・ウワイスも参戦しています!!、Prime 会員の方は「アッシュ」の完成をお楽しみに…!!



今世紀つまり、いまの21世紀に公開された映画のなかで、最も重要な作品と言われる「オッペンハイマー」について、その映画の題材にふさわしい程度のホラー色の要素を盛り込んだのは間違いありませんと、BFI(英国映画協会)の催しに登場したクリス・ノーラン監督が語ったうえで…

いずれホラー映画を作りたいと希望しているんです!!と述べたことが、話題になっています!!


クリス監督によれば、ハリウッドの大手映画スタジオは好んで、ホラー映画を量産してるが、他のジャンルの映画では、彼らが眉をひそめて、拒否するような資質のネタがホラー映画では許されていること。観客を直感的な反応にうながすホラー映画は、どう映画を作りこなすのか、その映画の作り込み方の映画的な仕掛けに依存しているから、それに取り組むのはとても面白いこと。などが、ホラー映画を作ってみたいと思う動機ですが、しかしながら…、

真に良質のホラー映画作りを目指すためには、とりわけ類まれの異例のアイディアが必要ですが、そういう珍しいネタはまず、ほとんどありませんし、ぼくも見つけられてはいません。だそうですから、ホラー映画を本格的に作ってはみたいものの、いまのところ、その映画にするホラーのネタがない…というオチとなっています…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 Valentine’s Day (Day 45)


「ザ・スーサイド・スクワッド」(2021年)のラットキャッチャー、「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー Vol.3」(2023年)のウラ、つまり、ジェームズ・ガン監督がお気に入りの…

ダニエラ・メルシオールが主演女優の最新作「ロードハウス」のキャラクター・ポスター!!


ジェイク・ジレンホールのお相手をつとめたリメイク映画は来月3月21日(木)に Amazon Prime Video からリリースです…!!、予告編はコチラ!!


現時点では題名未定のため、仮りに「ワンとリュウの企画」とだけ呼ばれる…

ホラー映画の達人のジェームズ・ワン監督が仕掛け人をつとめ、シャンチーのシム・リュウが主演するテクノ・スリラーの配信シリーズの製作決定を、TCA(テレビジョン・クリティックス・アソシエイション)主催のプレス・イベントで、NBC ユニバーサルが発表しました…!!


ユニバーサル映画の配信サービス Peacock からリリースされる予定の「ワンとリュウの企画」は、シムが演じる主人公の影の諜報組織のアナリストが、脳をハッキングされてしまい、自分が見るもの聞くもの総てが、未知のハッカーに筒抜けに…!!のピンチにおちいったことで当然、振る舞いが困難になりながらも、黒幕を突きとめようとする過程で、忠誠心を試されるそうです…!!


ハリウッド版「ゴジラ」の…というよりは、ゴジラも登場する「キング・コング」の最新作!!というほうが、しっくり来るのかもしれない「Vs. コング」(2021年)から続けて…、


アダム・ウィンガード監督にメガホンを託した「ゴジラ x コング: ザ・ニュー・エンパイア」を、来月3月末の29日から全米公開する製作のレジェンダリーが、新しい予告編とポスターを披露してくれました…!!


いわゆる地球空洞説を採用して、前作で紹介された地下のコングの世界のミステリを、地下だけに文字どおり掘り下げる展開にあわせ、コングとゴジラが脅威に立ち向かうため、「リーサル・ウェポン」シリーズをお手本にしたミスマッチの凸凹コンビを組むことに!!と、怪獣の相棒映画?!に進化?!、それとも退化?!するのが見どころだそうです…!!



マーベル配信シリーズの「ワンダヴィジョン」(2021年)が絶賛されたマット・シャックマン監督がメガホンをとる劇場公開映画「ファンタスティック・フォー」(2025年全米公開したいつもり)で、主人公にあたるリード・リチャーズ役のペドロ・パスカルの共演者として…、

旧作ではジェシカ・アルバ社長が演じたインヴィジブル・ウーマンのスーザン・ストーム役に起用したのは「ミッション: インポッシブル」シリーズなどのヴァネッサ・カービー!!


旧作ではキャプテン・アメリカのクリスが演じたヒューマン・トーチのジョニー・ストームの役に起用したのは「ア・クワイエット・プレイス」シリーズの始まりの物語の最新作「デイ・ワン」が今夏6月28日から全米公開のジョセフ・クイン!!

旧作ではマイケル・チクリスが演じたザ・シングのベン・グリム役に起用したのは、Hulu / Disney+ のコメディ・ドラマの配信シリーズ「ザ・ベア」のエボン・モス=バクラック!!


…と、ディズニー・マーベルが北米で今日の2月14日のバレンタイン・デーにちなんだ最も最初の愛のポスターにあわせて、ファンタスティック・フォーのメンバーを公式に発表しました…!!


上 ↑ の「ファンタスティック・フォー」のレトロなデザインの愛のバレンタイン・ポスターで…、

エボン・モス=バクラックが演じる岩石男のザ・シングが読んでる雑誌が、どうやら1963年12月、つまり故ケネディ大統領暗殺事件のあとに発売されたライフ誌のように見受けられることから、「ファンタスティック・フォー」の物語は、同年から翌1964年にかけての時代設定ではないか?!と、マーベル・ファンたちが早速、指摘をしてくれています…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Weekend Box Office 💰 February 9 - 11, 2024 : 2月9日~11日の全米映画ボックスオフィスTOP5


*各数字は週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、初めてランクインした時点での値です。

NFL 頂上決戦のスーパーボウルがキックオフされる週末は、家族や友人の仲間と一緒に、その試合の生中継をテレビ観戦する集まりのイベントで盛り上がるのが、言わば年中行事だけに…

映画の興行が振るわないのは致し方ありませんが、それにしても、バレンタイン・デー直前のタイミングを狙ったロマコメとしては、ゴスっ娘が美青年の死体を蘇らせる…!!というヲタク向けのクセの強い「リサ・フランケンシュタイン」よりも…、


他愛のない恋愛モノといった位置づけは大きく変わらないものの、働く若い女性の奮闘記のところに共感できる意外に上出来のロマコメ!!と好意的に評価されたカミラ・メンデスが主演の現代版の「プラダを着た悪魔」みたいな Amazon Prime Video の配信映画「アップグレーデッド」(視聴はコチラ ➡️ https://amzn.to/3uwK8gO)が人気を集めて…、

アップグレーデッド」(???ドル)


RT の評論家の支持率 76 % / Metacritic スコア 63 / 出口調査の CinemaScore --

この週末にバレンタイン・デー向きのロマコメを観るなら「アップグレーデッド」の口コミの流れになったこともあり、キャスリン主演の「リサ・フランケンシュタイン」は映画館で封切らないほうがよかったのでは…?!と言えるほど惨敗の残念ながら、幸いにして安い製作費=約1,300万ドルの負担が小さいことに救われそうですが…、

ともに女優から、カメラの後ろの創り手に転身をしたゼルダ・ウィリアムズ監督と、カールソン・ヤング監督とでは、才能が認められた後者に軍配があがり、ゼルダ監督は、あの名優の故ロビン・ウィリアムズの娘だからといって、必ずしも親ゆずりの才能に恵まれたわけではない…と、皮肉を言われてしまうかも…。


第1位 (1) 「アーガイル」(2億ドル超)

$6,500,000−(3,605館/$1,803)−$28,814,000

RT の評論家の支持率 35 % / Metacritic スコア 36 / 出口調査の CinemaScore C+


第2位 (初) 「リサ・フランケンシュタイン」(1,300万ドル)

RT の評論家の支持率 49 % / Metacritic スコア 48 / 出口調査の CinemaScore B

$3,800,000−(3,144館/$1,209)−$3,800,000



第3位 (3) 「ザ・ビーキーパー」(4,000万ドル)

$3,469,404−(3,057館/$1,135)−$54,734,256

RT の評論家の支持率 68 % / Metacritic スコア 54 / 出口調査の CinemaScore B+


第4位 (2) 「ザ・チョーズン シーズン 4 : エピソード ①〜③」(???ドル)

$3,153,495−(1,952館/$1,616)−$12,586,806

RT の評論家の支持率 -- % / Metacritic スコア -- / 出口調査の CinemaScore --

フツーの映画サイトでは紹介しないキリスト教の信者の方向けの宗教作品です…。


第5位 (4) 「ウォンカ」(1億2,500万ドル)

$3,125,000−(2,764館/$1,131)−$205,252,000

RT の評論家の支持率 84 % / Metacritic スコア 66 / 出口調査の CinemaScore A-


🍿映画鑑賞料金は昔は、どの作品も同じ横並びが、今は例えば、話題の大作は IMAX や 4DX 上映もあるなど、つまり顧客単価の複雑化が進み、小品が動員で勝っても、興行成績の数字では大作を上まわることができない場合もあり得るため、ランキングの順位が興行の成否や人気を示しているとは限らず、配信の事情も影響しますから、あくまで、ひとつの目安として、受けとめて下さい。

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 Day 25


初公開のポスターを昨日(Day 24 of 2024)紹介して、お楽しみに…!!と告知しておいたシドニー・スウィーニー最新作のサイコ・ホラー映画「イマキュレト」つまり「汚れのない純真無垢」の予告編を、配給の Neon がリリースしてくれました…!!

昨2023年のクリスマス直前の全米公開から、現在もなお好評の口コミにより動員が持続されているヒット!!の経緯からすると、ロマコメ映画の新しい定番になりそうな愉快な主演作「エニワン・バット・ユー」とは打って変わった恐怖の「イマキュレト」は…、


シドニーが演じる主人公の修道女だけに当然、信心深いアメリカ人セシリアが、イタリアの修道院に赴き、温かく迎えられたものの、そこには恐ろしい秘密が隠されていた!!といった公式のあらすじの「秘密」は、どうやら…、


身ごもるはずのない修道女のセシリアが、なぜか妊娠した!!という神の奇跡?!が関係しているようですが、シドニーとは Amazon Prime Video 配信のベタなエッチ系スリラーとして、不評の「ザ・ヴォイヤァズ」(2021年)でも組んだマイケル・モーハン監督が手がけただけに、予告編から受ける印象としては、ベタなエッチ系ホラー?!!として、あまり期待できそうにはない「イマキュレト」は、北米では今春3月22日封切りの予定。シドニーのファンの方はお楽しみに…!!


「ダーティ・ダンシング」(1987年)や「ゴースト」(1990年)などの大ヒット作に主演し、80年代から90年代にかけて、ハリウッドの国際的な映画スターのひとりとして大活躍をし、ジェイク・ジレンホールの出世作になったカルト映画「ドニー・ダーコ」(2001年)でも知られる…


故パトリック・スウェイジ(2009年没・享年57歳)の代表作のひとつの現在も人気の同名映画(1989年)をリメイクした現代版の配信映画「ロードハウス」を、今春の勝負作として、3月21日の木曜日にリリースする Amazon Prime Video が、予告編を初公開したので、チェックしておいてください…!!


「スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム」(2019年)のミステリオはまた登場するのでは?!が、マーベル・ファンのあいだで、ずっと話題になってるジェイク・ジレンホールが演じる元総合格闘家の腕っぷしを買われて、フロリダのロードハウスつまりドライブインの用心棒になる主人公ダルトンのお相手のヒロインは…、

「ザ・スーサイド・スクワッド」(2021年)と「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」完結編「Vol.3」(2023年)に連続して起用されたガン監督お気に入りのダニエラ・メルシオール!!、メガホンをとったのは、前述のスパイダーマンのトムと「スター・ウォーズ」のデイジーが共演した「カオス・ウォーキング」(2021年)のダグ・リーマン監督です!!




店員さんらしき無名の女性たちを省いて、左から順に名前をいうと…

「ヴィクター・フランケンシュタイン」(2015年)のチャールズ・ダンス、マーベルの月光騎士のオスカー・アイザック、「007」シリーズのクリストフ・ヴォルツに、ギレルモ・デル・トロ監督、そして、リメイク版「サスペリア」(2018年)のミア・ゴス!!


…といった Netflix 配信のモンスター映画「フランケンシュタイン」のクランクインに向けて、ギレルモ・デル・トロ監督とメイン・キャストたちが、どうやら親睦のため、お食事にでも出かけたらしい記念写真です…!!、なお、モンスターのフランケンシュタインを演じるのは、Netflix を代表するロマコメの大ヒット作「キッシング・ブース」シリーズで、同配信サービスのサブスク会員には知られる人気のジェイコブ・エロルディです…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 Day 24


タレントとしての知名度と人気においては主人公のポール役のティモシー・シャラメに勝る…

チャニ役のゼンデイヤ・コールマンが微妙に一歩前に立っているので、ポールが右腕の相棒みたいに見えている SF 映画の超大作「デューン」の「Part 2」(3月1日全米公開)の新しいポスター!!


トム・ホランド主演の「スパイダーマン」シリーズの宣伝でも、ゼンデイヤのほうが大きく扱われたりするのと同じですね…!!


Amazon Prime Video の枠を超えて、世界の配信市場でいま最も観られている超人気作!!

…と言い切って正解の「リーチャー」は、主人公リーチャー役のアラン・リッチソンだけでなく、相棒のニーグリー役を演じているマリア・ステンがカッコいい!!

…と誰もが思っていますが、そのマリアがカナダのトロントで現在撮影中のシーズン 3 でも活躍する続投を発表した Amazon MGM があわせて、リー・チャイルド作の小説シリーズのうち第7作めの「宿敵」(2003年出版)を原作に採用したことを明らかにしました!!、邦訳本を上下巻に分け、出版した講談社文庫によれば…


なぜ部下の死を防げなかったのか…。暗い過去に苦しみながら、潜入捜査官の救出を試みるリーチャー。密売組織を率いる黒幕との対決が迫る!!

…とのことで、「リーチャー」ファンの方はシーズン 3 の完成をお楽しみに…!!



ロマコメの「エニワン・バット・ユー」が大ウケのいま最も注目の女優のシドニー・スウィーニー主演のサイコ・ホラー映画「イマキュレト」、つまり…

「汚れのない純真無垢」を北米で配給する Neon が、今春3月22日の封切り日の発表にあわせて、ポスターを初公開しました…!!


ソニピ版マーベル・ユニバース最新作「マダム・ウェブ」(2月14日全米公開)も楽しみなシドニーが演じる信心深いセシリアが赴いたイタリアの修道院には恐ろしい秘密が隠されていた!!というお話だそうです。予告編をお楽しみに…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 National Popcorn Day (Day 19)


彼女たちはもう、まったく独立した世界観の中にいるんです。というのも、わたしは自由にやらせてもらったんです!!、その贈り物のおかげで、別のものと強引にこじつけるのではなく、わたしが望んで、映画に本来必要とされる新風を吹き込むオリジナルの作品にできたと思います。

…とのことで、来月2月14日のバレンタイン・デー全米公開に向けて、エンタテインメント・ウィークリーのインタビューに応じた S. J. クラークソン監督(「ジェシカ・ジョーンズ」)の発言からすると、「マダム・ウェブ」はソニピ版マーベル・ユニバースに属するものの、どうやら…、


別の作品とは一線を画した単独の映画のようですし、物語の時代設定は約20年昔の2003年だそうですから、トム・ホランドのスパイダーマンが初登場した「キャプテン・アメリカ: シビル・ウォー」(2016年)= 2016年の出来事よりも前の「マダム・ウェブ」は、トビー・マグワイアのスパイダーマンの時代か…ということになりますね…!!


この週末に最終回の第8話めがリリースされたことで、さぁ、これからシーズン 2 を一気に観まくるぞ…ッ!!という「リーチャー」ファンの方もいるかと思うので、ネタバレはさけて、ちょっとだけ述べると…、

過去の事件と現在の事件とを重ね合わせて、主人公のリーチャー=アラン・リッチソンと仲間たちの関係に深みを与えて、絆を描くと同時に、回想シーンもアクションの見せ場!!にすることで、娯楽性を増した…

「リーチャー」シリーズは、放浪のスゴ腕ガンマンが荒野を旅して、行く先々で悪党どもを退治する古典的な西部劇の面白味を現代に置きかえて、復刻したものであり、まさに理屈抜きに…と言うよりは、理屈を言って、現実にかえると楽しめない作品ですが…、


その男のロマンめいた作品ながら、女性キャラの魅力もクールな「リーチャー」のシーズン 2 で、ゲーム好きの “ PlainJane777 ”(↑) として、ちょっとだけの出番ながら、印象に残る役どころを与えられたカワイイ女の子(↓)は…、

「イクイリブリアム(邦題「リベリオン」)」(2002年)の異才カート・ウィマー監督のキング原作のチャイルド・ホラー「チルドレン・オブ・コーン」(2020年)のポスター(↓)に登場している恐ろしい少女エデン役のケイト・モイヤーちゃん 現在15歳でした…!!



日本の芸能界風に言うならば、所属タレントに仕事をさせて、儲けるために事務所がネタをとりまとめして、売り込んでいる企画か…!!

…という話になりますが、「ブラック・パンサー」シリーズのライアン・クーグラー監督とキルモンガー役のマイケル・B・ジョーダン、つまり「クリード」(2015年)の監督とアドニスの親友コンビが共に所属する大手タレント・エージェンシーのウィリアム・モリス・エンデバーが…


ライアン監督が自ら執筆した脚本をもとにメガホンをとり、マイケル・B・ジョーダンが主演するジャンル系映画の企画を売り込んでいることが話題になっています…!!

ジャンル系…となれば、SF やホラー、あるいはファンタジー、それともヒーローものか?!など様々な可能性を憶測できますが、いまの時点では、過去の時代を舞台にした物語らしい…と言われている謎の企画について…、

小耳にはさんだ映画ジャーナリストのジェフ・スナイダーによれば、ヴァンパイアが登場するらしいそうですから、物語の基本となるジャンルはホラーかもしれませんね!!、近日中に企画の競売が始まるようですから、競りに勝利した映画スタジオの会社名にあわせて、企画の内容が伝えられるかもしれません…?!



北米で今日の金曜日の1月19日は、大人気のジェナ・オルテガ出演の続編が、今夏終わりの9月6日から全米公開予定の「ビートルジュース」の第1作めが封切られた 1988年ごろに…


映画鑑賞のお供のスナックとして定番のポップコーンを食べよう!!と、全米ポップコーン委員会が定めたらしい「ポップコーンの日」ですから、映画館でも自宅でもポップコーンを食べながら、映画やドラマをお楽しみください…!!


🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 Day 16



バレンタイン・デーには恋愛モノを…!!というのも、もう古い感じがしないでもありませんが、テレビシリーズ「リバーデイル」や「パーム・スプリングス」(2020年)で知られるカミラ・メンデスをヒロインに起用したロマコメ「アップグレーデッド」を、来月2月9日の金曜日から配信予定の Amazon Prime Video が、予告編を初公開してくれたので、お楽しみください…!!


アートのビジネスの世界で成功したい夢を叶えるため、競売会社にインターンとして勤める主人公のアナ=カミラ・メンデスが、傲慢なボスのクレア=マリサ・トメイ(トム・ホランドのスパイダーマンのおばさん)から命じられて急遽、出張することになったロンドンへの機内で…、


裕福な青年ウィリアム=アーチー・ルノー(「モービウス」2022年)と出会い、つい見栄を張り、自分は競売会社の重役だとアップグレードしたウソをついてしまったところ、ウィリアムの母親のキャサリン=レナ・オリン(Amazon のナチ狩りドラマ「ハンターズ」)が同じ業界に属する美術商の大物だったことから、クレアは困った立場に追い込まれてしまう…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬 Day 2


第1作め(2021年)では出番の少なかったチャニが、いよいよ活躍するらしい「デューン」の後編「Part 2」が、今春3月1日全米公開ですから、あらためて注目を集めそうな…

ゼンデイヤが主演だけに、その「デューン 2」の盛りあがりにあやかりたい翌4月26日全米封切りの Amazon Prime Video の劇場公開映画の最新作「チャレンジャーズ」の新しいポスター!!


同じく「デューン」のスターのティモシー・シャラメが主演した「ボーンズ&オール」(2022年)のルカ・グァダニーノ監督が、スポ根系のコメディに取り組んだ「チャレンジャーズ」は、テニスの天才と持てはやされるも、負傷し挫折したゼンデイヤと、ふたりの男性選手(マイク・フェイストとジョシュ・オコナー)の過去と現在が交錯する三角関係の物語です!!、予告編はコチラ!!



石川県・能登半島の地震のニュースが、各国のマスコミでも当然、大きく採りあげられ、新年早々から世界の人びとがショックを受けた落胆ムードの年明けだけに…、

CIA もひとまず、新年のご挨拶は控えていますが、その地震をテーマに、イ・ビョンホンが主演をつとめて、昨2023年の夏に話題になった韓国発のディザスター映画「コンクリート・ユートピア」の続編にあたる「バッドランド・ハンターズ」を…、


今月1月末の26日(金)に配信リリースする Netflix が、予告編を初公開したので、チラとご覧ください!!、マーベルの「エターナルズ」(2021年)の超人戦士として知られるドン・リー、またはマ・ドンソク演じる主人公のナムサンが…、


大地震後の終末世界と化したソウルを舞台に、狂った医師が人体実験を目的にして、拉致した若者を救うため、武器として使えるものなら何でも持ち出し、容赦のないバトルに挑む過激アクション映画だそうです!!、ネトフリ会員の方はお楽しみに…!!

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。

Billy's footnotes 💬


文字どおりの「イベント映画」として、鑑賞料金が他の映画よりも特に高額だったため、観客動員の数で勝ったとは言い切れませんが…、

「トランスフォーマー」も「ミッション : インポッシブル」も「インディアナ・ジョーンズ」も「ワイルド・スピード」も「クリード」も、みんな敵わなかった今年2023年の全米公開映画を代表する特大ヒット作のテイラー・スウィフトの「エラス・ツアー」が、中国での大みそかの12月31日公開に向けて、披露した新しいポスターです!!


ジェームズ・ガン監督が DC スタジオの新社長に就任するより前にもう始まっていたマット・リーヴス監督のロバート・パティンソン主演の「ザ・バットマン」シリーズは…、

ガン社長が新たに起ちあげる新生 DC ユニバースの本流の「バットマン」シリーズの「ザ・ブレイブ・アンド・ザ・ボールド」とは別の世界観にある “ もうひとつ ” の「バットマン」として、継続されるわけですが…、


そうした社長就任以前に始まっていた別の世界観にある “ もうひとつ ” 系の DC 作品は、どうやら親会社のワーナーつまり現在のディスカバリーが製作を手がけ、ガン社長の DC スタジオの関わりは薄いらしいことを、ファンの質問に応じて、明らかにした同社長が…、

マット・リーヴス監督の「ザ・バットマン」の第2作めの企画の内容は聞いているが、脚本は読ませてもらっていない…と語り、まだ脚本の完成にまでは到っていないらしい現在の進捗状況を教えてくれました…!!


重大事件の証人の身を文字どおり保護するため、偽名と経歴を与えて、新天地に移住させる「証人保護プログラム」は、アメリカ映画の犯罪モノではおなじみですが、別の土地ではなく、別の時代にタイムトラベルさせる!!という絶対に安全なはずのプログラムの背景にひそむ陰謀をテーマにして、2007年に出版されたクリストファー・ロング作のコミック「ハイディング・イン・タイム」を原作として…、

「ジュラシック・ワールド」シリーズのコリン・トレボロウ監督が仕掛け人をつとめて、ドラマ化する SF スリラーの配信シリーズ「ハルシオン」の企画が、Amazon Prime Video に証人…と変換されましたが、そうじゃなくて、承認され、これから構想が進められるそうです…!!、同監督は、オーブリー・プラザ主演のタイムトラベルをテーマにしたインディーズ映画の小品の傑作「セーフティー・ノット・ギャランティード」(2012年)が絶賛されたことで、「ジュラシック」シリーズに抜擢された経歴ですから期待できるかもしれません…?!(via Deadline

🔄 Please reload the individual page when content won't show. / コンテンツが表示されない時は投稿のページを個別に再読み込みしてください。